上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよ明日でございます!そうです、、長野マラソン2次エントリーである。

運命の時間まであと約20時間、、神様~~!!お願いしますぅ~!

ところで今週、日曜日12年振りの40km走をなんとかこなすことができましたが、
32km以降は痙攣がおきそうな気配が続き、一気にペースダウン。
最後はジョグのようになりましたが歩かずに走り切りました。

練習終了後、すぐに泣きぬれ隊が出場する市民綱引き大会の応援に、、、
彼らは見事準優勝!決勝進出を決めた試合を見てパワーをもらったのである。
しかし疲れ切っていたので帰宅後は即行で昼寝、、、爆睡でした!

まだまだレースペースで走り切れるようなレベルではありません。
2月の練習でなんとか4分/kmペースで35kmまで押し通せるよう頑張らねば!

今度の日曜は、静岡森町ロードレース、ハーフ出場である。
結構、まだ足が張ってるような状態であるが、練習のつもりで4'05/km
ペースで走る予定である。

長野マラソンエントリーできていれば気持ちよく走れるのであるが、、
とにかく明日、、、仕事が手につきそうにない、、(←イカンイカン!)

12月走行距離:297km
1月走行距離:305km

長野マラソン2次エントリーまであと 20時間
スポンサーサイト
2007.01.31 Wed l マラソン l コメント (3) トラックバック (0) l top
長野マラソン2次エントリー募集開始の2月1日PM8:00まであと72時間ほどである。

新年が明け早くも、ひと月が経とうとしている。
長野マラソン出場を決めてから、あっという間に80日が過ぎた。
ここまで故障もせず順調に練習できている。

12月は走り込み月間であったのに目標の400kmに100kmも足りない300km弱。
今月はスピード強化を意識した練習が多かったのであるが、年始に距離を
走った日が多かったので、今月の走行距離は、300kmを少々越えそうである。

2月は、もう一度走り込みをして400kmを目指したいところである。
故障と疲労には注意しないといけないのであるが、、最後の頑張りである。

これもすべて長野マラソンへの道であるのだが、、、果たして出場できるのか?

出場権獲得!これが今一番の大きな目標なのである。

拙者と同じ気持ちでいるランナーは全国に多数いるのであろう。
長野マラソン、2次募集1000人。午後8時スタートである。

あと73時間後には、、、、結果が、、もうすでに緊張している。
拙者、まさかレース以上の緊張感を味わえるとは思いもしなかったのである。

あとは運命に任せるしかない、、、(ちなみに昨年、2次募集は20分で終了)

長野マラソンまであと 76日
2007.01.29 Mon l マラソン l コメント (8) トラックバック (0) l top
朝を制するものは一日を制す、一日を制するものは一年を制す、
一年を制するものは一生涯を制す!、、と言う言葉がある。

社長が朝7:00から会社で仕事している会社は、100%倒産しない。
と最近、ある研修会で聴いた。

朝の1時間は、夜の2~3時間分効率だという。確かに早朝会社にかかる
電話はほとんどないし、集中して仕事ができる。
夜は、突発的な用事も起き得るし疲れも出るので、効率は非常に悪くなる。

以前テレビ番組で朝6時から仕事をする社長のドキュメントをやっていた。
会社も7時始まりと通常の会社より一時間も早い。
社長は、午前中は必ず、社内で業務をこなし、午後からは社外に出る。
午後6時以降は、仕事ではなく自分の趣味などの時間に使うという。
その会社の業積は、右肩上がりに成長している。

早朝のたった一時間の差で、一日の働く効率が驚くほど違うのだ。

確かに実際、朝8時から仕事を始める者と、朝8時ちょっと前に会社に来る者とでは、
格段に業務の効率や意識が違う。

拙者はどうかというと、、平日6時15分起床。愛犬の散歩して朝食を済ませ
7:20分頃出勤。自転車で5分(←車だと渋滞で遅くなる)、7:30にPC電源ON、
メールチェックから一日が始まる。(7:55掃除、8:00朝礼である)
帰宅はPM9:00~10:00、そして練習である。

きわめて一般的な朝の起床時間であり、出社時間である。
(日曜のみ、早朝練習するためAM5:30起床であるが、、)

