上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ようやく待ちに待ったプロ野球、セ・リーグが開幕!

我が中日ドラゴンズの開幕投手は、予想通り川上憲伸。逆転ホームランを浴び
嫌な流れになるも、新加入中村ノリ、立浪の両ベテランの活躍で逆転勝利!!

やった~!!ドラゴンズ!!好スタートだ!!


久々のプロ野球は、仕事場でラジオを聞く。NHKラジオの解説は、元中日今中投手。
アナウンサーの誘導的な会話に乗ることもなく、自分の意見をはっきり言う解説は、
聞いてて気持ちいい。現役時代のピッチングさながらのテンポの良さである。
民放番組にも最近よく出る元今中投手の解説は、これからちょっと楽しみだ。

ヒーローインタビューの中村ノリ選手。野球をやれることの喜びが伝わってくる。
人間どん底を見て、初めて気づくことがあるのでしょう、、きっと。

近鉄時代の面影はなく、中学生のような坊主頭の野球少年のようである。
ずっとこの気持ちでプレーしてくれればトラブルになることはないだろう。

始球式は、走り幅跳び日本記録保持者、池田久美子選手(スズキ)。
ハンマー投げ、室伏選手に次ぐ陸上選手の登板がとっても嬉しい!

投げるのは専門外なので、ビシッとはいきませんでしたが、夏の世界陸上では、
是非とも7mジャンパーになって欲しいです。

実は、拙者、陸上を始めた中学1年の時は、走り幅跳びが専門なのだ。
結構バネもあったのだが、、スピード不足で試合では予選通過経験なし(泣)
1シーズンで幅跳びをやめさせられました~(汗)
走り幅跳びは、大好きだったんですけど。(中1の体育大会では優勝したけど、、)
高校男子でも7mジャンパーは多くないので池田選手は凄いです。


今年の中日ドラゴンズは、ホントに強いぞ!!今夜も楽しみだ~!!
スポンサーサイト
2007.03.31 Sat l 野球 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨夜のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見て、宮崎 駿の凄さを知る
と同時に、宮崎アニメの見方がまた一層、奥深いものになった。

あの年齢になっても一向に衰えない向上心、、妥協しない仕事。
完璧な作品など永遠にないのであろう。満足したらそこで終わってしまうのだ。

まさにプロフェッショナル。だからこそ宮崎アニメが全世界の人々に愛されるのだ。

スポーツや芸術、どんな分野でもそうだが、一流と言われる方々は、継続して
努力し続けることの能力は、並外れている。

プロフェッショナルとは、、
「いや、半分素人の方がいいんですよ。それを自分が選択して、自分がプロ
だからやるのではなく、自分がやりたいと思うからこれをやっているんだって。
やっぱり精神の方が大事なんです。」
そう最後に宮崎監督が語った言葉が、心に強く残っている。

プロフェッショナルなんて言葉よりも気持ちが一番大切だということなのだ、、
やはり本物のプロフェッショナルは違う!!(←見習わねば!)
2007.03.28 Wed l 心に残る言葉 l コメント (0) トラックバック (0) l top
3月最後の日曜日は、毎年町内の総会が行われる。
今年は組長なので、やることも多く大変だったが、それも日曜で終わりだ。
(↑嬉しい~!!ようやく楽になる!)
総会が終わった10時半頃には、雨もほとんどやんだので早速、練習である。

今月最後のロング走は、久々にアップダウンのある幸田サーキットを折返す
広域農道へ。最近は竹島往復が定番で、広域農道は3ヵ月振りである。

疲れがピークのようで走り出しから身体が重いので、リズムよく走ることだけ
意識してサーキットを目指す。

5kmほど走るといいリズムになって来た。ここ最近5kmくらいから身体が、
フッと軽くなりテンポ良く走れる。今日は、このペースで最後まで走ることに。

広域農道に入る頃、再び雨が降り出してくるが、呼吸も楽で気持ちいい。
登り坂も軽快に走れ、65'04でサーキット入口に到着。前回より約2分速い。

今回も休憩せず、すぐ折り返し走りながらヴァームゼリーを補給。
フルをイメージして、とにかくリラックスとマイペースを心がける。

あと7km地点のコンビニ(ヤマザキデイリーストア)で給水しようと寄るが、、
シャッターが降りており閉店の張り紙が、、げぇー!!(汗)
ウメトラ兄弟と、アミノバイタル買おうと思ったのに、、

