上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は、午後から岡崎市民球場で久しぶりに高校野球観戦。
愛知県高校優勝野球大会である。夏の甲子園県予選のシード権を取るためにも
この春の県大会は、重要である。しかし春優勝すると夏の予選は負けるという
嫌なジンクスもあるらしい、、、

meiden4
↑岡崎市民球場

拙者同様、大の中日ファン、そして高校野球ファンでもある友人Fさんと一緒だ。
昨夏のナゴヤドームでの高校野球県大会決勝、愛工大名電VS愛産大三河以来の観戦。

午前中に、しっかり21km走してから、待ち合わせの岡崎市民球場へ、、
自宅から10分程で着くので岡崎で開催される試合は、観戦するにはホントにありがたい。

準決勝1試合目は、中京大中京VS成章 9対8で辛くも中京が逃げ切る。
2試合目は、母校、愛工大名電VS豊川 2試合とも名古屋対東三河勢対決である。

meiden1
↑試合前のノック

午後1:00試合開始

昨日の準々決勝で東邦に勝利した名電、この勢いで決勝まで勝ち進みたい。
決勝戦の明日は、シジミ採りで来られないので今日は、是非勝ってほしい。

meiden3
↑スタンドの観客は、準決勝にしては少ない?

春の大会なのかスタンドの観客は夏の予選に比べても少ない。昨年の県予選は、
スタンドが超満員で、外野の芝生席を開放したほどである。

愛知には私学4強(名電、中京、東邦、享栄)同士が当たるカードは、高校野球
ファンにとって見ごたえがあり面白い。(プロのファームよりも、、?)

高校野球の素晴らしさは、生徒の真剣な全力プレーだと思う。
3年でレギュラーになった場合、夏の甲子園出場のチャンスは1度だけ。
だから全力でプレーできるのだ。そこに人々はひきつけられるのだろう。

meiden2
↑名電、先制のチャンス!!

名電3回裏に一挙6点。盗塁とヒットを絡めた攻撃で豊川の投手陣を攻める。
投げては、先発森本投手が丁寧なピッチングで豊川を7回まで無失点。
7回裏、名電1点を追加して、7回コールドゲームで試合終了。

準決勝:愛工大名電7-0豊川(7回コールド)

決勝(4/30):愛工大名電VS中京大中京(←好ゲーム間違いなし!)

明日の決勝相手は、中京大中京とは野球以外でも好敵手。
是非とも見たい好カードであるが、明日は、朝から家族と走友仲間でシジミ採りと
バーベキューなのだ、、、どちらも行きたい!(汗)

スポンサーサイト
2007.04.29 Sun l 野球 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あ~あぁ~、あ、あ、あ、あ、あぁあ~♪

あ、あぁ~、あ、あ、あ、あ、あぁ~♪(BGM:北の国から)

僕たちは、前日の夜、札幌すすきので宴会を終えた後、レンタカーを飛ばし、
富良野へ来たわけで、、

(※純のナレーションのイメージで)

ニュー富良野ホテルへ着いたのは、午後11時少し前。途中、富良野の直前で
乗用車同士の事故で道路が通行止めに、、かなり迂回して富良野に着いたわけで、、

富良野は、仕事で来た事が何度もあり、今回で4度目。「北の国から」やラベンダーなど
自然があふれ、こころ癒される富良野は、僕の大好きなところなわけで、、

marutagoya

とうさん、、僕が今回富良野に来たのには、理由があるわけで、、
テレビドラマ「北の国から」の大ファンでどうしても、富良野に行きたい!
という社員M氏の懇願を受けたわけで、、、(約5年ぶりの富良野です)

AM5:15起床 僕達は昨夜、富良野での限られた少ない時間を効率よく使うために
綿密な行動を打合せし、ベッドに入ったのは、かなり遅かった、、
しかし、、僕の恒例の旅先での早朝ランは、北海道富良野でも当然するわけで、、

(北海道は、本州よりもかなり日の出が早い。朝5時半、もう太陽はかなり昇っている。)
さすが北海道、よく冷える。手袋を忘れたので手が痛いくらいに冷たいわけで、、

僕は、早朝の富良野を、北の峰のホテルから国道38号まで下り、夕張方面へ走った。
目指すは、JR根室本線布部駅。「北の国から」が始まった記念すべき場所なわけで、、

(富良野市街地を通る国道38号線であるが、富良野駅を過ぎると建物は、ほとんど無い。)

furanodake
↑雄大な富良野岳

線路が並んで走る国道がずーっと続く。雄大な富良野岳を見ながら北の大地をひとり、
布部駅目指して走るわけで、、、しかし、全然駅らしき建物が見えないわけで、、

(地図では、6kmくらいだと思ったのだが、、、ひたすら走ってようやく駅を発見!!)

nunobestation
↑ホントに小さな駅

布部駅に着いた時、ホテルを出てからすでに46分が経っていたわけで、、(片道約9km?)
駅舎前には、北の国から、此処に始まるの記念碑があるわけで、、
(パシャっと記念に撮影。)

nunobekanban
↑倉本聰直筆の記念碑

僕は、撮影後、再びホテルへ向かって走ったわけで、、
途中富良野駅前に寄るが、7時ちょっと前だが、ほとんど人に会わない。
(富良野の人は朝が遅いのか?人がいないのか?)