平日にもう1時間早起きし、出社を1時間早くすれば帰宅時間も早まり夜の
練習時間もたくさん取れそうである。もしくは早起きして朝練で走行距離を
増やすのもいいのであるが、、、この寒い時期、朝を制することは、めちゃめちゃ辛い。

早起きは三文の徳、、、朝を制するものは人生を制す。

拙者まだまだ、一日を制することもできそうにない、、、(汗)

明日は、早朝ラン5時半起き。日曜だけは一日制してみる拙者である。


気がつけば、、長野マラソン2次エントリーまで あと5日






2007.01.27 Sat l 心に残る言葉 l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨夜、録画しておいた日曜に開催された都道府県対抗駅伝を見た。
当日は、市民駅伝後に反省会をしていたのでほとんど見ていないのである。

結果はすでにインターネットや新聞でわかっていたのであるが、特に気に
なったのが、かつての名ランナーの2世ランナーが出場していたことである。

兵庫須磨学園の中山卓也選手は、ソウル、バルセロナ五輪マラソン代表(両大会4位入賞)
中山竹道選手(元ダイエー)を彷彿させる。
そのランニングフォームは、父親とそっくりである。
大きなストライド走法に腕振りまでもが、、、完璧にDNAを受継いでいる。
前半から突っ込む当たり、父親譲りのレース展開で見ていて気持ちいい。
まだ高2であるが区間賞も獲得し、今後の成長がとても楽しみである。

宮崎小林高の谷口詳選手は、バルセロナ五輪で転倒しながらも見事8位入賞し
「こけちゃいました~」の名言を残した、あの谷口浩美選手のご子息である。
少ししか映らなかったがこちらも走る雰囲気が父親に似ているような気が、、

かつてソウル、バルセロナのオリンピックのマラソン代表を争った父親を持つ
この二人が、将来オリンピック代表を争う時が来るかもしれない。
そうなれば、それはまさにドラマティックなレースになるであろう。

この2世ランナー二人の、今後の活躍がとても楽しみである。


あと注目してるランナーがひとり。拙者が以前から注目してる選手であるが、
佐賀のアンカーを走った飛松誠選手(安川電機)である。帝京大1年の時に
箱根山登りで快走、その勢いで都道府県対抗駅伝でもすさまじい粘りの走りだった。
それ以来、彼のガッツ溢れる走りに何故か惹かれるのである。
(↑ついつい彼の成績をチェックしてしまう)

長距離走者らしからぬ(ホントに失礼)体型と力強い腕振りの力感溢れる走り方で
どうしてこんなに走れるのか不思議なのである。ど根性と粘り強さは天下一品である。

多分、人一倍練習し努力されているのでしょう。最終区間で名だたるランナーを
抑え見事に区間賞を獲得する、10人抜きの快走は天晴れでした!

拙者の秘かに応援するランナーです。今後の活躍を期待しています!


2007.01.24 Wed l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
平成19年1月21日(日)第58回岡崎市民駅伝競走大会に12年振りに出場した。
市民駅伝ではあるが、都道府県対抗駅伝よりも歴史と伝統ある大会である。

24年前に山間部を走るコースから岡崎市内を一周する現在のコースに移った。
この市民駅伝は中学の部がメイン。一般・高校はおまけである。(それで良い!)

中学は9区間、花の1区は4km。どの区間も約3kmあり、勝つためには9人の戦力
を揃えなければならない。これは実に大変なことでもある。

市内の多くの中学は、この駅伝のために陸上部以外の部活からも選手を集め
駅伝部を作り、早くから駅伝練習を始め強化を図る。

各校のこの取組みが岡崎市の中学のレベルを大幅に上げ、県大会で岡崎市内の
中学が上位を占める大きな要因と拙者は思う。
(↑都道府県対抗駅伝には、毎年市内の中学から選手が選ばれている。)

拙者も中学3年の時、市民駅伝で優勝したが県駅伝で準優勝したことよりも、
学校関係者は喜んでいた記憶がある。(県準優勝のが価値はあるのだが、、)
この大会は、若いランナー育成のためにあり続けて欲しい。

AM6:00起床 昨夜は久しぶりの駅伝のためか、何度も目が覚めた。
愛犬クンクンと朝の散歩へ、曇り空だが午後から雨が降る予報である。
なんとかこのままの天候であってほしい。

AM8:00 食事を済ませ、集合場所の中央総合公園体育館へ出発。

AM8:15 選手受付。この日のために新調した真っ白な襷に検印を済ます。
中学時代の恩師を見つけたのでご挨拶。「よぉー!!走れるのか?大丈夫か?
救急車を用意しとこうか?」などと要らぬ心配をしてくれる、、ありがたい!