しかたなくそのまま走り、残り5km地点にある自販機を目指す。
しかし、前回その自販機でポカリが売り切れだったことを思い出す。
その自販機を過ぎるともう自宅まで給水箇所がない、、

とりあえず自販機を探しながら走る。今日が晴れてなくて救われた。
ほどなく自販機を発見!最後の給水をすると、やはり元気になる。

残り5kmから登り坂が多く前回も少々足にきたが、今回は、最後まで余力を残し、
マイペースで走り切れた。残り12kmを60分かかっても3時間10分くらいか?、、、

ランスのようにギリギリのサブスリー達成ができるかどうかってとこか!?

■日曜の練習 AM10:50~ 幸田広域農道30km走

往路 65'04(前回66'50)
復路 64'33 (前回69'00)
所要時間:2時間09分37秒(前回2時間15分50秒)

長野マラソンまであと 20日
2007.03.26 Mon l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日から、プロ野球、パリーグが開幕。
甲子園では選抜高校野球も始まり、野球ファンでもある拙者には、
これから秋まで楽しみな日々が続くのだ。

選抜は、地元愛知県からは、今年一校も出場しないのが物足りないが、
大阪桐蔭、中田選手の活躍が楽しみでもある。
間違いなく高校野球では、久々の怪物である。

拙者的には、過去一番の怪物は、作新学院、江川卓を越えるものはない。
(当時の江川は、横浜、松阪投手を遥かに凌ぐ怪物だった。)
中田選手が甲子園で新たなる伝説を作る可能性は大である。
(↑星陵、松井選手のように敬遠されれば、別であるが、、)

我が中日ドラゴンズは、今年も強い!!中村選手が支配下選手登録され
若手とのポジション争いあり、全体的にレベルが上がることでよいのだが、、、
若干心配な部分もある。(←中村選手が、大人になったことを祈るのみである)

今年こそは、是非日本一を獲得して欲しい!!
がんばれ、ドラゴンズ!!ところで今年は、ナゴヤドーム行けるかな?
2007.03.24 Sat l 野球 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2月1日PM8:00~長野マラソン2次エントリー、あの恐怖のエントリー合戦の末、
出場権を獲得した念願であった長野マラソンのナンバーカード通知書が届いた。

nagano_card
↑ナンバーカード No.1581 (←おぉー!イチゴパイだ!!)
イチゴパイ、、見かけたら応援してくださいませ!!

スタートラインには、ナンバーカード順に並ぶようなので陸連登録を入れると
拙者の前方には、1000人以上のランナーがいるようである。
スタート時のタイムロスが若干心配である、、(汗)2~3分あるかな?

陸連登録しておけば、、と今更ながら思うのであるが、、拙者は市民ランナー
なのでこの位置で十分である。

参加者数6,500人の長野マラソン、昨年度の人気NO.1の大会を走れることがなんとも
嬉しい。そして、なんと日本最高記録保持者の高岡寿成選手が招待選手で出場する。
同じレースを走れるということに感激である。
千葉真子選手、谷川真理選手も出場で、これもまた嬉しい!!

あぁー出られてホント良かったぁ~!!

拙者、12年振りのフルマラソンである、、とりあえず完走を目標に、、(←弱気発言!)
イヤイヤ、、、なにがなんでもサブスリーが目標です!!

参加通知書類に目を通すと、やはり気合が入る。
あと3週間とちょっと、、、とにかく残りの毎日を大切に頑張るぞ!!

長野マラソンまであと 24日
2007.03.22 Thu l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
中日豊橋ハーフマラソンを走り終えた後は、、、
友人Hとの約束で、西尾の○一へ行くことになっていた。
(↑本音は、ちょい疲れてるから面倒くせぇ~!)

