上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大阪世界陸上も終盤、“負の連鎖”などとマスコミ各紙が報道し、日本選手にまた
目に見えないプレッシャーをかけている。

地元開催で、過剰なほど選手に期待している某民放局や報道のあり方も選手の
コンディションに少なからずとも影響しているような気がします。

当然、日本を代表する選手としてその重圧も力にして欲しいのだが…
結果として、昨日までの成績は、、、とても苦戦している。
しかし、これが世界との現在の力の差だと思います。

様々なプレッシャー、天候、体調等、全てにおいてベストの状態で望める事の
方が少ない中で、レースに勝つことのできる選手が強いということなのです。

プレッシャーを力に変え、土壇場のラストジャンプで見事金メダルを獲得した
走り幅跳びのアービング・サラディノ(パナマ)の集中力にその精神力の強さ
にちょ~感動!東京世界陸上のルイスとパウエルの戦いを思い出しました。

世界で勝つということは、身体的な強さも当然必要ですが、何よりも精神力の
強さが必要なのだと思います。それを備えた選手が、勝者となるのでしょう。

日本選手を見ていると外国選手と戦う前に、自分に負けているような気が…。
(偉そうに書いて申し訳ありませんが、自信なさそうに走って見えます。)

そして、ようやく今夜、苦戦が続く日本選手の“負の連鎖”を止めました。
短距離陣が、頑張って4継(400mR)で見事、アジア記録を出して決勝進出!!
これで流れが変わり、日本選手が少しでも良い成績を残せるよう祈るのみです。

男子4継、マイルリレー(1600mR)ともに入賞、メダルも期待ができます!
そして最終日は、期待の女子マラソン。土佐選手の粘りの走りが楽しみです。

最後まであきらめるな~!!がんばれニッポン!!


それにしてもアリソン・フェリックス(米国)のフォームは、美し~い!
フローレンス・ジョイナーのような筋肉質の体型でなく、長距離ランナーの
ような細身の体型にもかかわらずあのケタ違いの速さ!凄いですっ~!

力みのないしなやかな走りに、強さを感じるのは、自分だけではないでしょう。
スタイル抜群で脚がめちゃ長い!今大会でファンは、増えるでしょうね~。
(↑自分もファンになっちゃいました、、、はははっ!!)
スポンサーサイト
2007.08.31 Fri l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
大阪世界陸上、日本選手の健闘が続くもいまだメダル獲得ならず…
(マラソン団体戦を除く)

メダルに期待が懸かった為末大選手、池田久美子選手もまさかの予選敗退。
そしてメダル確実と思われていた室伏広治選手までもが6位とメダルを逃す。

初日の為末選手の予選落ちから嫌な雰囲気と流れが続いています。
もしかしたらメダル獲得、ゼロという最悪の結果になる予感も…。

世界と戦うトップアスリートでさえ試合本番にピークを合わせ、結果(記録)
を出すということは、やはりとてつもなく難しいということなのだ。

思えば自分自身も現役時代に(ちなみに中学から実業団まで大した戦績ありません、、)
目標の大会で、調整はもちろんの事、体調、プレッシャー、天候、レース展開
など含めて100%納得できたレースというのは、数えるほどしかないのである。

練習で絶好調でも、試合でピークが落ちたり、雨や風などの天候が最悪だったりと…
つまり絶好調で、目標のレースを迎え好記録を出すという確立は、限りなく低い。
(多分、自分だけじゃないと思うのだけれど…)

今でも自分自身、ついつい絶好調時のイメージや、期待感で目標タイムを設定
したりしてしまうが、これは大きな間違いのような気がしている。
そんな万全の状態でレースに臨める確率は、ゼロに等しい。

ゴルフと同じで、練習場でボールがまっすぐ飛ばないのに、コースで飛ぶ訳がない。
イメージは、90を切れても結果は、100以上叩くのだ!まさに上がってナンボである。
(↑まさに自分のことです、、、ゴルフ下手すぎてやめましたから!)