以前ブログにも書いたが、拙者にとってこの市民駅伝が原点である。
そしてその原点をともに過ごしたのがこの恩師K先生なのでございます。
実は、我がチームは、中学時代この恩師と共に戦ったOBチームなのである。
(最終的にメンバー予定者が出れなくなり応援をお願いしたのだが、、)
来年は、フルメンバーOBで走ると恩師に誓う。

AM8:30 メンバー全員集合 襷をなんとかゴールまで運ぶことだけ考え
最後まで全力で走ることを誓い合い各中継所へ、、 みんな頑張るぞ!

AM10:00 UP開始。ちょうど1区がスタートした頃と思いながら堤防道路を軽く
jog25分、流し3本。アップを終えると豊川工の選手を見つけたので声をかける。

彼は、取引先のご子息で中学の後輩でもある。来年、我がチームにと
お願いするが、、「いいですよ、、。」と言ってはくれたがホントかな?
礼儀正しい爽やかな高校生である。拙者も昔はこうだった、、、(ホント!)

AM10:50 先頭到着。豊川工と○菱自動車がほぼ同時に襷渡し。先頭争いは
ゴールまで続きそうである。我がチーム到着までまだ10分以上ある、、

待ち時間が長く感じる。幾つもの集団が中継所を通過しパラパラと走者が
到着する。そしてやっと前走者のTちゃんの姿が見えた、、

よーし!と気合が入る。「ラストだ!ファイトー!!」声をかける。
「お疲れ!」ひと声掛け、襷を受け取ると一気に気力がみなぎる。

最初の1kmは、とにかく抑えてと自分に言い聞かせ、ゆっくりスタート。
前方50mほどに一人、その30m前に二人いる。徐々に差を詰めて走る。

1km地点位で、追いつき並ぶ。同じ頃追い上げてくるランナーの気配が、、
ペースアップをすると離れる。そして前のランナーを一人ずつ抜いていく。

残り1km地点。もういっぱいいっぱいである、、前にランナー2、3人の姿が、、
1秒でも速く、ひとつでも順位を上げなければ!

ラスト200m、友人HとFさんがそれぞれ応援してくれるのがわかったが応える
余裕がない、、、最後の力を振り絞り中継所手前で、一気に抜き去る。
(応援どうもありがとうございます!!)

中継所には家内と娘、義母が応援してくれているのだが、あまりの苦しさに
探す余裕もなかった。かなりの形相で走っていたということである。

次走者のM枝君にしっかり襷を渡し、残りの走者に後を任せる。
なんとか繰り上げだけは避けたい、、その思いでみんながつないだ襷だ。

タイムは自分の時計で13'29”、計測ロスもあるのでもう少し速いであろう。
12年前より30秒以上も速く、予定タイムから1分近く良かった。
うーん満足!これが駅伝の持つチカラである。
(中学、高校を入れると10人程抜いたが、、一般の部順位は24位→22位へ)

着替えてから軽くダウンをしてゴールの中総へ向かう、、
車中でFMおかざきの市民駅伝生中継を聞くとゴールの模様を伝えている。
一般1位は予想通り、豊川工高、2位は34秒差で○菱自動車。
我がチームの順位は、、、どうなった?とても心配である。

そして中総体育館の集合場所に戻るとみんな笑顔である、、、おっ!!
やったー!!襷が最後までつながったのだ!

