上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『タータン』って知ってますよね!? 

今では、全国各地の陸上競技場は、全天候舗装されてますよね^^。このトラックを
ほとんどの方が『タータン』呼んでいます。実は、このタータンってアメリカ3M社の
商品名なんです^^(実は、もう現存しないみたい。。。)
 
多分、陸上やってる人でも全天候トラック(一般的には、オールウェザーと呼ばれてます)
のことを『タータントラック』と思ってる人ってかなり多いです。(多分、99%以上)
ウレタン舗装してる公園やランニングコースを『タータン』と言う方もいますが、今は、
正確に言うと間違いなんです。。。なぜなら国内には、もうタータンは、ほとんど存在
しないから。。。自分も最近知ったんですけど^^;

レコルタン 1977年の陸マガ10月号

実は、数年前に昔の陸マガ(’77年)を読んでたら西ドイツ生まれの『レコルタン』と言う
広告を見てふと思い出しました。当時、『タータン』って商品名と聞いた事がありました。
ただ当時、国内の全天候トラックのほとんどが『タータン』でスパイクピンやスタブロも
タータン専用と記載されてました。

この『レコルタン』は、ウレタンチップの舗装材で'72年ミュンヘンオリンピックで採用され
た全天候舗装材でした。すでに『レコルタン』も現存しませんが、その後、世界的にもこの
ウレタン舗装のトラックに変わって行ったようです。

話を戻しますと。。。この広告を見た後、ところで『タータントラック』が国内にどれくらい
あるか調べてみたら。。。なんと、、、今は、もう国内には、ほとんど存在しないみたい^^;

'68年メキシコオリンピックで初めて全天候トラックが採用されました。('64年東京五輪は、
アンツーカートラックです)この時、採用されたのが『タータン』でした。

メキシコオリンピックに採用されたことがきっかけで選手強化のため68年東京体育館競技場を
初めに全国10数箇所でタータントラックが施工されました。'73年には、国立競技場もタータン
になりましたが、残念なことにこの『タータン』は、日本の強い紫外線、多い降雨、高い使用
頻度による劣化や損耗が激しいことが判りました。'75年以降、国内メーカーの開発も進み、
ポリウレタン舗装材が主流となり今日に至っているようです。『タータン』の素材については、
詳しく分かりませんが、合成ゴム系の舗装材では、ないかと思います。

現在、全国にある全天候トラックの舗装材は、大きく分けると3種あるようです。
①ポリウレタン系舗装材 88% (ウレタンチップ仕上げ、エンボス仕上げの2種)
②合成ゴム系舗装材   11%
③その他  1%

ちなみに主要競技場の舗装材(商品名)を書いても問題ないかと思いますので…

レヂンエース:国立競技場・瑞穂陸上競技場・川崎スタジアム・神戸ユニバー
トップエースCL:長居陸上競技場・長良川陸上競技場・西京極陸上競技場
スポーツフレックススーパーX:鳥取コカ・コーラパーク布勢陸上競技場
ベルウエザーG:中京大・豊橋市陸上競技場

走路面の仕上げは、ウレタンチップがトッピングしてあるものよりもエンボス仕上げの方が
足元のブレ、特にコーナーリングの際の横ブレが少なく、スパイクのグリップ性が良く現在、
ほとんどの競技場がウレタン舗装(エンボス仕上げ)になってるそうです。

『タータン』は、国内に全天候トラックが作られた時の名残で『全天候トラック=タータン』
となり今も誰もがウレタン舗装材を『タータン』と呼ぶのでしょう。。。
カップラーメンを『カップヌードル』、宅配便を『宅急便』、フェルトペンを『マジック』、
救急絆創膏を『バンドエイド』って呼ぶように^^


『タータン』って呼びやすいし今更、他の呼び方したら混乱しちゃうもんね(笑)
でも、、、自分は、かたくなに『オールウエザー』って言ってますけどね^^
スポンサーサイト
2012.09.25 Tue l 陸上競技 l コメント (2) トラックバック (1) l top
昨日から始まった日本陸上競技選手権。
今夏の世界陸上の選考会でもある。

