上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日からの天候は、今日になっても変わらず雨。
今日は、人生初のトレイルランレースに練習がてらに出場予定だった。

ラン仲間からの誘いで、新城市(旧作手村)で開催される三河高原トレイルレース、
32kmに初挑戦するつもりだったけど前日からの悪天候で走路状況が心配なのと、
日曜朝から町内の大掃除と午後に仕事があるため残念ながらDNS。

朝、友人のTちゃんに参加引換証を渡し参加賞だけは、貰って来てもらいました。
Tちゃんに朝会った時、「こんな雨の中、山走るの嫌だなぁ…」
帰りに家に寄ってくれた時、「出なくて良かったよ!最悪で何回も転んだよ」
聞けば、救急車も2、3回出動してたらしい、、、(汗)

一緒に出場した、T橋夫妻も下りで何度も転んだそうで「もう2度と出ない!」
「下りなんかすごく怖いんだよ~!」あれぇ~走る前は、やる気満々だったのに…。

ロードランナーが、悪天候の雨の中、トレイルランをすることは危険だろうと
予想していたので、やはり少しホッとしたのでした。

最近は、トレイルランがランナーズでも取上げられて注目されて市民ランナーが
出場することが増えてるみたいですが、やはりトレイルシューズなど専用のもの
や走り方が必要なようです。いつかトレイルレースに挑戦したいと思います。

ちなみに欠場したので今日の練習は、掃除後に雨の中、幸田遠望峰山往復の32km走。
いびがわ対策練習である。とにかく山を登って下り、再び山を登り下る辛いコース。
しかしこの夏は、このコースをしっかり走ったお陰で山登りに自信がついたのである。

いびがわマラソンまで あと42日
スポンサーサイト
2007.09.30 Sun l マラソン l コメント (4) トラックバック (0) l top
今日は、早朝よりいびがわマラソンの試走。
AM4:00起床 まだ真っ暗。くんくんの散歩をしてからすぐ出発!
岡崎ICから東名~名神大垣IC経由で岐阜県揖斐川町まで約1時間45分と遠い。

先日、急遽人生初のロードレースにいびがわハーフを選択した友人Hとの練習も
兼ねた、いびがわマラソン試走である。
(中総RCの○岡さんからお誘い頂いたのですが、娘のバレエ発表会と重なって、、ゴメンなさい)

Hは、ハーフを走った後に、自転車でコースを逆走し、フルの自分を途中から
伴走するというが…「多分、走った後に、そんな元気ないんじゃない?」

ibigawakouminkan
↑早朝の揖斐川中央公民館

AM6:50 中央公民館前をスタート。途中のハーフまでのコースしか知らない
のでコースマップを片手に走る。途中ハーフとコースが分かれる約8km地点まで
マラソン初心者のHのペースに合わせて走る。6'00~6'30/kmと超ゆっくり。

しかし、友人Hのハートレートモニターは、すでに160以上。大丈夫か…
ゆっくりでいいから、とにかく最後まで歩かずに走ることとアドバイス。

約8km地点で、Hに「自転車乗れるチカラがあったら伴走に来て!」と頼んで
分かれる。ここから残り34kmは、また孤独で不安な単独走。
コースが分からないからとにかく不安だらけ。なおかつサポートもないから
給水が心配。こんな山奥にコンビニなんてありそうもないし、自販機さえも
あるのか分からない、、(汗)
ただ幸いに、気温24℃、曇り空という走るには、絶好のコンディション。

ここから先、ハーフの折り返し地点まで、コースマップを見ながら走るが…
15km地点手前の右折する道が分からず、トンネル内へ突入するも、おかしい?
ちょうど運良く、前方からジョギングする人を発見!

どうやら道を間違えてました、、(汗)戻りながら道を教えてもらう。
(看板くらいあればいいのに!と文句を言いながら走る)
折り返しまでは、ずっと上り基調が続くコースだが、予想よりもきつくない。

しかし、折り返し地点の2kmほど前で左折しなければならない道を、通り過ぎる
二度目のコース間違い。(コースマップの文字が小さくてよく読めません!)
しかしこの道が、果たして正しいのかもよく分からず折り返し点を目指す。

ここでなんとフル折返し点がよくわからない。藤橋振興事務所の北側なのか
一体どこなのか?道路にマークがない。通り過ぎて確認するも、見当たらない。
いびがわマラソンの看板があるので、多分ここじゃないかと折り返す。(約1時間55分)

後半のコースは、当然下り基調。30km以降の脚が若干心配である。
(今日の試走は、この下りが30km以降、脚にどう影響するかを見るためです。)
しかし、山奥で自販機がない!まったくない!もう給水しないとやばいのに…