12年振りの市民駅伝、最低限の目標を無事達成することができたのだった。

最終成績:一般の部 29位(70チーム)個人成績:区間18位(13分22秒)

来年は、総合で15位以内。個人でも区間10位以内を目指したいところである。

久々の駅伝はホントに良かった~!最高に楽しかった!
メンバーのみんなホントお疲れ様でした!来年も頑張るぞ!!
2007.01.22 Mon l 駅伝 l コメント (10) トラックバック (0) l top
明日はいよいよ市民駅伝、なんと12年ぶりの駅伝出場である。
拙者の受け持ち区間は12年前と同じ区間。

先回の記録を見ると3.8km14分7秒、区間7位(出場77チーム)である。
今年はなんとか14分30秒、区間20位を目指したい、、力は落ちてますが、、

今年も一般の部に豊川工業高(岡崎在住者チーム)がエントリーされている。
市民駅伝は市内在住、在学、在勤が出場資格のため、豊川工高は、高校の部では
出場できず一般の部に岡崎在住者で構成されたチームで出場する。
高校の部で出場しても楽勝であるが、一般の部でも全国高校駅伝3位の実力は
実業団チームをも圧倒している。

先頭から15分遅れると繰上げ出発になる。豊川工高は3分/kmペース。
4分/kmペースでは中間点の15km地点で繰上げとなってしまう。

なんとかアンカーまで繰上げなしで走りたいのがチームの最大の目標である。

駅伝は一本の襷にそれぞれの思いを込めて走る、、自分のため、チームのため、、

マラソンとは違う力が出るのも駅伝の魅力あるところだ。
前のランナーが見えた時、全身に気合が入り、前のランナーの気持ちが入った
襷を受け取ると、気力が一気にみなぎる。

明日は、コージとユージの分まで、思う存分楽しんで走りたい拙者である。

※明日は広島で都道府県対抗男子駅伝、愛知県チームの健闘を祈る!!
2007.01.20 Sat l 駅伝 l コメント (6) トラックバック (0) l top
年末から少しでも走行距離を延ばすために、正月休みも毎日せっせと
走り続けておりました。 元日には、今年一年間、休まずに走るぞ!
などと思ったりもしましたが、、、先週末の金曜夜に無謀な一年間の挑戦は、
敢え無くたったの連続16日間(走行距離約190km)で終了したのでございます。

少々身体がきつい時も、5kmだけでも、、となんとか走り続けてきたのですが、、
朝から喉が少々痛く、身体も熱っぽいしだるい、、、ついにやってまった!?

神様からの休みなさい!との命令と思い、しかたなく走るのをやめ体温を測ると、
38.3度の熱だったのでございます。げげぇー!ヤバイ!!

久々の熱です。体感的には37度ちょっとあるかな?、、くらいと思ったのに、、
体温計を見て少々びびりました。駅伝を一週間後に控えるこの時期に風邪をひくとは、、
土曜夜は、駅伝のミーティング。風邪ひきましたなどとは、死んでも言えないのだ。

病は気から、、と自己暗示をかけ風邪薬を飲んで即行で寝たのであるが、、
この風邪薬、奥方がパートで勤める薬局屋で一番効くという薬らしい。

土曜朝、体温を計るとまだ38.1度。夜中にいっぱい汗をかき続けたのだが、、
しかし仕事の予定がすでにあるので休むわけにはまいりません。

再び自己暗示と風邪薬とユンケルゴールドを飲んで気合を入れて出勤。
この気合が効いたのか、薬が効いたのか、はたまたユンケルパワーか?
昼にはすっかり平熱まで無事に下がり、体調も回復したのである。

やっぱり、「病は気から」、、根性で治るのでございます。

そして「休養も練習である」という言葉を思い出し、今後は積極的に休養を
とることにした拙者なのである。もう無理が利かない歳ということ忘れてた!
(↑休養の取り過ぎに注意。ご利用は計画的にでございますね!)
2007.01.17 Wed l マラソン l コメント (6) トラックバック (0) l top
土曜夜は、市民駅伝に出場のため急遽結成したチームのメンバーとの
最後のミーティング。
初めて出場するメンバーは、応援をお願いした他の走友会の2名である。
Mさん、Sさん出場してくれて有難うございます。助かりました~!