最近特に思うのは、コンディションが悪い時ほど、いかにしっかり走るかということと、
レース本番に絶好調などということはないに等しいので、無理な記録は狙わない。
まして練習でさえ走ったことのないペースを設定しない。

要するにレースでは、練習でできたことしかできないのだと思うのである、、、
しかし、それ以上の結果を期待してしまうのが我々人間なのでしょう…。
(↑自分も間違いなくそうである!今回の世界陸上の日本勢もそんな感じかな…)
まさにサブスリー挑戦がその良い例なのかもしれません、、(笑)


いびがわマラソンまで あと75日
2007.08.28 Tue l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
なぜか今夜は、録画しておいた男子マラソンを見てても、奥谷選手が気になって
マラソンが集中して見れません、、、(涙)

2007大阪世界陸上男子マラソン日本代表、奥谷亘(SUBARU)選手。(代表辞退)
体調不良で欠場のニュースを聞いた時は、まさかこれほどの病気だったとは…
http://eonet.jp/news/kobe/article.html?id=123629

オーバーワークで故障してしまったのかな?などと簡単に思っていた…

大腸の一部と小腸の約8割を切除、、、慢性的な栄養失調に貧血、下痢などと
マラソンランナーとして選手生命にかかわる病と闘っていたとは、、、
言葉が見つかりません…。早朝のTV番組で、この病状を知りました。

以前からレースの最後まで諦めない、粘り強い走りを見せる奥谷選手の心を打つ
走りに感動し、陰ながら応援していました。昨年の福岡国際の走りも凄まじかった。
最初に世界陸上、マラソン代表内定を手に入れたのに…

「自分にとって、大阪世界陸上は、最後の晴れ舞台」と思っていたそうです。
兵庫県出身の奥谷選手にとって大阪は、地元同然。…無念の辞退を決断だった。

「人生でこんなに辛いことはない。」と絶望した奥谷選手だったが再び世界の
桧舞台を目指し再起を誓ってくれました。「あきらめない」が身上の奥谷選手。
生まれたばかりの双子のお子様と、奥様のためにも…必ず復活してください!!

無念の奥谷選手の声援もおよばず、日本選手陣のメダル獲得ならず!
男子マラソン日本選手は、尾形選手5位、大崎選手6位、諏訪選手7位と入賞。
奥谷選手に代わって出場した佐藤選手は13位、久保田選手は、今日の苦い経験を
是非とも今後の競技人生にプラスとして欲しいです。


自分自身、最近忙しくて練習できなかったり、思うようなタイムが出なかったりと
嫌になることもあるが、病気で走れない奥谷選手のことを思えば走れるだけでも
幸せである。走れることに感謝して楽しいマラソン人生にしたいと思います。
(ちなみにマスターズ記録会は、最悪の結果、、(大泣)でもまあいっか~!(笑)
2007.08.25 Sat l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨日の甲子園決勝、広陵(広島)対佐賀北(佐賀)戦。
昨年の早実対駒大苫小牧戦に匹敵する好ゲームだった。

まさに筋書きのないドラマ。こんな試合があるから高校野球は、面白い。
誰もが広陵の優勝だろうと思っていたはずである。7回まで1安打に抑えられた
佐賀北がまさかの満塁ホームランで逆転!!(鳥肌が立ちました~!)