空知川を渡り、北の峰のホテルへとようやく戻ったのは午前7時15分頃。
朝から約18kmも走ってしまったわけで、、(汗)

soratigawa
↑空知川から北の峰地区、富良野スキー場を望む

kitanomine
↑北の峰、富良野スキー場ゴンドラ駅

僕が、部屋へ戻ると相棒のM氏は、すでにシャワーを浴び身支度を済ませていたわけで、、
僕が6時前に部屋を出ていったことに気がついて、それから起きたみたいで、、
いつまでも帰ってこないので、会社のみんなに、「朝から1時間以上も走ってる
クレイジーだ!」とメールを打ってたわけで、、(汗)

僕は、速攻でシャワーを浴び、身支度を整えてチェックアウトしたわけで、、
(まだAM8時前。駅付近には、まだ開いてる喫茶店は見当たらなかったのでマックへ。)

AM8:30OPENの「北の国から資料館」が開くまで朝マックなわけで、、

kitanokunikara


(最初に「北の国から資料館」へ、、この資料館は、以前来たときにはなかった。)

資料館の中は、純や蛍の当時の衣装(あのジャージやアポロキャップ)などが
いっぱいあるわけで、、、めちゃくちゃ懐かしいわけで、、、

ゆっくり見れば2時間以上かかってしまうわけで、、
とうさん、、残念だけど、今日はゆっくり見てられないのです。(撮影可であるが、掲載不可)

僕達は、次に、朝ランで行った布部駅へ行ったわけで、、(M氏のためにまた記念撮影へ)
車で行ってもやっぱ結構、遠く感じたので驚いたわけで、、

(そして、、北の国からといえば、、、麓郷の森へ)

rokugou
↑五郎の丸太小屋

ドラマの中で火事になった丸太小屋は、まったく同じものを作って、実際に
火事を起こしたわけで、、、これは当時のままの丸太小屋なわけで、、


そして、僕達は、麓郷の森から、、五郎の石の家へ行ったわけで、、
しかし来週まで見学できなかったわけで、、、(残念!見たかったのに)

しかたなく、ジャム工場でジャムを買って、新しくできた「拾ってきた家」へ
向かったわけで、、
hirottekitaie
↑拾ってきた家(北の国から'02遺言)

北の国からの最終話の建物なので、、まだ新しいわけで、、
(ただじゃないです、、入場料200円)

(そして、僕達は、麓郷をあとにしたのです、、、)

富良野「北の国から」ツアーの最後は、再び布部へ行ったわけで、、
目的は、布部札幌軒へラーメンを食べるためなのです
(ドラマで岩城滉一と美保純が食べに寄った、国道沿いのラーメン屋さん)

sapporoken
↑布部札幌軒

昔からある、そのままのラーメン屋なわけで、、
僕達は、味噌ラーメンを注文したわけで、、
misoramen
↑みそラーメン650円

汗をかきながら、食べたわけで、、なぜか感動したわけで、、

僕達は、こうして滞在時間約13時間の強行、富良野観光を終えたわけで、、、
午後12時に新千歳空港に向かったのでした。

今回、「北の国から」の原点、布部駅に立ったことで、僕も初心に戻って頑張ろう!
などと、、単純に思ったわけで、、、

またいつか北海道マラソンと富良野に訪れたいなぁと感じたわけで、、、
(ヤバイ!ついつい最後まで、純の口調が、、)

さぁ!しっかりリフレッシュしたのでこれから頑張って走るぞ!!
2007.04.27 Fri l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
長野マラソンを走った一週間後の、日曜と月曜の2日間、会社の旅行で北海道へ、、

心身ともリフレッシュ!!再びサブスリー挑戦に向け鋭気を養って参りました。

約5ヶ月前に京都、奈良へ行ったばかりじゃん!と思う方もいるかもしれないが、、
先回の旅行が社内業務多忙のため半年以上も遅れて実施したためなので、毎年
この時期の慰安旅行が通例なのです。
(↑決して、会社が儲かってるわけじゃないです。)

セントレア

中部国際空港セントレアから飛行機に乗るのは初めて♪

767tsubasa
愛知は雨だけど、北海道は快晴だぁ~♪


到着後は、早速お昼ご飯に海鮮丼とかにだ。ちょー美味しい!(でも量が、、少なっ!!)
kaisendon


お土産コーナーで発見!!KUMAのTシャツ!!

kuma


北海道札幌といえば、、サッポロビール!ビール工場で試飲!!

beer

右が、北海道限定クラシック。左は黒ラベル。どちらもできたて?工場稼動してませんが、、

拙者、ビール党でないのでどっちも、、、(汗)


そして、北海道土産といえば、、

じゃーん!! やっぱ白い恋人!!
isiya


siroikoibito
↑観光客が白い恋人買いまくってました!!白い恋人パーク


お土産は当然、白い恋人を買った後は、市内観光。

sapporocity
↑藻岩山から札幌市街を望む
moiwayama
↑藻岩山にはまだいっぱい雪がありました。

夜は、すすきので宴会!!

chanchanyaki
↑ちゃんちゃん焼きもちょー美味しかったぁ~!!