12年前に出場したときよりも、戦闘能力が低下しつつある我々であるが
なんとか繰上げスタートせず襷を最後までつなぐことを目標に、健闘を
誓い合う。一般の部、20位内(一般72チーム出場)が目標順位である。

日曜午前は、今年2回目の市民駅伝コース30km走。
今回は1人での単独走である。AM9:00~約5'00/kmでのペースで走る。
前回よりスタートが早かったので、車も少なく走りやすいが、信号に
やたらひっかかった。ここ数日間、風邪の初期症状があり心配であったが、
気持ちよく走れた、、でも最後は足にきた。フルはまだ12kmあるのに、、
来月は40km走をしないと少し心配である。

本日の練習:30km走(所要時間:2時間22分40秒)

午後からは、バレエレッスンを終えた娘と奥方様と一緒に、ラジオの
都道府県対抗女子駅伝を聞きながら三河一宮の砥鹿神社へ参拝。
togajinjya

毎年遅めの参拝なのでご利益があるかとても心配であるが、、、、

拙者、一年に一回だけここでおみくじを引く。今年は、、、中吉。
娘は大吉。日頃の行いの差であろうか、、

願い事:人の力をかりて望み願う。と書いてあるが、、

omikuji

願い事たくさんあるので、いったいどれに当てはまるのであろう?

フルサブスリー…ペースメーカーに助けられて達成!?
自転車…奥方の理解を得られる? 友人Hとの噛ませ犬作戦成功!?
家内安全…家族の協力で一年無事に過ごせる!?
商売繁盛…皆様のお陰です、、感謝!感謝!

まわりのみなさんのお陰で、拙者の願い事が叶うということのようで、、ありがたや~
(↑拙者、良い方にしか考えない傾向にあります。)

その前に、、長野マラソン2次エントリーという難関があるの忘れてた!
2007.01.15 Mon l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、現役最年長投手、工藤公康選手の横浜ベイスターズへの移籍が決まった。

工藤投手は、今年プロ26年目。平均選手寿命が9年と言われるプロ野球の世界で
もう25年間もプロ野球のマウンドに立ち続けている。

西武、ダイエー、巨人と在籍した球団ですべて日本一に導いている。
とりわけ日本シリーズは、素晴しい活躍をしている。
まさに優勝請負人と称される活躍をしてきた。
(↑是非、中日ドラゴンズに来て欲しい!イチローと共に、、)

この工藤投手、拙者と同じ高校で一学年下である。彼をいちおう一年の
時から知っている。(彼は覚えてないだろうが、、)

野球部と陸上部のグランドが隣り合わせということもあったのと、野球部に
クラスメイトがいたので練習をちょくちょく見ていたのである。

拙者が高1の夏、当時の野球部中村監督が赴任されてきた。
最初の仕事が工藤投手の勧誘だったということを聞いた事がある。

彼は入学してからずっと春日井の野球部の合宿所から名古屋千種区の高校まで
毎日、往復走って通学した。(片道約10km。投手以外はスクールバスで通学なのだ、、)
これは、中村監督が気を利かせ、上級生のいじめ(昔はどの部活にも当然あった)
から彼を守るために走らせたということのようである。

そして彼は2年の時から、エースとしてマウンドに立っていた。
同じクラスの友人が野球部の捕手で、彼の球を受けていたこともありよく話の
話題にもなった。

彼が高2の夏の県大会、対享栄戦で拙者達の応援もおよばず完敗。
同級生野球部の夏が、、高校野球が終わった。
3年であった拙者にとってこの試合は、特に印象的であった。

しかし、この試合が工藤投手を成長させたのである。(本人談)
http://www.giants.jp/G/person/kudou/chapter07_1.html

そして彼が高3の夏、甲子園出場。準決勝で報徳に敗れるがベスト4。
1回戦、対長崎西戦ではノーヒットノーランも記録した。

ノンプロの熊谷組入社が決まっていたが、西武からドラフト6位で指名され
82年西武ライオンズに入団。その後の活躍は周知の通りである。

正直、彼がここまでのプロで活躍するとは想像もしなかった。(ホントに失礼)
まだプロ入り間もない頃は、高校と同じやんちゃ坊主であったが、結婚を機に
プロ野球人として切磋琢磨し、以前のような振舞いは影を潜めどちらかといえば
徹底した自己管理のできる選手として注目されることが多くなった。

拙者とたった一つ下で今年5月に44歳になる彼が、今もプロ野球という厳しい
世界で活躍する姿に頭が下がる。そしてとても勇気付けられるのである。

彼の努力、精進は我々の想像より遥かに厳しいものである。少しでも見習わなければ、、

今回の移籍は、FAで横浜から門倉投手が巨人に入団し、プロテクトされてない
工藤選手が横浜へ移籍ということになった、、、
巨人は工藤投手を戦力外、いらないという決断であった。