NHKラジオのアナウンサーの実況も凄かった。絶叫して声、裏返ってました!
しかし、それほど興奮させる、副島選手のまさかの一発でした。

開幕戦、延長再試合、サヨナラゲーム、逆転満塁ホームランと佐賀北に始まり
佐賀北で終わった今大会。
最後まで自分たちを信じてプレーする彼らに感動と勇気をもらいました。

「甲子園では私立も公立も関係ない。同じ高校生同士、人間同士。
夢中で白球を追うだけ」

佐賀北高、馬場選手のこの一言に感動するとともに、佐賀北ナインの精神力の
強さをあらためて感じました。

最後まであきらめないそのひたむきな姿が、多くの人々を魅了したのである。
そして公立進学校の優勝は、すべての高校球児にとって励みになるであろう。

がばい、、凄いぞ!佐賀北高。優勝おめでとう!!
2007.08.23 Thu l 野球 l コメント (4) トラックバック (0) l top
それにしても厳しい暑さが毎日続きます……暑いのめちゃ苦手です、、(汗)
35℃以上の現場と冷房の効いた事務所を一日に何度も出たり入ったりすると
一気に体調が悪くなります。

この時期の練習は、ホント大変です。特に30km以上の走り込みは、前日から
かなり気合を入れて早朝5:30くらいからじゃないと走れません。

暑さが苦手な自分は、AM8:30までに練習を終えるようにしてます。
9:00過ぎると暑さでヘロヘロになってもう走れません!(笑)
そして平日といえば、日差しが全くない夜しか走る気になれないのです、、(泣)

だから北海道マラソンみたいな夏のフルマラソンは、絶対出られません!
暑さに強いランナーが羨ましいです…ホントに。

今週末には、世界陸上大阪大会が開幕。マラソンは午前7:00スタート。
それでも気温30℃以上になるのは間違いないでしょう。(恐ろしい~!)

当然、出場される選手は、暑さ対策のトレーニングをしてるので大丈夫でしょうが…

以前、福岡でユニバーシアードが開催された時、女子マラソンで先頭を走っていた
日本の選手(鯉川選手だったかな?)が脱水症状(熱中症?)で棄権するという
厳しいレースになったのを記憶しています。
(↑当日の気象条件は、高温多湿の最悪のコンディションでした。)

トップアスリートでも夏場のレースは、コンディションを合わせるのも大変ですが、
天候等、あらゆる面に対応できる精神力を持たないとしっかり走れないのです。
(自分には、到底ありませんが…トホホ)

初日の男子マラソン、日本選手には、是非とも頑張って欲しいです!


ところで、“暑さ寒さも彼岸まで”って…まだひと月もあるよ~。
まだまだ当分、早朝と夜中の練習が続きそうです。

2007.08.20 Mon l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
短~い盆休みもあっという間に終了。(ブログも盆休みでした~)
今日からまた猛暑の中、忙しい日々が始まりましたぁ~(しかし暑い!!)

もうちょっと休みたい気持ちもあるが、休みは、お金もかかるので、、(汗)
これくらいがちょうど良いような気がしてますが…(笑)

8月は、冬のフルマラソンへ向けての走り込み月間の予定。
当然、盆休みも練習あるのみ。この暑さを克服してこそ、冬に良い結果が、、
(↑頑張るモチベーションなのである!)

13日~14日の2日間、兄夫婦家族と暑さを避けて信州白樺湖へ家族旅行。
夏合宿としたいところですが、あくまでも家族旅行なのであるが、、(汗)
気持ちは、なんとか旅行の合間に練習をするプチ合宿である。

shirakabako
↑白樺湖(後方は蓼科山)

白樺湖は、標高約1500mほど湖の周囲は約3.8kmと走るには、ちょうど良いコース。
箱根駅伝を目指す関東の大学やランナーも多く、行楽客など気にすることなく
走ってました。真剣な表情で走る姿を見ているだけで刺激を受けました。

プチ合宿1日目は、ホテルチェックイン後、混雑する白樺湖周回コースは避け、
白樺湖から女神湖まで走り、女神湖(周囲約2km)を周回し白樺湖まで再び
戻り白樺湖1周する約20km走。女神湖までは、約150mほどの高低差がある。

さすがに標高1500m位までくると日中も涼しくて快適である。木立の間を走る
道路は、涼しくまさに夏場の練習には、最適である。

35℃を超えるような平地と比べるとまさに天国である。
ただ大学生達の合宿は、練習量も多く大変そうです…(マジきつそう!)