コンパニオンのオネェちゃんたちが、なまらノリがよくて、とっても楽しい夜でした~!

そして楽しい宴会終了後、今回の旅の目的地、、富良野へ旅立ちました。
(翌日は、自由行動可。100km以上もある富良野へ強行スケジュールで移動)
、、、続く。


2007.04.26 Thu l 感動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
AM8:35 長野マラソン START
号砲と共に、一斉に走り出す、、というより動き出すって感じである。
歩くのと変わらない速度である。予想はしていたが、、遅すぎるぞ~!!

スタートラインを通過したときは、すでに50秒近く経過、、、ひぇ~!
タイムロスが大きい!!ヤバイなあ~(汗)しかしどうすることもできない、、
みんなテレビカメラに向かって大きく手を振ったり、ジャンプしたりしている。
こうなりゃ、自分もカメラに向かって、目いっぱい手を振って、ジャンプだぁ!!

映ったかな?と心配しつつ走り出すが、相変わらず、前にはスローランナーの
一団が、ゆっくりと走る。コースの幅も広いわけでないので抜くにも抜けない。
そのままの流れで1km地点を通過。5分30秒?時計を見て焦る。こりゃイカン!

とにかくペースを上げなければ、、しかし抜けない!蛇行しながらも人と人の
すき間を走る。3時間のペースランナーの早田選手の姿は、まったく見えない。
慌ててペースアップすると後半ダメージがあるので、ゆっくりとペースを上げる。

慌てるな、、と自分に言い聞かせて走る。スタート前は、涼しく感じたが、走り
出すと結構、暑く感じる。給水は、しっかり摂らなければ、、

最初の2.5km地点の折り返し点の前に先頭集団とすれ違う。高岡選手を見ようと
センターライン寄りに走る。やはり先頭集団は、スピードが違う!!

今日は、GTメールで携帯に途中のラップが入るので自分の時計は、見るだけで
ラップをとることはしない。極力時計は見ずに、自分の感覚で走る。

5km:22'? スタートのロスと最初のスローペースを考えれば21'00/5kmくらいか?
緊張してるのか、調子がいいのか、足が地面についてないような変な感覚が続く。
(↑しっかりと走れてる感じじゃない)
とりあえず、このままのペースで走っていくことに。

善光寺前は、沿道の応援もいっぱいで、ホントに気持ちいい!!
(長野に来て良かったぁ~とつくづく思う。)

10km地点のビッグハットまでほとんどペース変わらず順調。

10km:43'21 下り坂もあったので幾分ペースが上がったかも。
しかし、先週のペース走のような感じで楽に走れている。
この先の13.5km地点までは、下見してあるのでかなり気が楽。余裕を持って、
五輪大橋の下をくぐり、堤防道路に出る。14km地点を60分少々。
サブスリーペースより若干遅い。

15km:1:04:? ペースの感覚は、ここまでほとんど変わらない。しかし予想以上
に暑く感じかなり汗をかいてるので給水所では、必ず水分補給をしていく。

エムウェーブは、また応援が一団と凄くて元気づけられありがたい。
ちょうどエムウェーブで、ドラえもんの被り物をしたランナーを追い抜いたが、
「ドラえもん頑張って~!」と彼への声援が凄くて羨ましい~。
(俺もドラえもんと同じ誕生日なんですけど、、関係ないか、、)
その頃、前方にカメラマンを乗せたバイクが、、あれはNHKのサブスリー挑戦の
ランナーに間違いない!ようやく追いついた~!

エムウェーブから20km地点の五輪大橋へ向かう。
上り坂が続くが、それほど苦にせず走る。

コース攻略のポイントに、「ここまで余裕を持って走りたい」とあったのだが、
やはり中間点も近づいてるので疲労は出てきた。太腿の張りが気になりだす。

20km:1:26:? 少々ペースダウンしてきた感じだが、後半を考えると無理して
ペースを上げる勇気がないし余力もない?、、(汗)

五輪大橋の料金所で中間点、約1時間31分。サブスリーペースはキツイか?
予定通り村やんが、コース脇に見える。ゼリー飲料を受け取るが、梅干を忘れた!

次の応援場所は、松代大橋の28km地点。あと7km頑張るしかない!!
この先は、コース下見してあるので精神的にかなり楽である。

23km地点過ぎで折り返しがある。反対側を3時間のペースランナーの早田選手の
一団が通り過ぎる。ちょうど1km近い差があるようだ。自分も折り返し点を過ぎ
25km地点のホワイトリングを目指す。

25km:1:48:32 5kmのペースが22分台近くまで落ち込た感じがするが、前方の
NHKのバイクカメラには、少しずつ近づいている。
30kmまでには追いつけそうな感じだが、太腿にいやな予感が、、(汗)

26kmから堤防道路になる。ここから12kmは、堤防道路を走るのだ。
満開の桜がとても綺麗である。(←ホントは足の不安もあり余裕がない)
前方のバイクもすぐ前になり力が湧く。しかし、ここは慌てずゆっくりと追いつこう!