しかし彼は、先日の報道ステーションのインタビューでこう語った。
「自分が球団首脳だったら43歳の投手をプロテクトしないでしょう」、、と
巨人について批判することはなかった。

「普通の人が会社でクビと言われたら行くところもないのに、まだこの年齢の
選手を欲しいと言ってくれる球団があることに感謝したい、、」と語った。
(↑このインタビューを見て工藤選手がまた一段と大きくなったように感じた)

野球人、工藤公康選手の今後の活躍を期待してやまない。

2007.01.13 Sat l 野球 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日、仕事の打合せで半田市方面に出かけることになった。
打合せ後、その足で碧南市へまわり後輩のお墓参りをしてきた。

12年振りの市民駅伝出場とフルマラソンサブスリー挑戦を彼に報告するために、、

彼は、以前勤めていた会社の後輩で、同じRCのランニング仲間であった。
180cm近い長身でバスケットボール部にも所属していたスポーツマン。
煙草も吸わず、酒も嗜む程度でどこから見ても健康そのものだった。

その彼が、一昨年6月26日、バスケットの試合中に、、、心肺停止。
まだ36歳、早すぎる突然の訃報だった。

そのひと月前、しじみ採りとバーベキューに、まだ1歳にもならない彼そっくりの
可愛い双子の息子を連れてきて、楽しい一日を過ごしたばかりだった。

彼と初めて話したのは、13年前のいびがわマラソンである。
会社の部署も違うため、顔を見たことがあるくらいで話す機会もきっかけもなかった。

今思えば、これも何かの縁なのか、偶然なのかわからないのであるが拙者、
この年のいびがわマラソンは、中学、高校時代に部活は違うが全国を目指し共に
辛い日々を過ごした無二の親友コージを弔うためにハーフに出場したのだった。
(この年の春、親友コージは、30歳の若さでこの世を去ったのである。)

控え室で偶然、彼と一緒になり話しかけたのが後に、ランニングクラブ発足の
きっかけとなったのだった。
それ以来、会社で話す機会も増え、練習も一緒にすることも多くなった。

有難い事に、彼は拙者をライバル扱いしてくれていて、レースでもタイムや
順位をよく気にしていた。
拙者のタイムが悪いと「何しとるの~?練習してるの~」などと憎まれ口も叩いた。

ハーフでは一度も負けたことはなかったが、フルは彼には勝てなかった。
彼のフルのベストは3時間11分台。かなり水をあけられていたのであった。
二人ともサブスリーは永遠の目標だなあ~!とよく話したものだった。

双子のパパになったのでなかなか時間が作れず走れない状態が続いていたが、、
「冬には走れるといいなあ。サブスリーが一応目標ですから!」
彼と最後に話したのは、やはりマラソンのことだった。

12年前に出場した市民駅伝は、彼と出た最後の駅伝である。
(親友コージとは20代に市民駅伝に3回出場)

拙者、今も走れることに感謝し、市民駅伝は彼らの分まで走ろうと思う。
「次は、サブスリー達成を報告に来るぞ!」そう誓い彼の墓前をあとにした。

長野マラソンまであと 94日

2007.01.11 Thu l マラソン l コメント (6) トラックバック (0) l top
長野マラソン出場を決めてからもう、早くも2ヶ月、60日間が過ぎた。

この間、フルマラソンの練習を一からやり始めてから今日まで、色々な事を
聞いたり、調べたり、試したりしている。
この歳になっても結構、知らなかったことがたくさんあって勉強になっている。

食事や栄養、トレーニング方法、給水や給食など、フルマラソンサブスリー達成の
ためには、多くのことを理解しておく必要があったのである。

振り返れば拙者、過去フルを5回走ってまともに走り切れたことがなかったのも、
フルマラソンを「ハーフの倍だけ!なんとか走れるだろう~!」などと42.195kmを
甘くみていたのと、給水や食事、栄養などの知識がなさ過ぎたのである。
無知はこわい、、、今さらながら反省している。