先月4時間近くに亘る葛藤の末に、友人Hが購入を決めたあのCOLNAGOの納車である。

しかし、拙者は、満足の行くレースができなかったので、テンション下げ下げ、、
しかし、友人Hは、この日を待ちわびていた様子で、テンションアゲアゲである。

迎えに来た彼の車に乗ると、いきなりファンライドや、自転車カタログが、、
そして、「水曜休み?走り行きましょうよ!!」と誘う友人H。
「だめだめ、仕事だよ!ほんでもって長野まではダメだなあ。」と拙者。

大体、35万もするCOLNAGO CLXとミヤタのALFREXでツーリングは、ちーと厳しい!
フェラーリのツーリングにランサーワゴンで行くようなものである、、(汗)

H「7月に新城でツールド新城があるんですよ!出ません?」
M「あー!それ去年出た!落者して怪我して、、、大変だったあ~」
H「へぇ~、、でも、今年も出ましょうよ!」
M「あかん!自転車ねえもん」
H「あるじゃないですか!」
M「ダメ、ALFREXじゃあ無理!去年わかった!新しい自転車買うまでは
 お前とも走れんわ!俺のは恥ずかしすぎるってぇ~」

とまあ、、なんだかんだと他愛もない話をしながらもすっかり自転車乗りに
変身した友人Hに驚くのであった。
そしてあっという間に、○一へ到着!

↓そして、遂にCOLNAGOとご対面である。
colnagoclx

うぉぉ~!ヤバイほどカッコいい~じゃん!!

一気にテンションが上がる中年二人組である!!
やはりカタログとは違い実車はすんばらしい!!

早速、ポジション合わせ、ビンディングペダルの装着を練習したりする友人H。
拙者は、少々お疲れモードなので、椅子に腰掛け様子を眺めながらお店の、
例の若い店員のお兄ちゃんに、それとなく拙者の欲するバイクの相談。

まあこの話は、、またいずれ書きましょう、、、

そして友人Hが、お金を支払っているとき、常連客らしき男性が店内に、、
あれぇ?どっかで見た顔、、あぁーS原さん!!
なんとこの男性は、拙者と友人Hが、以前勤めていた会社の先輩であった。

久しぶりの再会である。聞けば6年程前から、自転車に乗り始めたらしい。
そして、なななんとcannondaleオーナーなのであった。

うぉー、、急に盛上がる店内。店長はじめ、若い店員君も知り合いだったの!?
と驚くと共に、一気に我々とも、フレンドリーな関係に急展開!

即行でツーリングにも誘われてしまったのである。
先輩Sさんは、レースにも出ているということで、友人Hにとっても拙者にも
これからの自転車ライフが楽しくなると偶然の再会を喜んだのであった。

しかし、肝心の拙者の新しい相棒購入は、、まだまだ先のことである、、(泣)


2007.03.20 Tue l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は、第25回中日豊橋ハーフマラソン。
昨年同様、今年も、強風が吹く悪コンディションとなった、、(良い時がない?)

今回は、調子も良く長野に向けて、83分を切りたい所であるが、強風を考えると
厳しそうである。しかし出来る限り、3'55/kmペースで走るつもりである。
そして、今年のゲストランナー谷川真理選手について走ろうと企む拙者であった。

AM8:00 受付。走友のT橋夫妻、N西さん、M枝君、Y木さんは、すでに受付を済ませ、
スタンドに、、Y木さんは、久々の豊橋ハーフである。
天候は良いが、風が予想通り舞っている。前夜から覚悟していたので問題はない。

AM9:00 W・UP トラックで中学の後輩、T田に声を掛けられる。
彼は、1月の市民駅伝で我がチームの1区を走ったエースランナーである。
(6年前には、掛川でサブスリーを達成)
先月の犬山ハーフでもスタート直前に出会った。どんなに人が多いレースでも
何故か、彼とは試合でよく会うのだ。