大会初日、女子10000mは、昨年の雪辱を見事に晴らした
ママさんランナー赤羽選手の圧勝でした。

その中で、気になる選手が途中棄権。昨年、ウイルス性の
病気を患い、長期間レースから遠ざかっていた絹川選手です。

久しぶりの復活をかけたレースもまさかのDNF。。。
高校時代の切れのある走りは、見られませんでした。

この途中棄権の原因は、わかりませんがニュースを見る限り
右足を痛めたようでちょっと心配。。。

まだ若いからチャンスは、たくさんあるかと思いますが、足を痛めた
ことよりも彼女の精神的ダメージの方が、遥かに大きい気がします…

ヱスビーの上野選手のように、あきらめずにまた切れのある走りで
復活してくれることを祈るばかりです。
2009.06.26 Fri l 陸上競技 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆様、大変ご無沙汰しておりまして申し訳ありません。
久々のブログ更新となりました、、、(汗)

気がつけば、北京五輪も開幕し陸上競技も後半戦に突入してきました。
仕事と練習が忙しく(←ホントかな?)オリンピックの前半戦の記事を
アップする機会をすっかり失ってしまいました~(笑)

日本陸上勢は、未だにメダルゼロ。野口選手の欠場からどうにも流れが
悪い方へと行ってるような、、、でも冷静に見れば、実力通りなのかな?

ただ短距離のジャマイカ勢の活躍は、凄いです!!
アメリカ勢をすっかり蹴散らす勢いは、驚くばかりです。

100m決勝のボルトは、(欽ちゃん走りで)流して世界新記録!!
昨夜、200mも驚異的な世界新記録でカール・ルイス以来、短距離2冠
を見事に獲得…まさに別次元の速さです!

10000mのベケレのラストスパートも凄すぎ!…ラスト53秒って、、、
前世界記録保持者のゲブレシラシエもトラックでのスピードは、太刀打ち
できないとは、、、ベケレの5000mとの2冠獲得も可能性大です。

男子マラソンの世界記録保持者ゲブレシラシエのマラソン欠場は、寂しい
ですが、日本勢のメダル獲得の可能性が大きくなるからいいけど、やっぱ
オリンピックでその強さを見たかった。

このままでは、日本陸上陣からメダルゼロという最悪の可能性も…
今後の日本マラソン界のためにも最終日、男子マラソンは、是非とも
メダル獲得を目指して頑張って欲しいです。

ところで4年に一度のオリンピックで感動することも多いのですが、自分的に
昔に比べるとかなりドキドキ感が薄い、、少し醒めた感じのような。。。

今思えば、一番興奮して見たのは、’76モントリオール五輪。中2で陸上に
熱中し出した頃で真剣にテレビ観戦したので鮮明に覚えている。

中でも強烈だったのが、ミュンヘン五輪に続いて5000m・10000mを2連覇を
達成したラッセ・ビレン(フィンランド)の走り。強かった~!!

そしてウィニングランでオニツカタイガーのスパイクを誇らしげに掲げたのだ!
北京でボルトがプーマのスパイクを掲げたが、ビレンと一緒じゃんか!
…と思ったのは、自分だけじゃないはず。

Viren

ちなみにその当時は、オニツカタイガーのシューズを履いているのは、日本勢と
僅かの外国選手。女子400mイレナ・シェビンスカ、マラソンのフランク・ショーター。

シェビンスカは、金メダル。ミュンヘンとの2連覇を狙ったショーターは、銀メダル。
アディダス全勢の時代、オニツカタイガーが世界ブランドになった証だった。

長距離2冠を獲得したビレンは、なんとその勢いで、マラソンにも出場!
なんと初マラソン(多分そう記憶しているが)にもかかわらず5位入賞。

それ以来、ラッセ・ビレンの走りと強さに心酔したのでした(笑)
当時、新旧交代過渡期の日本勢の惨敗は、とても寂しかった…

4年後のモスクワ五輪…最強のマラソン陣(瀬古、宗兄弟)でマラソン復活を
目指すがボイコットで不参加…残念無念!!
絶対に瀬古が勝てたはず、、、あわよくば日本勢のメダル独占も可能だった。