サブスリーには、絶対マグレなど存在しないのだ。
達成できるのは、確実に練習を積んだランナーのみである。

拙者が走った過去のフルマラソン、スタートラインについた時に、不安ばかりで
自信を持ってスタートしたことなどまったくなかったのである。

過去の失敗を活かし、長野マラソンのスタートラインに、確かな自信を持って
立ちたいと強く思うのである。

あと3ヶ月余り、後悔しないよう精進するのみでございます。


“ 我、事において 後悔せず ”(←拙者の好きな宮本武蔵の言葉である)


長野マラソン(出場予定)まであと 95日


2007.01.10 Wed l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は○○タRC、新年最初のチーム合同練習。
拙者が主に試合や練習などをともにするこのRCは、以前勤めていた会社の
ランニング仲間が集まって発足したのである。
当初は社内の人ばかりであったが、今では拙者をはじめ社外の人間の方が多い。
このRC、毎週土曜日に安城競技場と明治用水緑道を練習拠点としている。

拙者は、退社してからは土曜日は仕事のため、合同練習にほとんど参加できない。
試合か日曜に時間が合う人と一緒に走るくらいなので、合同練習は毎年、
新年最初の今日となるのである。(多分今年これが最初で最後?)
一年に一回か二回しか参加できないので、もはやチームに所属しているとは
いえない複雑な状況なのである、、(汗)

というようにRCの練習に参加できない拙者は、このRC以外のチームの練習に
時々参加させてもらっている。
拙者、走れる時間に一緒に練習に混ぜてもらって走るという「さすらいのランナー」
なのである。

そして、今日○○タRCの合同練習には、T橋夫妻、K林、N西、N根、Y木、拙者と
いつもより多く集まったので、、、走り始めたとたん雪が、、
その後も、、どんどん強く降ってくる、、もう吹雪~!!

前半は5分半/km、後半はフリーで4分~4分半/kmペースで走る。
後半かなり向かい風も強く、前に進むのも辛い。雪が顔をたたく。
急激に身体が冷えていく。
最悪のコンディションの中、20km走をなんとか走り終えた時には、手はかじかみ、
身体は芯から冷えて着替えもままならないほどの状態、、さむ~~っ!

それでも足の疲労度は、以前に比べ格段に少ない。12月のLSDの成果だろう。
今月はスピード強化が重点なので、インターバル練習を多くして再来週の市民駅伝、
2月4日のハーフマラソンとフルにつながる走りを心がけ精進して参ろう。

一人で走るLSDやインターバルは辛いので、できるだけ合同練習に参加したい拙者である。
2007.01.07 Sun l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
正月休み最後の昨日は、友人Tと市民駅伝の試走。
市民駅伝は、全長30km。(一般・高校6区間、中学9区間)岡崎市街地を
左回りに一周するほぼ平坦で走りやすいコースである。

午後2:00に旧出発点、六名公園からスタート。(今は中央総合公園出発)
駅伝コース一周30km、全区間を走ることに。

駅伝コース一周は、LSDで半年前にも走ったのだが、友人Tは約10年振りである。
休日の早朝は車も少なく走りやすいのだが、今回は昼間なので車も多く
信号無視もできない。伝馬通は特に信号も多く非常に走り辛い。

5'00~5'30/kmペースで世間話ししながら走る。前回(12年前)出場した
時のタイムや、当日の中継所までの移動や、付添いなどを打合せしながら
各中継所の確認をする。何箇所か前回とは中継所とコースが変わった所も
あったが大きな変更ではない。
途中コンビニで給水、ウメトラ三兄弟の梅干も当然補給である。

岡崎市街地を走り抜け、平針街道と国道248号交差点付近で残り13.4km。
日名橋を渡り矢作川堤防を一路南下。岡崎市は矢作川で西側と東側の風景は、随分変わる。
コースも堤防道路が多くなり応援する人も少なくなるようである。

堤防道路を美矢井橋まで南下し、橋を渡り再び北上。六名公園まで3.7km。
最後の区間は、多少ペースアップして全区間の試走終了。

本来なら試走は、自分の区間だけでいいのではあるが、、、
市民駅伝に向け、正月休み最後の練習は、モチベーションも上がりとても
良い練習となったのである。
ちなみに今回の正月休みは、珍しく一日も休まず練習できたのでございました。
これもサブスリー達成という大目標のお陰なのである。

1月6日 仕事始め、さあ今年も頑張りましょう!!