一緒に話しながらUP。聞けば今回、彼は連続出場で表彰されるという。

M:「何年連続だ?」
T:「20年連続!」
M:「マジッすか!ひぇぇ~!!20年!!すげぇ~!!」思わず感嘆の声、、

3歳下の彼が、なんと21歳から出場を続けている、、素晴しい記録である。

M:「30年連続もありえるなあ?絶対30年表彰されろよ~!」
T:「うん!多分30年もいけちゃうね!やめる理由もないもんね~。」
M:「俺、その時、54歳だぞ!!もう出場できるかなぁ、、、(汗)」
T:「大丈夫っしょ~!!」
(何故か、恐ろしく歳をとったことを実感、、)

M:「ところでさあ、今日の目標タイムは?」
T:「1時間23分を切りたいですね~、、」
(おっ!今日はコイツがペースメーカーだ!と決める拙者である。)

先月の犬山で彼は、23分後半で走っている。今回は、なんとか先着したい。

AM10:00 フルマラソンスタート いつかは、走れるかなあと思いながら見送る。
風は強いが、ランシャツ、ランパン、アームウォーマーに手袋といつもの格好で
スタートラインに並ぶ。ゲストランナー谷川選手は、一番前に並んだ。
前回よりも、かなり絞り込まれた体つきで少々驚く。こりゃーついてけんかな?

AM10:10 ハーフスタート 号砲ととも一気にスタート。犬山と違い参加選手が
少ないのでスタートのタイムロスは、ほとんどない。後輩Tの姿は見当らないが、
谷川選手はよく分かる。ついて行こうと思った矢先、トラック1周したら突然、
走るのをやめてしまった、、あれぇー??もう止めたの?
(今朝の新聞で最後尾のランナーを見送ってから猛然と走り出したと分かった。)

谷川選手の目標を見失い、、ちょっと動揺。とりあえず1kmまでは抑えて走る。

1km通過 3'55。ぴったしカンカンである。(←古すぎ?)ちょうどその頃、
前方に後輩T田を発見。徐々に距離をつめ、3km地点で追いつく。
3km地点位から田園地帯、川堤防と風が強くなるコースなので、とにかく集団で
走りたい。その思いは、多分他のランナーも同じようで拙者を含め6人程で進む。

5km通過 19'40。予定のラップを少々オーバー。ここからは風の強い堤防道路である。
一人で走ると辛い。集団でとにかく折り返しまでこのペースで進みたいところだ。
風は、左横から吹きつけやはり走り辛い。拙者も身体が少々重く感じる。

この豊川堤防はホント長く感じる、、腹が立つくらいである。
このコースが嫌いな理由の一番のポイントがここである。

そして堤防道路の若干アップダウンがある所で、拙者、この集団から遅れる。
なんとか折り返しまでと我慢、、なんとか距離を保ち走る。追い上げてくる
ランナーの力を借り、ペースを上げる。

10km通過 40'04。キロ4分ペースまでペースダウン。風の影響なのかリズムよく
走れてない感じだ。折返し点でまだ後輩T田との差が100m程だったので急に元気が、、
「おーい!待っとけよ~!」とTに声を掛ける。

折り返してからは後続のランナーとすれ違う。
約200~300m後に谷川選手の集団が来た、、谷川選手走ってるじゃん!!、、
追いつかれるてなるものか!逃げるぞ!!と気合をいれる。

走りながらもすれ違う集団の中に走友を探すが、、T橋夫人しか発見できず。
応援に来てくれた友人Hも発見できなかった、、残念!

そして三上橋を渡り、堤防道路が終わる15km地点まで我慢の走りが続く。
前を走る後輩T田の姿は、いつのまにか遥か遠くに、、あれぇ~、、(汗)
ここから高校生と思しき若いランナーとゴール500mまで併走が続く。

15km通過 60'36。目標の59'以内は遥か過ぎている。なんとか25分は切りたい。
4'00/kmペースで行けば、、と思うのだが、、高校生君仲良く走り続ける。
あと5kmからは、お互い交互にペースアップをし合いながら走る。

残り3kmで高校生君がペースアップ。風も追い風となり、一気に拙者を突き離す
ようだが、ここは中年ランナーの意地で距離を一定において我慢してつく。
残り2kmの登りで再び、高校生君の背後につく。ここまで来たらなんとか競技場
まで君と一緒だ!と思いながら走る。しかし24分台は、キツイかも?