なんとか28km地点の松代大橋下へ、時間は約2時間2分。
打合せ通り、村やんが待ち構える。ゼリーを用意して待っててくれたのだが、
こっちは梅干が欲しい。村やんに渡した袋から梅干を3個取り出し、再び走リ出す。

その間にバイクカメラは、遥か前方に。少々ペースをあげて追走を始めるが、、
痙攣予防の梅干をすかさず食べるが、時すでに遅し、、29km地点手前で急に太腿が
攣り始めた。若干ペースアップしたのが原因というより、このペースでの距離は、
25km以上走ったことがないからであろう。脚力の限界なのか?

そのままのペースは当然、保てない。無理して走れば歩く事になるだろう、、
絶対に、歩くわけにはいかない。とにかく最後まで走り切りたい。

30km:2:12:24(23'52) 一気にペースダウン。ジョグのような速さに、、
(↑またしても過去の失敗を繰り返すのか?絶望感が頭をよぎる)
あと12km、6'00/kmでいっても3時間25分。とにかく歩かずに走ろう。

前を見ると、果てしなく辛くなるので、ひたすら足元だけに視線を落とし進む。
30kmを越えると、立ち止まるランナーや歩くランナーが増えてくる。
やはりマラソンは、そんなに簡単にはゴールさせてくれない。

ランパンのポケットに入れた勝守りとナンバーカードにつけた応援メッセージに
「なんとか最後まで走らせてください!」とひたすらお願いする。
ブログで応援してくれる皆さんに応えるためにも最後まで諦めてはいけない!

ジョギングのような速さで岩野橋を渡り、反対の堤防道路を松代大橋へ向かう。
しかし、ようやく梅干効果のお陰か、多少痙攣が治まりつつある。

35km:lap不明 残りあと7kmだ。なんとか最後まで走れる感じがしてきた。
多少、ペースが上げれる。残りは、なんとか5'/kmペースでいけるか?

ここら辺に村やんがいるはずだが、、見当たらない。ゴールへ行ったかも。
こんなにチンタラ走っているところをビデオで撮られたくないな、、(汗)

昨日、宿泊した松代ロイヤルホテルが右手にしっかり見える。残り5kmだ!
その時、村やん発見!給水をくれながら「mamoさんペース上げれる?」と聞く。
「もう足がいっぱいだぁ!ペース上げれんかも!!」そう応えてゴールを目指す。

村やんこんなところにいたのか、、ゴールまで先回りできるのか心配である。
最後のスペシャル給水のお陰で元気が出た。最後まで走り切れる確信が湧く。

松代大橋上の39km地点で時計は、ちょうど3時間。サブスリーならず、、
残り3km、少しでもタイムを上げたい。

オリンピックスタジアムに続くコースの沿道には、たくさんの応援が、、
「頑張れ~!もうすぐゴールだよ~!」と声援がいっぱいである。
手を振って「ありがと~!」と応える。さあもうあとちょっとだ!

40km:3:04:? なんとか3時間15分を切りたいところだが、、
最後の直線は結構、長い。最後まで気持ちを切らさず行こう!

もうスタジアムは左手にしっかりと見える。最後の力を振り絞り、ゴールの
オリンピックスタジアムへ、、人工芝がめちゃ柔らかくて驚く。42km通過。
残り195m、ラストスパート!(←っていうほど速くないです、、、)
最後まで走りきれたことが嬉しい。目標のサブスリーはならなかったが満足感
あるゴール。思わずガッツポーズでゴールイン!!

FINISH:3時間15分22秒(実測、約3時間14分30秒?自己ベスト更新)

サブスリーを達成できず、応援していただいた多くの仲間や皆さんに申し訳なく
思うと同時に感謝の気持ちで長野マラソン42.195kmを完走しました。

「皆様、どうもありがとうございました!!」

サブスリーには遠くおよばなかったが、30km以降をなんとかすれば、そう遠い
記録ではないと感じました。次回は、必ずサブスリー達成ができそう、、、
などとみょ~な自信が湧いてきたりしてし、、(笑)

サブスリー挑戦の女性ランナーを追うNHKのバイクカメラが、ラスト前方に見えて
いたのに追いつけなかったのがちょっと残念!
(↑30秒ほど前にゴールしたようで、二人抱き合ってました。)

ところで、村やんゴールに間に合ったのか?、、、めちゃ心配!
(↑結局、ゴールに間に合いませんでした、残念!!)