24km地点を過ぎ、曇っていて幸いだが、喉が渇く。しかしコース沿いに家もない!
山の斜面から出てる湧き水でも飲むか?しかし腹痛おこしそうだし…
まだ当分、友人Hが来ることもないだろう…

しばらく行くと、道沿いに民家発見。都合よく、おばあちゃんも居る。
水道の水を空のペットボトルに入れさせてもらう。
「マラソンの稽古かい?がんばってね~」と温かいお言葉も頂き元気になる。

やはり下りが続くので、膝や腿などいろんな所に負担がかかりのが分かる。
35km以降が少し心配だ…。しばらくして29km手前で自販機発見!生き返る!

急に元気になり、残りの距離も不安じゃなくなる。ハーフ折返点までもうすぐだ。
それにしても友人Hが来ない!車ごとコルナゴが盗まれたか?
それとも予想通り、ハーフ完走でダウンして走ってこれないのかな?

後半は、5'00/kmペースで走るが、30km過ぎてもいつもより余裕がある。
ハーフ折返し点を過ぎれば、残り約10km。フルの折返しからここまでの10km、
もっとアップダウンを心配していたがそれほどでもなく一安心。

この先は、ハーフで走ったことがあるのでコースは、分かるのでもう大丈夫だ。
すでにコースマップは、汗で濡れてボロボロだ。
残り8km地点、前方より見覚えのある車が…あっ!友人H。(予想通り車だ!)

ゲーターレードを手渡しながら、「もうダメ!自転車に乗る気になれんかった!」
聞けば、15kmから残りを歩いてゴールまで行ったらしい。
「15kmからガクッとくるよ!」とアドバイスしたとおりの結果に、練習不足を
痛感するHでした。

「あと8km、40分で戻るから役場で、寝て待ってていいよ!」と伝え走る。
しかし残り5kmになるとさすがに疲れてきました。晴れてきてちょっと暑い!

堤防道路に出て残り3km。前方より、またしても見覚えのあるヘルメットの男。
コルナゴに乗って、最後の伴走に友人Hが再登場。「休憩して復活したよ!」

hirosh
↑サイクリストっぽいけど、その実力は、未だ発展途上!?

残り2kmからペースUP、堤防道路は、長く感じる、、、長野を思い出します。
でも今日は、40km走っても以前よりもかなり元気です。
橋を渡り、揖斐川町役場へ到~着!いびがわマラソン試走、無事終了。

mamo1
↑走り終わって満足。この後、池田温泉でリフレッシュ!(笑)

長野マラソン前に比べてもちょっとはチカラがついたかな?
来月は、レースペースの練習を重点に練習です。頑張るぞ~~!!

いびがわマラソンまで あと49日
2007.09.23 Sun l マラソン l コメント (11) トラックバック (0) l top
日曜は、悪天候の中、岡崎中総RCの方々とリレーマラソンに参加。
とりあえず助っ人ということですが、自分は全然大した助っ人じゃありません、、(汗)

toyota6h02
↑サッカー専用の豊田スタジアム(ゲートの所がリレーゾーン)

豊田スタジアム内外の1周2kmの周回コースを10人以内のメンバーでリレーして
6時間でいかに多く周回するかを競うこのレースは、駅伝と違って何度もレースへ
出なければならないので大変です。

今回中総RCは、M自動車の助っ人を含む10名でエントリー。目標は、上位入賞。
すでにチームの出走予定表が、A野さんの手によって作られており、それには、
周回順序、予定ラップがすでに記載されておりシュミレーションは、完璧である。

驚くことに、なんと第一走者は、助っ人のわたくし。気を使ってくれました?
でも入賞狙いならホントは、俺じゃダメでしょ~、、、(汗)

toyota6h02
↑責任重大、1走のプレッシャーで緊張気味?

予定ラップ表によると、自分の目標タイムは7'10(3'35/km)。5回の出走予定だ。
(昨年の自転車レース、鈴鹿8時間エンデューロのマラソン版である。)
これでも助っ人なのでなんとか、このノルマ表(ラップ表)をクリアが今日の
自分の目標である。2000×5本のレペと思ってアップをしスタートを待つ。

天候は、天気予報通りの雨。晴れたり、強く降ったりと目まぐるしく変わる。
雨は好きじゃないけど、暑いよりは、まだ有難い。

予定より10分遅れのAM10:10スタート。セーラー服にコスプレしたランナーが
勢いよく走る。そういえば、昨年鈴鹿エンデューロにもいたなぁセーラー服。
自転車、マラソンに限らずコスプレといえばセーラー服が定番のようである。