女神湖周辺では、國學院大が、白樺湖周辺では、法政大が練習してましたが
その走るペースや絞られた身体からも合宿独特の過酷な雰囲気が伝わります。

自分自身、過去の苦しかった合宿のことを思い出しなんとも言えない気分に…
(↑もう2度と味わいたくない合宿の記憶…なかなか忘れられません。)

プチ合宿2日目は、AM5:30から白樺湖周回コース。ゆっくり1周するが一人の
ランナーとも会いません。ちょっと早すぎたようです、、(笑)
しかし6時を過ぎると大学生や市民ランナーがいっぱい現れます。

國學院や法政の学生ランナーは、かなり速いペースで周回してます。
我々、市民ランナーとは、さすがに練習量、走力の差を痛感します、、(笑)

真剣な眼差しで走る彼らを見ていると、自分も頑張ろう!と力が湧きます。

AM7:00 白樺湖を5周を走り、プチ合宿が無事終了。
涼しい場所で練習すると疲労度も少なく感じるから助かります。
酷暑の平地を思うと、8月中は滞在したい気持ちでいっぱいでした。

平地では、連日35度を越える酷暑が続いてます。(倒れそうです!)
まだまだ数週間は、暑い日が続きそうな気配です。

盆休み&プチ合宿4日間でなんとか100km走破。8月もあと半分少々。
夏バテしないよう頑張ろ~~!!(でもあっつい!!)

ところで気がつけば、今日でブログ開設1周年。なんとか無事1年過ぎました~!!
今後もマラソン同様、マイペースでゆっくり行きたいと思っています。
2007.08.17 Fri l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
愛工大名電、3年連続初戦敗退、、残念です。
3年連続で夏に甲子園で校歌を聞くことは、できませんでした。
(昨日まで仕事のため、今年も甲子園へ応援に行けませんでした、、残念!)

倉野監督、選手も全力で戦った結果です。
甲子園で勝つこと、優勝することは大変なことなのですね。

来年の選抜、夏と再び甲子園出場、全国制覇を目指して頑張ってください。
選手の皆さん、お疲れさまでした!

その夜、ナゴヤドーム。名電敗戦の悔しさを、名電OB、中日堂上剛が巨人戦で
見事なサヨナラ弾で晴らしてくれました~!

甲子園、高校野球がすべてではありません。イチローも通過点だと言ってます。
この夏の経験を今後の野球人生に大いに生かして欲しいと思います。

難病と戦いながらも好投した柴田章吾選手、ナイスピッチングでした!!
今後も野球が続けられることをお祈りします。プロ目指して頑張って!!
2007.08.12 Sun l 野球 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ランニングシューズのソールは、軽量になっただけ減るのも早い気がします。
貧乏人なのでシューズをたくさん買うこともできません。ソールの一部が、
減るだけなのでまだ履けますが、ソールが減ったシューズを履き続けると
やはり故障の原因になります。

shoegoo2
↑ソールの外側だけすぐ擦り減ります。白い部分が出すぎると補修も難しい。

擦り減ったソールを補修すれば、まだまだ十分履けます。
なんと言ってもソール補修には、↓このシュー○ーです!!

shoegoo1
↑アメリカ生まれのシュー○ー

高校時代、投てきブロックの同級生に教えてもらったのが最初です。
(多分その頃、日本で発売が開始されたと思います。)

砲丸投げ、ハンマー投げなど投てきシューズのソールってすぐ減るんです。
その投てきシューズのソールの補強に使ってました。
それ以来、自分もマラソンシューズのソールの補修に使い始めました。

最初に、擦り減ったところにシュー○ーを着ける前に、紙やすり(ペーパー)を
かけておきます。

shoegoo3
1.ソールの部分にマスキングテープなどを貼りはみ出ないようにしておきます。

shoegoo4
2.シュー○ーを適量つけます。

shoegoo5
3.ヘラでシュー○ーを均等に伸ばします。

shoegoo6
4.12時間~24時間で乾きます。

翌日には、しっかり乾きますので練習に履いても大丈夫!
しっかり乾いてなかったりするとすぐに補修した所がめくれますが、また
補修すれば大丈夫です。これで3ヶ月~半年間は、長持ちするかなぁ?