本日の練習:30km(所要時間:約2時間30分)

2007.01.06 Sat l 駅伝 l コメント (2) トラックバック (0) l top
箱根駅伝は、復路の順大が二年越しで復路も制し、総合優勝!!
主将今井選手の力走が光るが、他の選手も確実に走り、見事な勝利である。

近年、各大学の選手の力がレベルアップし、優勝争いを面白くしている。
超戦国駅伝といわれた今大会、シード権獲得を目指す争いは、見ごたえがあり、
ここにも箱根駅伝の熱い戦いが見るものを感動させるのだ。

7区の区間賞獲得の日体大・鷲見知彦選手は地元岡崎市出身(豊川工卒)。
彼は1年生で1区・区間賞と4年生の今回、2回目の区間賞獲得の力走は、
とても嬉しいのだ。
城西大、5区川野竜男選手(豊川工卒)は、拙者と同じ町内出身で小中学校の後輩になる。
(箱根駅伝に岡崎市出身の選手が出場すると応援にも力が入る。)
今後も頑張ってください。

そして本日、鷲見選手や川野選手、師走の都大路で力走した豊川工高の選手の
多くが中学、高校時代に走った岡崎市民駅伝にエントリー(一般の部)したのである。

今年で第58回を数えるこの市民駅伝。全国高校駅伝とほぼ同じ歴史ある大会なのだ。
この市民駅伝から全国高校駅伝、箱根駅伝、ニューイヤー駅伝へと多くの選手が
育っていったのである。

当然、拙者も長距離ランナーとしての原点は、この岡崎市民駅伝なのだ。

今後も、この岡崎市民駅伝から全国高校駅伝、箱根駅伝に出場するランナーが
生まれていくのである。
2007.01.04 Thu l 駅伝 l コメント (4) トラックバック (0) l top
新年を迎え拙者、一年で一番楽しい日々を過ごしている。

元日は全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)、今日は、箱根駅伝と
テレビの前から離れることができない。駅伝は、素晴らしいスポーツなのだ。
一本の襷にチーム全員の思いを込め、ランナーが自分のためだけでなく、
チームみんなのために走る。途中で止めることなどできないのである。

ホンダの山口選手、山梨学院大のモグス選手、ブレーキを起こしても、
なんとか次のランナーに襷を渡すために、一生懸命走る姿につい声援をおくる。

ブレーキを起こすとホントに辛いのである、、拙者もブレーキの経験が数回ある。
走るのをやめたくても絶対にできない辛さ、悔しさは、本人しかわからない。

中国電力・佐藤敦之選手、東海大・佐藤悠基選手、順天堂大・今井正人選手の快走は
見ていて感動的であった。
迷いなしに突っ走る姿に、本当の強さを感じる素晴らしいランナーたちである。

駅伝を見終えた後は、ついその選手になったつもりで走りに出かける拙者なのである。

明日は、箱根駅伝は復路。順大がそのまま逃げ切れるか、、、楽しみであるが、、
拙者は、なんと今年最初のレース、新春矢作川マラソン、10kmに出場なのである。
(目標は38分台、新年最初のレースは、なんとか後半粘って目標に達したいのである。)

そして駅伝はやっぱりいいなあということで、仲間と1月21日の市民駅伝出場を決めたのである。
2007.01.02 Tue l 駅伝 l コメント (4) トラックバック (2) l top
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2007年は年越しランでめでたく迎えました。
毎年、大晦日は家内の実家で年越しそばと紅白歌合戦が定番になっている。
その後、家族みんなで氏神様に初詣に出かけるのである。

今回は、年越しランと決めていたので拙者一人だけ走って参拝することに、、
除夜の鐘を聞きながら、新年を迎えたのでございます。

初詣は、もちろんサブスリー達成祈願、家内安全、商売繁盛とたった百円で
お願いするには多すぎるとは思いつつも、、、祈願したのでございました。

拙者、今年の目標は、長野マラソンでサブスリー達成!
新年を迎え、心新たに誓うのでございました。

皆様も2007年が良い年になりますようにお祈り申し上げます。
2007.01.01 Mon l マラソン l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。