あと1km通過 81'18。3'42で走れば85分切りだが、、最後は、またしても強烈な
向かい風だ、、もう勘弁してほしい、、などと思っていると、、
後方が騒がしい。観衆が「谷川選手~頑張れ~!!」などと叫んでいる。

「おっっー!ついに来たか!?真理ちゃんだ!!」絶対抜かれんぞ!!
競技場目前の500m地点で高校生君を一気に振り切る。競技場入口に入る頃には、
背後に谷川選手の「ハァーハァー」と大きな息遣いが聞こえる。
もうすぐ後にいるようだ、、、うぉー!なんとしても逃げるぞ!

残り1周400m。最後の力を振り絞り全力でトラックを走る。
(一緒にゴールしちゃって写真映っちゃおっかな!?などと一瞬マジで考えた)

そして無事逃げ切る!!犬山の千葉ちゃんに続き、谷川選手にも勝利である!
(↑でも彼女、最後尾スタートで1分以上遅れてスタートしてるからね。)

ゴール後、すぐ後輩Tを発見。タイムを聞けば1時間24分24秒と約1分ほど速い。
またしても負けたか、、次は勝つからなと、、リベンジを宣言しておく。

風の影響もあるが、目標タイムに遠くおよばず、、、かなり落胆する拙者である。
しかし、これが今の拙者の実力なのだ。

長野マラソン、サブスリーの挑戦は険しくなったか!?


正式タイム  1時間25分22秒 (40歳以上の部 36位)

5km:19'40
10km:40'04 (20'24)
15km:60'36 (20'28)
last1km:81'28 (20'52)
Finish:85'22 (3'54)

長野マラソンまであと 27日
2007.03.19 Mon l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
気がつけば、長野マラソンまであと1ヶ月、、、もう来月である。

暖かくなったり寒くなったりと、気温の変化に身体がついていかない。
夜走るのも、寒すぎて故障しそうな感じ、、怪我だけは避けなければ、、
体調管理だけは、万全を期したい。

今週日曜は、中日豊橋ハーフマラソン。長野に向けて最後のレースである。
このレースの結果で、長野マラソンのペース配分等を決めようと思っている。

豊橋ハーフのコースの約1/3は、豊川の堤防道路を走るのであるが、例年、
風が強く記録も良かったことがない。拙者にとって相性は、最悪のコースなのである。
拙者のマラソン人生で唯一、途中棄権したのもこのレースなのである。
(↑脹脛肉離れで5km地点で棄権。)

そのときのゲストランナーは谷川真理選手。先月の東京マラソンでもサブスリーで
走り、まだまだ健在ぶりを見せてくれました。

今年のゲストランナーは、またしても谷川選手である。彼女、な、な、なんと、
拙者と同じ歳なのである。頑張ってます、、ホント見習わなければ!!

前回は3km地点でちぎられた、、、しかし今年は、頑張ってついて行くつもりである。
豊橋ハーフの目標は、1時間22~23分台。なんとか長野に向け弾みをつけたい。

当日、最高のコンディションになるよう祈るだけである。


長野マラソンまであと 30日

2007.03.16 Fri l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日の名古屋国際女子マラソン、ラストの駆け引きで、弘山選手のレースの
癖を事前に調べていた、橋本選手に勝利の女神が微笑んだ。

強風が吹く悪コンディションの中、お互い集団の中で体力を温存した二人で
あったが、勝利の執念は、僅かだが橋本選手の方が強かった。

あと700m、坂の下りからスパートを掛けるつもりの弘山選手を、坂の上りで
スパートし振り切った橋本選手。弘山選手は、トラック勝負と読んでいたようだ。
ベテラン選手に若干のスキがあったかもしれない。

坂の上りでスパートするとは、多分考えてなかったのでは、、、
ほんの数秒間の判断と駆け引きで、勝利を逃したベテラン38歳の弘山選手。

最後の国際舞台となるハズだった39回目の誕生日に開催される世界陸上マラソン。

本日、代表選手が発表された、、、ベテラン弘山晴美選手は落選、、残念無念!!