あまりソールの補修を繰り返しても、白いクッション材の部分は、タレて
きますので怪我の原因になると思いますのでほどほどにしてください。

自分は、シュー○ーのお陰で随分、シューズ代の節約になったと思います。
なにぶん小遣いも少ないちょー貧乏人ですから…(笑)

シューズを大事にするのは、中学、高校時代に新しいシューズが欲しくても
今の子供たちのように親が簡単に買ってくれることもなかったこともあるし、
値段も以前より高くなったからですね~!

でもホントは、シューズを大切にすると良いことあるかなって思ってます!(笑)

貧乏人の自分は、練習すればするほど懐が淋しくなって行きます、、、(泣)

(ちなみに娘には、パパの棺桶にはマラソンシューズを忘れずにと言ってあります。)
2007.08.11 Sat l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
暑いこの時期は、練習でも相当汗かきます、、かなりの量が出ます。

先日の30km走を終えた頃には、ランパンもシャツも汗でビショビショ、
シューズも汗でグッショリです。
これが乾くと、下駄箱で相当な悪臭の元に…かなり臭い、、(汗)

強烈な汗臭さなので、娘に「お父さんのクツって臭すぎ!!」と怒られます。
(でも、お前のバレエシューズも臭いんですけど、、、)

冬は、あまり臭わないけど、この時期は、特に臭いです!!
だから自分でシューズもしっかり洗います。(←実は、シューズ洗うの大好き♪)

中学時代からシューズを洗うの結構、マメにしてます。
(マラソンシューズは普通のクツに比べても高値で特別なモノでしたから)
それになんと言ってもシューズは、ランナーにとって唯一の道具ですから。

shoes1
↑洗ったら型崩れ防止と乾きを早くするために新聞紙を入れてます。

でも綺麗にしたからといって、足が速くなるわけじゃないんだけど、、、
汚れたシューズより、綺麗なシューズの方がやっぱ気持ちよく走れます!

この後、乾いたらソールの補修をします♪
続きは、また後日アップします。(←この時期、なにかと忙しいので…)
2007.08.09 Thu l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月の予定は、走り込み月間。日曜の練習は、暑さを避け西尾平原の滝へ。
往復5kmの平坦なところが一切ない林道コース。以前は、砂利道だったそうだ。
現在は、しっかり舗装されているのだが、車が通ることがほとんどなく安全に
練習できる場所でもある。

往復5kmのコースをひたすら上っては下るを繰り返すこのコースは、かなりハード。
しかし、多くの市民ランナーが早朝より練習にやってくる。

サロマ湖100kmマラソン優勝者や、フルマラソン年齢別ランキング全国1位の
ランナー達もトレーニングにやって来る、知る人ぞ知る、練習コースなのだ。

先日は、ナイター陸上を欠場したこともあり早朝6時半から30km走。
しかし、このコースの疲労度は半端じゃないっす!

25km過ぎでサロマ湖ウルトラマラソン優勝者のM田さんに抜かれる、、(汗)
走りながら、「今日は、何本(何km)走るんですか?」と聞いてみれば…

「これでラストだから10本(50km)かな」って、、ど、どんだけぇ~~!!