最後に、村やんサポートありがとう!お陰で最後まで走り切れました。
2007.04.21 Sat l マラソン l コメント (12) トラックバック (0) l top
2007.4.15 SUN 長野マラソン2007

AM4:35のアラームがなる5分前に起床。
昨夜は、小学生の遠足前のように何度も目が覚めたが、とても爽やかな朝である。
部屋の窓から外を見ると、天気も良く、風もなさそうで絶好のマラソン日和。

ベッドの上で入念にストレッチをしながら、あと4時間後に迫るスタートのこと、
7時間後のゴールでは、今までの練習の成果が記録となり、157日間が終わる、、
そう思うとなんとも言えない感慨に浸る。

しかし自分にとって今日が、本当の初マラソン挑戦と同じ気持ちである。
これからがマラソンランナーとしてのスタート、、、そう今日が始まりだ。

とにかく、歩かずに最後まで走り切る。そして自分自身、納得できる走りを、、
スタートしたら時計を気にせず、自分の感覚を大事に走ろうと心に決めた。

AM5:15 身支度を整え、おにぎりとバナナ、オレンジジュース、お茶と朝食をとる。
先にチェックアウトを済ませ、村やんの朝食に付き合いパンと果物を摂る。

AM6:00 一足先にホテルを出発。村やんは、ゆっくり朝食を食べた後、ホテルから
自転車でスタート地点へ、自分は、選手駐車場のカネボウ跡地まで車で異動して、
そこからシャトルバスでスタート地点へ、長野総合運動公園で村やんと合流である。

AM7:00 長野運動公園到着。もうすでに多くのランナーがあふれていて気分が
一気に盛上がる!頑張るぞ~~!!
早めにトイレ(ウ○チ)を済ませ、村やんの到着を待つ。

nagano4
↑最高コンディションで走れて、ちょ~嬉しい!!って感じ?

村やん到着後、最終打ち合わせ。今日のおおよその予定ラップを伝え、応援の
ポイントと給水のポイントを確認する。応援は10km、中間点、28km地点、35km地点。
自分の携帯に途中ラップのGTメールが来ることを教え、スタート後に渡すことに。

1時間前に軽く15分ほどサブトラックでジョグ。流しを3本ほどしてアップ終了。
ランシャツ、ランパンに着替え、荷物を預け、スタート地点へ。
さあもうスタート30分前だ。

nagano5
↑スタート前に記念撮影 なぜかポーズが上と同じ(汗)

スタートは、ナンバーカード別にブロック分けされており、チェックもしっかり
係員がしている。自分は、Eブロック、先頭から100m以上あり前に1500人近い
ランナーが並んでいる。(←陸連登記しておけばよかったとつくづく思う。)

スタート20分程前、招待選手の紹介が始まり一段とスタート地点は盛り上がる。
最後に日本最高記録保持者、高岡寿成選手の紹介は、一段と大きな声援だ。

長距離の日本記録をほとんど保持する、日本最速のランナー、あの高岡選手と
同じレースに走れるということなどめったに無いことで感激だ!

そしてとどめは、あの千葉ちゃんの登場。金きり声でみんなに激励のあいさつだ。
どの大会もまったく同じテンションの千葉ちゃんでした!

そして、いよいよスタート1分前。気がつけば、となりの若者がいつの間にか
頭にへんてこな被り物をつけてる、、(笑)こりゃ目立つわ!!

AM8:35 「パァーン!!」ピストルの号砲と共に、6500人余りの一段が走り出す。

さぁ!長野マラソン、42.195kmのレースが始まった。

…続く。

2007.04.19 Thu l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
長野マラソン前日、4/14土曜日は、いよいよ長野へ出発。

朝一で仕事の打合せを現場で済ませたあと、感涙隊のたいちょ~のお店へ、、
ここで長野へ同行してくれる自転車乗りの村やん(ブルガリ君)と合流。

村やんは、走らないが、スタート前の付添いと自転車で応援してくれるのだ。
たいちょ~から応援メッセージを受取り、健闘を誓い、いざ長野へ出発。

高速道路を休憩しながら約4時間、PM2:30頃長野ICに到着。
北アルプスと長野市街に来ると一気にテンションが上がる。
さあ!いよいよ明日だと胸が昂る。

宿泊は、長野ICからすぐの松代ロイヤルホテル。でかくて目立つのですぐわかる。
早速チェックインして、しばし休憩。ホテルの部屋から明日のコースがすぐ前の
堤防道路であることがコースマップでわかり、そこで最後の調整ジョグを兼ね
コースの試走に出かける。

ホテル前の松代大橋のたもとに38km地点の印を発見。コースをゆっくり逆走して
走る。明日は、この地点でどれだけ余裕があるのだろうか?などと考える。

37km~36km~35km地点で折り返し、再びコースを戻る。ここから残り7km。
明日は、ここを2時間30分以内で通過して、残り7kmを根性で走るのみである。

しかし今日は、堤防上は風が強い!河川の砂が強風で吹き上げられる。
明日こんな風は、吹かないでくれ~と祈る。

コースの堤防道路は26km~38kmまで12kmあるので、ここが一番のポイントである。
約40分のジョグを終え、150×3本ほど流して最後の練習終了。

ホテルへ戻り、着替えて選手受付会場のビッグハットへ出かける。
車で行くか自転車か迷ったが、コース下見ということで愛機ALFREX号と共に
村やんとまったりサイクリング兼下見。(なんと自転車積載してきました!)