しかし弘山選手は、これからも走り続けて行くそうです、、嬉しいです。
市民レースで是非、一緒に走りたいと思う拙者である。


■世界選手権 男女マラソン代表選手

<男子>
奥谷亘(SUBARU)
諏訪利成(日清食品)
大崎悟史(NTT西日本)
尾方剛(中国電力)
久保田満(旭化成)
--------------------
(補欠)佐藤智之(旭化成)

<女子>
原裕美子(京セラ)
小崎まり(ノーリツ)
土佐礼子(三井住友海上)
橋本康子(セガサミー)
嶋原清子(資生堂)
--------------------
(補欠)加納由里(資生堂)

男子代表の奥谷選手には、粘りのレースを期待します!頑張れ!奥谷!!

2007.03.12 Mon l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日は、名古屋国際女子マラソンがある。

弘山選手の力走を沿道から応援するつもりでいたのですが、、今日は仕事、、残念!
地元の走友会からも出場する選手がいらっしゃるので応援しに行きたかったのだが、、

今年夏の世界陸上大阪大会、女子マラソンは9月2日。弘山晴美選手は、自分の
39回目の誕生日のこの日を、引退レースにすると噂されている。
(↑ちなみに拙者は、翌日の9月3日、ドラえもんと同じである。)

もしかすると、今日の名古屋のレースが下手すると最後になるかもしれない?
いや、絶対今日が最後になることはないでしょう!

世界陸上の代表を是非獲得して、最高の9月2日を迎えてほしい、、
ファンのひとりとして願っています。

頑張れ!!弘山!!
2007.03.11 Sun l マラソン l コメント (1) トラックバック (0) l top
フルマラソン挑戦を決めてから、本格的に練習を再開し、4ヶ月が過ぎた。
実に早い、、あっという間だ。11月以前の約半年間、ほとんど練習してなかった
のでこの時期での走力は、自分の予定よりも、、、残念ながら劣っている。

もう少し、10kmもハーフもタイムが上がっている予定であったのだが、、、
今ひとつタイムが思ったよりも伸びないのである。

しかし、このひと月で、ようやく身体も絞れ、ウエイトも落ちてきた。
建築で例えると、「ようやく基礎が出来た!」という感じである。
これから、1ヶ月半の突貫工事で完成を目指すという、実に厳しい状況である。
(もう余分にひと月、練習期間が欲しいところであるが、、)
しかし、サブスリー達成を最後まであきらめるわけにはいきません!!

拙者のまわりには、「サブスリー達成祈願、1000km走破!」などと大袈裟な
タイトルをブログの記事にしてくれる、、ありがたいお方もいるのである。
(↑ホントは拙者にプレッシャーをかけて楽しんでいる!?)

拙者のサブスリーを祈願して、自転車で1000kmを長野マラソンまでに走るという、、
(↑なんか凄いタイトルだけど、、、実はそう難しいことでもないかも?)
しかし、こういう形で応援してもらうと、いっそう頑張らねばと思うのだ。

今月は、走り込みながらもスピード練習を中心にスケジュールを組むのだが、、
スピード練習といえば、やっぱインターバルである。

拙者にとって、中学、高校、社会人といつの時代でも一番キツイ、メニューが
インターバルである。心肺機能を高め、スピードも養えるというこの練習は、
ヘルシンキ五輪で5000m・10000m・マラソンの3種目を唯一、制した史上最強の
長距離走者、人間機関車、ザトペック(←古すぎてみんな知らんかも、、)が、
最初に取り入れたのが始まりといわれている。

長距離選手ならば誰でも経験し、一番苦しい練習に間違いない!
だからこそサブスリー達成のためには、このインターバルは、避けて通れぬ
練習であるのだ、、、なにがなんでもやらなければ!!

ここ数年、インターバルは、ほとんどやりませんでした!(←キツイから)
やったとしても、1000×3本とか、、(←インターバルとは言えません!)