今思えば、現役選手時代の自分は、モントリオール後、オリンピックを一度も
真剣に見ることは無かったような。。。(ロスは、現役をやめてすぐだった…)


遅ればせながらお陰さまで8/17でブログ開設2周年でした、、、(汗)
最近、サボり気味だったのでこれからもう少し更新しますので今後ともよろしくです
2008.08.21 Thu l 陸上競技 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログアップが大変遅れいまさらですが、、日曜日に開催された
安城ナイター陸上の結果報告でーす。。

5月の東海マスターズ陸上以来、約2ヶ月振りのレース。
1500mと5000mの2本にエントリー、、、無謀でした

梅雨明け宣言もまだですが全国一暑い、東海エリア。この日も
日中は、35℃近くまで気温が上がり、夕方になっても暑い、、(汗)

1500mは、AM6:20で5000mは、PM7:20スタート予定。
競技のインターバルは、約50分くらい…ちょっと短いです。

6:20に合わせてアップを開始。一通りアップを終え着替えていると
競技時間の変更の放送。急遽、1500がPM6:00スタートに、、

えぇー!?まぁローカルのレースなので致し方ない。
慌ててスパイクに履き替え(←スパイクは、今年新調しました♪)
スタートラインへ並ぶ。

今日の目標は、マスターズの記録より速く走れればOK!
できれば4'45くらいで走りたいが…前半から積極的に行こう。

でも1500mは、中学生、高校生も一緒でどうなることやら。。。

号砲一発。勢いよく飛び出し前方のポジションをキープ。
しかし、若い選手に一気に抜かれるが、とにかく行けるとこまで付く。

1周目、68秒。うゎ~~めちゃ速すぎた、、(汗)
マスターズの800と変わらんラップじゃん…まずいぞ~!

しか~し、今更どうしようもないので必死で付く。
2周目ラップは、、?もうすでにきつくてわかりません!

とにかく前を走る、ベテラン選手T川さん(M55だが、4’35の記録)
をマークして必死に走る…すでに酸欠で腕が痺れる~

ラスト500で前のT川さんのペースが落ちだした!
おぉ~!これは、なんとか抜けるかも♪

ラスト1周の鐘が鳴り、真後ろ付く。残り300mでスパート。
必死で逃げる、腕を降ってひたすら逃げる~!

ラスト100mで乳酸地獄でふらふらの一歩手前。
日本選手権のトップでコケタ選手みたいに倒れそ~

mamodas0715

なんとか追撃を振り切り、ゴールイン!
記録は、4'47。。。うーん失敗レースだったかなぁ、、

最初の1周が速すぎたため、すでに2周目から乳酸が溜まりだした感じ。
もう少し遅ければ、もっと後半は、走れた感じがする。

目標タイムは、クリアしたけどレース展開は、イメージとは、違ってしまった。
もう少し冷静にならなければいけないけど、スタートラインに立つと何故か
アドレナリンが出まくっちゃうんだよねぇ、、、反省。

ゴール後は、生まれたての小鹿のようにプルプルと脚を震わせて立つのが
やっとの状態…こんなんで5000m走れるの?