ホテルの手前の松代大橋の手前が、38km地点。橋を渡った所が28km地点。
松代大橋をから川上の岩野橋を1周してくると10kmあるのだ。

28km地点から堤防道路のコースをゆっくり25km地点のホワイトリングをめざす。
自転車なのに時速15km以下の超遅巡航速度、、気がつけば写真などゆっくりと
撮影してる場合じゃない!さっさと受付しないといかん!!

nagano2
↑ホワイトリングで記念撮影(ALFREX号と共に)

ホワイトリングでのんびりしてる暇はない。ビッグハットへ行かねば、、
しかし、せっかくなので中間点の五輪大橋にまわる。五輪大橋は有料道路だが、
自転車は、たった通行料20円(超ラッキー!!)

写真など撮る時間もなくなりつつあるので橋を渡って左折。再びコースに出て
ビッグハットを目指す。ビッグハットはコースの10km地点、五輪大橋まで約3.5km。
この区間は、道幅も狭くて混雑しそうだ、、などと考えるうちに受付会場に到着。

会場は、予想外に混雑してない。すぐにナンバーカードと参加賞のTシャツを受取る。

善光寺へ明日のレースのお願いをしに行くつもりだったが、これ以上の走行は
疲労の原因になりそうなので、ホテルへ戻る。明日のレース後、お礼参りにしよう。
帰りはコースを走らないので、それほど距離はない。途中で夕食をとり、ホテルへ。

気がつけば、もう外は真っ暗!ちょっとのんびりしすぎたぁ~。

ホテル真横の、Aコープで明日の補給食と食料を調達。
これで準備万端!あとは、風呂に入って寝るだけだ!、、

おっとその前にやることが、、、ナンバーカードの裏に応援メッセージを付けねば!

仲間の応援メッセージに感謝。瞬間接着剤でつけました!!
しかしパリパリして走りにくそうだぞこりゃ!?

nagano3
↑ナンバーカードに貼り付けた応援メッセージ

アラームをAM4:35に合わせ、PM10:00就寝。

あと10時間30分後にスタートだ!

(フォゴォ~~フォゴォ~~  ←村やんのイビキ)

こりゃぁ~眠れんぞ~!?
2007.04.18 Wed l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
2007長野マラソンから無事、帰還してまいりました。

とりあえず、結果報告です、、(正式記録は後日)

速報記録:3時間15分22秒(グロスタイム:手元計時)

残念ながらサブスリー達成ならずです、、(泣)

応援していただいた皆さんの期待に応える事が出来ず悔しいです。
(応援をいただいた皆様、本当にありがとうございました。)

しかし、この記録が今の自分のチカラなのだと思います。
まだまだ精進が足りないということです。

次回のレースでは、必ずサブスリー達成と、強く思いながら長野から
戻ってきました。

長野マラソンは、熱い声援をおくってくれる市民の方々、多くのボランティアの
方々、大会関係者などホスピタリティあふれる素晴しい大会でした。
(さすが長野オリンピックを開催しただけのことはあると納得でした。)

来年もまた、是非満開の桜の下、長野マラソンを走りたいと思います。

レース詳細は、後日アップします。(←お楽しみに!?)
2007.04.16 Mon l マラソン l コメント (8) トラックバック (0) l top
さあ~明日は、長野マラソン!出場を決めた11月10日からの総決算です。
長いようであっという間の157日間でした。練習は、ほぼ予定通り消化できましたが、
決して満足できるようなものではなかったかな、、(汗)

目標のレースを決めてそれに向けての練習は、現役以来のことでかなり新鮮で
充実した日々でした。この緊張感ある生活は、とても気持ちいいです。

約12年ぶりのフルマラソンなのでやっぱ不安もありますが、次につながるレース
になるよう走りたいと思います。

明日の今頃は、スタートラインに並んでいるはずです。その3時間後にゴールイン
できるかどうか?、、それは今までの練習の答えだと思います。

とりあえず明日は、無事にスタートラインには立てそうです。
みなさんの応援に応える事ができるような走りをして参ります。

それでは、長野に行ってきま~す!

長野マラソンまであと 1日
2007.04.14 Sat l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
もう長野マラソンまであと3日。今週は、疲労抜きの調整練習です。
昨日は、中総で50分ジョグ。今日は、最後の刺激入れで1000×2本。

水曜と金曜か土曜夜は、中総で練習することが多い。
外灯もあり夜でも明るいし、アップダウンもあり、平坦路を走るよりかなり
負荷がかかり、同じ距離でもいい練習になる。

水曜は、野球場外周(約0.7km)を使ってのインターバルかペース走。
金曜か土曜は、中総外周道路(約2.5km)でのビルドアップ走。

周回コースなんでラップを取りやすくて都合がいいのであるが、しいて言えば
安城の総合運動公園みたいに、園内の一部に全天候走路のランニングコースが
あって距離表示があれば申し分ないのであるのだが、、(←是非改良して欲しい!)