昨夜の練習は、午後10:30過ぎから、寒風吹きすさぶ中、インターバル練習。
(↑田舎侍さんのアドバイスもあるしやるぞ!)
さすがに、時間も遅いし久しぶりなので1000×5本(3'40)、こなせるか心配。

自宅前の真っ暗な県道を1000m、突っ走る。夜は体感スピードが速く感じ
気持ちいい、、しかし、めちゃ冷える~。
(同じ速さで昼間、走ると遅く感じるのである、、)

苦しい練習である、、しかし、みんながサブスリーを応援してくれると思うと、
ここでやめるわけにはいかない!

ヒィヒィゼェゼェあえぎながら、なんとか5本(3'35~45/km)終了。
(これで次回は、7本をなんとかこなす自信ができたのである。)

孤独な深夜の練習を続けられるのも、、みなさんの応援のお陰である。
(ホントにありがたいことです、、感謝。。)

長野マラソンまであと 37日
2007.03.09 Fri l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日は、4回目の三河湾竹島までのロング走。来週日曜は、仕事のためロング走できる
日程が、月末までもうないのである。

自宅~幸田(R248)~三ヶ根~竹島~鉢地坂トンネル~本宿(R473)~自宅(R1)までの
海と山を回る起伏に富んだコースである。

竹島から一路、北上し鉢地坂トンネルから国道1号までは、山越えの山岳コースだ。

いつもは、早朝の練習であるが、町内会の引継ぎ等の打合せでAM9時過ぎのスタート
となってしまった。さらに午後からは、娘のバレエの発表会があるため、3時間ほどで
戻らなければならない。

走り始めたときには、もう半袖でも良いくらいの気温と天候で、、、
後半、水分補給の大切さを久しぶりに味わったのだった。

とにかく早く家に戻らないといけないという思いがあったので慌しく、家をでたのが、
大きな間違いで、、持ち物は、ティッシュと500円硬貨1枚のみ。
いつもはアミノバイタルゼリー1個と、味覚糖純露を5つほどは必ず持っていくのだが、、
慌てていたので忘れた、、気がついたが、お金もあるんでなんとかなるかなと
思ったのだが、、。

ウエアも、上はTシャツにライトジャージの上着、下はロングタイツ。
走り始めて10分ほどでウエアの選択を後悔するのであった。
ライトジャージを脱ぎTシャツに、上着はクルクルっと腰に巻き走る。

約10km地点のサンクスで、アミノバイタルと補給食の小さい羊羹1個、ウメトラ兄弟を
購入。すでに残金207円。(羊羹買って後悔、、)

竹島(約18.5km地点)に約90分で到着。このときには、気温も大分上がっていて、
アミノバイタルゼリーは、ほぼ無くなっていた。公園で給水すればよかったのだが、
ノンストップを決めていたので迷わず、新箱根目指して北上を続けた。

山岳コースになると当然コンビニも店もない、、、山越してからコンビニに寄るか、、
迷った挙句、山に入る前にコンビニに寄りアミノバイタルを購入、、気がつけば、、
残金もう10円以下である!公衆電話で電話すらかけられない、、あちゃー!

しかし、まだ全然余裕はあったのだが、、やはり暑さで水分はかなり失われたようで
タイツと腕は、もう汗が乾いて白くなっている。山道に入り、日陰は涼しいが、、

なんとか鉢地坂トンネルまで上り切る。トンネル内は涼しく快適であるが、、暗くて危ない。
若干ペースを上げて通過するが、、下りに入り体調の異変に気づく。

両足とも痙攣の兆候が、、、水分補給が足りなかったときに出る症状だ。

先ほどのコンビニでの選択をまたしても間違った!、、アミノバイタルゼリーと
アミノバリューで迷ったのであった。
ペットボトルを持って走るのは鬱陶しい、、ゼリーの方が、まだ持ちやすいと、、
拙者、アミノバリューを選択しなかったことを後悔!