予定通り7:00過ぎに5000mスタート。
予想通り、まったく走れず……なのでレース展開は、省略。。

結果、18分55秒と悪すぎました。
この時期、やっぱどちらか1本に絞った方が良いみたいです。

さて、トラックレースの反省をしなければいけませんが、冬の河口湖へ向けて
そろそろマラソン練習へ移行していかなければ、、暑いけど頑張りましょう♪

河口湖マラソンまで あと136日
2008.07.17 Thu l 陸上競技 l コメント (2) トラックバック (0) l top
一昨日から北京五輪代表選考を兼ねた日本陸上競技選手権が始まった。
多くの陸上選手は、この大会を目標に日々努力を重ねているのだ。
(↑かつては、自分もそうだった、、、でも遥か彼方の大会でした、、(汗)

昨夜は、注目のレース、400mH決勝。

今シーズン故障続きの世界陸上銅メダリスト、ベテラン為末選手のここ一番の勝負に
対する集中力の凄さに鳥肌が立った。

2005年ヘルシンキ世界陸上で雨中のレースで見事、銅メダルを獲得したレース同様、
沈着冷静にかつ自分を信じての見事な走り…まさに魂の走りそのものだった。

レースは、誰もが成迫選手優位、為末選手敗退、を予想していたに違いない。
自分も今回ばかりは、為末選手の勝ちは、1%くらいしかないと思っていた。

しかし、世界陸上メダリストの精神力と集中力は、すさまじい。

不利なアウトレーンをスタート前半から潰れる覚悟で飛ばす。
最終コーナーを上がった時は、成迫選手とほぼ同時にハードルを越える。

為末本人も失速を覚悟していた最後のストレートを気力で走り、逃げ切った。

まさに侍ハードラー、魂の走り。ここ一番の強さは、他の選手と比較にならない。
見事な勝利で北京五輪代表を獲得。北京オリンピックで完全燃焼して欲しい。

サムライ魂を持つハードラー 頑張れ 為末!!


そしてなんと言っても圧巻は、女子10000m。A標準突破した5人が出場したレースは、
最後まで見ごたえ十分でスカッとした気分になりました。

日本記録保持者の渋井選手。日本選手権6連覇、福士選手。昨シーズンから好調の
ママさんランナー赤羽選手。誰が勝ってもおかしくない顔ぶれです。

スタート直後から予想通りに渋井、赤羽がレースを引っ張る。ほぼ75~76秒で周回を
重ねる。31分10秒前後のタイムでのハイペース。周回遅れを次々と抜いていく。

残り5周で福士選手がスパート。いつもなら振り切れるところが渋井、赤羽は1周回で
再び追いつく。この時点で福士選手の勝利は、無くなったように感じた。

ママさんランナーの赤羽選手を応援する「アカバ」コールがスタンドから絶えず聞こえる。
赤羽選手の表情も余裕があり、声援を力にしての力走。
気がつけば、自分も赤羽選手をしっかりと応援していた。

ナイターレースにもかかわらずサングラスをかけ走る渋井選手の表情は、わかりにくいが
スパートの対応や動きを見てるだけで絶好調が伺える。

渋井、赤羽どちらかの勝利だろう。ただ周回遅れのランナーが最後のスパートの時に
邪魔になりレースに大きく左右しないのを祈るだけ。

ラスト1周の鐘が鳴り、全員スパート。残り300から赤羽がギアチェンジしてトップに立つ。
渋井が続くが、福士は、遅れる。全力で逃げる赤羽を最終コーナーからギアチェンジした
渋井が残り50mで差し切って見事優勝。初の五輪代表の座を獲得した。

まさに手に汗握るレースだった。ゴール後、赤羽選手と渋井選手が笑顔で抱擁してる姿は、
レース展開とまったく違い、爽やかで感動的でした。
(↑今朝の新聞には、二人とも栃木出身、二人で1位、2位とスタート前に話してたんですね)

歴史的名勝負と語られている96年アトランタ五輪選考会の日本選手権男子10000mを
思い出させるレースでした。(←最終周、逃げる花田、渡辺、平塚のS&Bトリオを高岡が
ラスト100mで差しきって優勝。ちなみに平塚が4位でも27分50秒台の好タイムだった。)

最終日の女子5000mでも好レースが期待できます。
赤羽選手には、是非とも初の“ママさんランナー五輪代表”になって欲しいです。

ちなみに深夜まで何度もビデオ見ちゃったよ…ホントに良いレースでした。



2008.06.28 Sat l 陸上競技 l コメント (2) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。