疲れてる時は、美術博物館の風車のある芝生をジョグしたりとトレーニングには、
まあまあの環境かな?陸上競技場があれば最高なのだが、、いまだに無いので怒れる!
(↑中核市なのに全天候のトラックがないの岡崎市だけじゃない?)

最近夜は、プロムナードの道をウォーキングしたりジョギングしたりする人が
増えてきたような気が、、以前は、坂道でインターバルをしててもほとんど
人いなかったのに、、スポーツする人、増えてます。だからもっと良くしてよ市長様。

もう明日練習したら土曜は、いよいよ長野入りです!!楽しみ~!!
うわぁ~しまったぁ~忘れてた!テレビ映えするランシャツ、ランパン、、

ナイキの黒のランシャツ、ランパンじゃあわかりにくいよなぁ?
明日、ウインド○ップか○ットジョグで探してこよっかなぁ~。

昨日の練習:jog50分(10km) W.S100×3
本日の練習:upjog20分 1000×2 (3'40・3'34) downjog20分

長野マラソンまであと 3日



2007.04.12 Thu l マラソン l コメント (6) トラックバック (0) l top
昨日は、疲労抜きでゆっくり60分ジョグ、今日は完全休養日。
今週は、仕事も忙しいのだが、できる限り早く帰宅する予定である。

長野マラソンの早朝スタートに合わせ、体調をより近づけるために早く寝て、
早く起きようと思ってるのであるが、、
ここ数日は、布団の中に入れば、いつものようにイメージトレーニング?である。

長野マラソンのコースは、当然一度も走ったこともましてや見たこともない。
コース図を頭に思い浮かべ、スタートして5km、10km、15kmとラップを刻む。
20km、中間点通過1時間27分30秒。よぉーし!順調だ、、
30kmちょっと疲れが足にくるが、、もう残り12km。4'25/kmペースで踏ん張れ!
40km通過、2時間50分ちょうど。ラスト2kmは、皆さんの応援を思い浮かべて
全力でゴールを目指せ!オリンピックスタジアムで感動のフィニッシュ!
時間は、、、、(-.-)zzZ。。。とゴールまで辿り着かずに爆睡?。。

ホントは、35km以降を何度もイメージするが、未だにボヤーッとするだけ、、、
何度も考えてるうちに眠ってしまうのである。

今日から残りの5日は、激走イメージで、ゴールすることだけ考えよう!

ここ数週間、毎晩ベッドの中で、いろいろと考えました。
3時間10分を目標タイムにするか?無理してでもサブスリー目指すか?

しかし、迷いは吹っ切れました!挑戦しないことが一番ダメなんだ!
(↑チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。本田宗一郎氏)
あくまでもこの5ヶ月間、サブスリーのために練習してきたのだから、、

勇気を持って前半から積極的に走り抜くことに、、、

今、最大の敵は、タイムでも誰でもない、自分自身なのである!

長野マラソンまであと 5日



2007.04.10 Tue l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
いよいよ来週は、長野マラソン。
今日は、最後のポイント練習、20km走。(←1.7km×12周=20.4km走)

コンディションを知る上でも今日の練習は大切である。
あと7日後に迫った長野マラソンの予定ペース、4'10~15で、、刺激的持久走だ。

今日の20km走のスタートは、来週の長野に合わせてAM8:40。ほぼ同時刻である。
コースは、拙者が昼休みにジョグをしたりする、会社近くの周回コース。(1周1.7km)
○ヶ丘女子高や市民ランナーも練習で走る平坦で走りやすい農道である。

車もほとんど通らないので、ジョギングや犬の散歩したりする人も多いが、
練習するには最高のコースなのである。

走りながら、この5ヶ月間のことが思い出される。今シーズンの最初の大垣ハーフ、
ほとんど練習せずに出場して過去最悪の記録更新。残り3kmを歩くという状態、、
今シーズンにフルマラソン挑戦しようという気にもなれなかった10月であった。

しかし、11月6日ニューヨークシティマラソンでツール・ド・フランスの覇者、
ランス・アームストロングがサブスリーを達成したことで、再びフルマラソン
挑戦を決めたのである。

あれから約5ヶ月間、ほぼ単独練習で今日まで来た。
自分自身、正直ここまで練習できたことがかなり自信になった。
(↑単独のフルマラソンの練習は、予想以上にかなりキツかった~!)
今後は、できるだけロング走は、合同練習に参加しようと思う拙者である。

そんなキツイ練習がなんとかできたのも、このブログのお陰と思うのである。
応援してくれる人がいてくれたからこそ、なんとかここまで頑張れました。
ホントに多くの皆さんに感謝です!ありがとうございます。

あと1週間、体調管理に注意して長野のスタートラインに立ちたいと思います。
そして、なにがなんでもサブスリー達成を目指したい!!