ホントに凄い人だなぁ~~。登りもついてけねぇよ~~。

練習後は、滝に打たれて疲れた筋肉をアイシング。
(M田さんや、N澤さんは、入念にアイシングしてます。)
M田さんは、前日もこのコースを25km走したそうである。
(なんとウルトラの前は、2日で100km走るらしい、、、恐ろしい~人だ)

この人たちと同じペースで練習するのは、故障するか強くなるか紙一重?
しかし、その前に一緒に練習できるチカラがないのである、、(泣)

まさにこのコースは、マラソンランナー養成所“虎の穴”。
今年の夏は、この“虎の穴”で走り込む覚悟なのである!!
2007.08.08 Wed l マラソン l コメント (6) トラックバック (0) l top
盆休みを控え、夏祭りのイベントや仕事に追われ超多忙の日々が続いている。
正月前とお盆前、毎年のことなのだが、今年は、特に忙しい。

先週は、鈴鹿8耐に始まり、岡崎観光夏祭り五万石みこし、大花火のイベントに
リフォーム工事の着工と竣工、ナイター記録会とスケジュールは、ビッシリ。

しかし、世の中自分の計画通りに行きません。どうしても仕事優先となり、
先週末のナイター記録会は、残念ながら欠場となりました。(テンション

8月の予定は、走り込み月間。これだけは、予定通りに消化しなければ…
しかし、盆休みは、信州へ旅行。こんなことで走り込み大丈夫か?

…このままだと今年も家族旅行がプチ合宿に変わる可能性大である。


気がつけば、もういびがわマラソンまで100日を切ってました、、、(汗)

7月走行距離:362km

いびがわマラソンまであと 97日
2007.08.06 Mon l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
やりました~~!!名電3連覇!9回目の夏の甲子園出場決定!!

昨日は、全国高等学校野球選手権愛知大会決勝。対戦相手は、宿敵中京大中京。
昨秋の県大会、今年の春季大会ともに優勝した今大会シード1位で優勝候補No.1。
抜群の打力と安定した投手陣、守備と戦前の予想は、他校を圧倒していた。

名電は、昨年の堂上弟(中日)のような注目される選手もいないが、機動力
と驚異の粘りで愛知、享栄と強豪校を破っての決勝進出である。

決勝戦は、雨で2日順延された関係でナゴヤドームから岡崎市民球場に。
地元なのでどうしても応援に行きたかったのだが、、、
仕事の都合上、今回は応援に行けず。(ビデオ録画したので夜、ゆっくり観戦なのだ。)

決勝は、中京が先取点を上げ主導権を取る。中京ペースで試合が進んで行く。
3点リードされた4回表1点を返し徐々に試合の流れは、名電に。

5回表、名電は、機動力を使った攻撃で一気に4点を上げ逆転。3連覇いけるぞ!!
しかし、古豪中京も5回裏に同点ホームランで追いつく決勝にふさわしい好試合。

両校とも救援投手が踏ん張り最終回へ。9回表、名電脇山選手の勝ち越しタイムリー!!
脇山選手をはじめ名電ナインのここぞの勝負強さは、見事でした。

昔の名電だと先行されると、打ち急ぎ凡打の山を築く最悪のパターンだったが、
最近は、先行されても逆転できる余裕のある冷静な強いチームになりました。

これは、名電野球部の偉大なOBの存在とその名電野球のDNAを受継いだ現役の
野球部員の確かなチカラなのでしょう。

甲子園では、再び“名電野球ここにあり!”を全国に知らしめて欲しいのである。

ちなみに今日の中日新聞のスポーツ欄は、まさに名電デー!
名電3年連続9回目の甲子園出場をはじめ、イチロー、工藤、山崎、堂上と優勝を
祝福するかのようなOBの活躍でした。名電野球、世界を制す!?


meidennews1
↑中日 堂上剛裕選手 1軍入り直後、4安打の活躍!

meidennews2
↑横浜 工藤公康投手 現役最年長4勝目! マリナーズ イチロー150安打!

megahon
↑選抜優勝記念のメガホン

さあ~今年こそは、甲子園に応援に行くぞ~~!!頑張れ!名電!!

2007.08.01 Wed l 野球 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。