山を下り国道1号に合流した頃は、もう12時過ぎ。
先週までと違って暑い!公園を探し、水道で水分補給。やはり給水はこまめにしないと、、
ランでは、自転車と違いボトルゲージがないからなあ、これからのロング走は一考せねば、、

水分補給を終え、痙攣しかかっている足をなんとかいうことを聞かせて走る。
どうしても3時間で戻らねば、、娘の発表会に遅れる。

人間追いこまれると、底力が出るもので、、なんとか少々のペースダウンで無事に到着。

しかし、完全にバテバテ、、、こんなので、、長野マラソン大丈夫?って感じ、、

暑い時の、給水の必要性、、わかったつもりでいたが、、良い経験でした。

所要時間:3時間5分(走行距離:約37km)


帰ってきたら、テレビではびわ湖毎日マラソンが、、気温20度の中スタート。
暑さによる影響で、招待選手がほとんど脱落。暑さに強い、旭化成久保田満選手が、
2時間12分台で日本人最高位。マイペースでの走りが好結果につながったようです。

マラソンをしっかり走り切るというのは、エリートランナーでも難しいのである。
ホントにマラソンとは、、、大変なスポーツである。


長野マラソンまであと 41日

2007.03.05 Mon l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
先日、仕事の研修で常滑市へ行ってまいりました。
常滑といえば、、今は、中部国際空港(セントレア)であるが、それ以前は、
常滑といえば、、常滑競艇しか思い浮かばないって人がおおいのでは?(愛知県民でさえも、、)

しかし、常滑には、毎日必ずみなさんが、お世話になっている、あるものを
作っているメーカーの本社や工場があるのですよ。

そーなのです!トイレなどの衛生陶器や住宅設備機器、タイルなどのトップ
メーカーのINAXの本拠地なのである。
(↑ちなみに拙者、INAXの社員でも回し者でもありません!)

そのINAXで4月から発売される新商品の勉強会に行ってきました。

会場は、なんと総工事費10億円、昨年12月に完成したINAXテクノトレーニング
センターである。外観は全面タイル張り!さすがタイルメーカー!!

これも我々が一生懸命、INAX製品を売ったお陰である!?

INAX1
↑INAXテクノトレーニングセンター(受付の人、、綺麗でした、、ぽっ)

INAX5
↑新商品のトイレは環境にも優しい!

研修の後は、名鉄常滑駅近くにある、「INAXライブミュージアム」を見学。

inax4
↑世界各国のタイル約6000点が展示してある「世界のタイル博物館」

INAX2
↑1921年に築かれた大煙突と内部に大きな窯を抱く「資料館」



みなさん!上の世界タイル博物館の写真をよーく見てくださいませ。
ウォールガラスに大煙突が映り込んでいる、、、という設計だそうです!


INAX6
↑資料館の中には、昔の焼き物のトイレが展示してある


inax3.jpg
↑「土・どろんこ館」は昨年10月に開設。どろんこ玉が作れるよ!

INAX7
↑トイレの中もモザイクタイルで凄いことに、、INAXさんえらいねぇ!!

昨年10月に、すべての施設が整い「INAXライブミュージアム」と命名されました。

窯焼きのピザが食べられるレストランやお土産用のショップもあって、
ご家族でもカップルでも、とっても楽しめそうな施設です!

今度、春休みに是非、家族で行こうかなと考えてます。みなさんも知多半島や
セントレアへ遊びに行ったときに寄ると良いのでは、、

INAX創業の地、常滑への研修は充実した一日でございました。

※拙者、仕事もしっかりやってます!(久しぶりの仕事ネタでした。)
2007.03.03 Sat l business l コメント (4) トラックバック (0) l top
気がつけば、もう3月。
あっという間に2月も終わってしまったのだ。

2月の走行距離325km、予定の400kmに遠くおよばず、、、ダメです!(汗)
2月は日数が少ないが、もうちょっと走らなければいけません。

しかし、年度末で業務は、山の様。3月からは販売促進のキャンペーンが
6月末まであり、売上予算達成も頑張らないといけないのである。
他にも町内会の会合、商工会議所の会合等と練習する時間が、、、ヤバイ!

このままでは、3月の練習スケジュールが思うように消化できない!(汗)
夜に会合が多くあるので、もう朝練と昼練でカバーするしかないようである。

もう朝も寒くはないし、日中も春の陽気である。
この時間帯を有効に活用して練習するしかないか、、、
とりあえず3月は、2部練習で頑張るしかない!!

“人事を尽くして天命を待つ”

長野マラソンまであと 45日
2007.03.01 Thu l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。