■本日の練習:20.4km走(1.7km×12周) 1時間25分43秒
1R:7'06
2R:14'15(7'09)
3R:21'25(7'10)
4R:28'35(7'10)
5R:35'46(7'11)
6R:43'00(7'14)
7R:50'05(7'05)
8R:57'15(7'10)
9R:64'24(7'09)
10R:71'35(7'11)
11R:78'40(7'05) (20km:1時間24分位)
12R:85'43(7'03) ※平均LAP 4'12/km

ちょっと調子がいいです~♪疲れもあまり感じないし、、
ピークが早すぎかな?しかしすぐ下がることもないでしょ。
リラックスして参りま~す。

長野マラソンまであと 7日


2007.04.08 Sun l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
長野マラソンまであと2週間を切り、練習も少しずつ減らし疲労を取りながら
コンディションを当日までにベストな状態にするのみであるが…
今は暇さえあれば(←仕事はちゃんとしてますよ)ペース配分を考えてしまう。

サブスリー達成には、4'15/km平均で走ればいいのであるが、最近のレースを
考慮すると後半は、必ず失速するからそうなると、、、、うぅーん??

後半の落ち込みを考え前半にできる限り貯金するために、4'00/kmで行くと
25km~30kmで一気に落ち込む可能性が大である。(かなり弱気?)
4'15/kmのイーブンペースで完走できる可能性もかなり厳しい。

とにかく12年振りのフルマラソン挑戦なので、レースでの30km以降のイメージが
どうしても浮かばないのである。

過去に失敗したレースがトラウマになってるようで、32kmから歩くという最悪の
パターンがふと頭をよぎる。まずいぞ~イカン!イカン!!

とにかく今回が初めてしっかりマラソン練習をして望むのだから失敗しても
次につながるのだから、やはり長野は、チャレンジャーとして、目標どおり
なにがなんでもサブスリーを狙うしかないのである。

ギリギリでも3時間以内のペース配分を、今までのレースと練習から考えた、、
25kmまでは4'10/km、それ以降は、根性で走る!、、と完璧なペース配分である。
(↑これまたいい加減なペース配分だ!まぁ~いろいろ考えてもしゃあない!)
とにかく、今日まで計画通り練習できたのでそれだけ十分である。

長野マラソンのサブスリーのペースメーカーは、元カネボウ、早田俊幸選手。
なんとか粘って早田選手と一緒にゴールできれば、、サブスリーである。

最悪、NHKのテレビ中継だけでも、映ってやろうと企む拙者なのである。
(↑できるだけ目立つユニフォームを検討中である!)

長野マラソンまであと 12日
2007.04.03 Tue l マラソン l コメント (5) トラックバック (0) l top
今日からいよいよ4月。もう桜も満開で春本番である。

今日は岡崎中総RCの練習に初参加。ブログで知り合った方からのお誘いと
新しい出会いと刺激を求めて、新入生気分で早朝の中総に出かけた。

AM7:00集合なので20分前に自宅を出発。美博下の駐車場へ、もう数名の方が見える。
皆さんに挨拶、(ブログで知り合ったふみふみさんにも当然、挨拶!)
少々緊張気味の拙者である。(汗)

今日は、三好でレースがあるので主要メンバーは不在ということで7名の方との
初練習となった。体操後、18kmコースへ出発。大体のコース説明と自己紹介など
話しながら8km地点までゆっくり走る。初対面だったが楽しくおしゃべりできて
あっと言う間の8kmだった。久々に気持ちよく走れました!ふみふみさんありがとう!

一旦休憩後、ここから12kmコースと18kmコースに別れるようである。
拙者は、18kmコースと12kmを両方走る予定でいたので、迷わず18kmコースへ進む。
ここから残り10kmは、全体にペースアップ。(4'15~30位)

小呂町から東公園北側の交差点を市民病院に向け上る、そして中総の橋を渡り、
再び美術博物館に向かう最後の坂を一気に上る。
初めて走るコースなので距離感が分からず苦しいが離れず上りきり18kmコースを
走り切る。一度駐車場に戻り、給水してから再び12kmコースへ、

皆さんは、練習終了ということなのでここからは、単独走。ひとりで走る距離が
いつもの半分なのでそれだけでも精神的に楽である。26km地点で再び給水。
ここから12kmコースか18kmコースへ回るか迷うが、まだ余力もあったし、
少しでも長い距離を走りたかったので急遽12kmから18kmコースへ変更。
なんとかへたばりながらも36km完走。
もうこれで長野マラソンまでロング走することもない。

3月は、ほぼ予定通りのスケジュールをこなすことができた。(少々満足!)
あとは、怪我をせず調整して長野マラソンを迎えるのみである。

4月1日は、新しい出会いもありとても充実した練習となりました。
刺激を求めて、またちょくちょく練習に参加したいなあと思う拙者である。

3月走行距離:337km
本日の走行距離:36km(3:06:46)+Down2km(38km)

長野マラソンまであと 14日

2007.04.01 Sun l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。