しかし1走は、みんな気合が入ってるから、ペースが速い、、、(汗)
1.5km地点5'03。あきらかにオーバーペースで走ってるじゃん俺って…
少しペースを落として(というより落ちた、、)リレーゾーンへ向かうが、、

次走者のU野さんがいない!しまった走る前にユニフォーム確認するの忘れた!!
U野さんも助っ人なので中総RCのユニフォーム着てなかったのでした、、、(汗)

大失敗の中継ミスで10秒以上ロス。すんません!私のミスです!!
(そんな中継ミスで、時計押し忘れ。タイムは、6'58くらい?)
次からは、お互いしっかり確認しました。(←遅すぎですが、、)

その後、チームは、実力者揃いの皆さんの力走で4位~5位の入賞圏内を走る。
これは、ますます手を抜けない!大変だ~。

そして約65分のインターバルで悪天候のコースを走り続ける…
2本目、7'04。ノルマのラップ7'10を意識して走る。
3本目、6'58。2本走って体がようやく動くようになってきた。
4本目、7'03。もう残り2本、1km3'30を意識して走るが、ラストはキツイ。
5本目、7'03。最後なので前半から飛ばして6'台を狙うが、後半失速、、(泣)

それでもなんとかノルマ表のタイムをクリアしてホッと一息。
最終順位は、6時間リレー部門5位。(残念ながら表彰は3位まで。)

今回、このチームで参加させていただき、初めてお会いした方や、久しぶりに
お会いできた方もいて、とても有意義な大会でした。
みなさん真剣にマラソンに取組んでおり大変刺激を受けました。

このリレーマラソンは、今年で最後ということで残念ですが、またレースで
メンバーのみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
みなさん、悪コンディションの中、お疲れ様でした~。

toyota6h03
↑中総ダイヤモンズのみなさん
※写真は、中総RCでこちゃんから拝借させてもらいました~。
2007.09.17 Mon l マラソン~レース完走記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
H「いつになったら自転車乗るの~?そんなにマラソンって楽しい?」

M「うぅーん。マラソン走ってみりゃわかるかなぁ…。」

H「ふぅーん。。何がそんなに楽しいのか理解できん。」

M「マラソン走ってみて、それから続ける人も一回でやめる人もいる。
 それは、その人が走ってみて感じることで言葉じゃ説明できんな。」

H「ふぅーん。。。」

M「とにかくサブスリーやったら自転車乗るからさぁ~。それまで悪ぃ!、、」

以前ブログにも書いたCOLNAGO CLXを半年前に購入した友人Hとの会話である。

長野マラソンが終わったら、一緒に自転車に乗ろうと言っておきながらも
再びマラソン練習を続ける自分を見て、ホトホト呆れる友人Hなのであった。

先日、その友人Hから久々のメール。

H:10月末渥美半島でサイクルイベントあるから行きません?

M:いびがわマラソン直前だから無理。

H:いびがわマラソンいつでした?

M:11月11日だよ。10月に試走行くけど自転車で伴走する?

H:試走?

M:当日タイムを狙うためにコースを一度走っておくのだよ。
 どう行く気ある?

H:いいですけど、どこ走るの?

M:いびがわマラソン公式ホームページにコース図があるよ。
 yahooで検索してみて

そして翌日、再び携帯に彼からメールが…

H:わかりました。まだエントリーできるんですね。
 出ようかな(ハーフに)

M:おぉー出なさい。ハーフなら完走絶対出来るから。
 エントリーは9月末まで。

そして翌日、電話が…

H「ハーフにエントリーしました。ところで靴は買った方がいいかな?」

M「えっ。。。(←絶句、、シューズもないのか?大丈夫か?)」

このような状況でハーフにエントリーした友人H恐るべし!(かなり心配!)

…ということでコース試走の伴走へ誘ったはずが、なんとハーフ初出場が
決まったのです。市民マラソンなど過去一度も出場したことがない友人H。
そんな彼がまさかマラソンにそれもハーフに出ようとは…予想外の出来事です!

これでますます楽しみになった11月のいびがわマラソン。
初サブスリー、初ハーフ完走達成されるのでしょうか?
皆さんお楽しみに!(笑)

ところで、完走して彼がマラソンに目覚めたらどうしよう、、(汗)
マラソン転向することになったら…

まぁいいか!その時は、彼のCOLNAGO CLXを安価で譲ってもらおう!!
2007.09.15 Sat l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は、日曜なのだが10時から仕事の為、午前9時までにどうしても練習を
済ませなければならない。練習の予定は、40km走。
逆算すると午前5時半から走らなければ終わりそうにない…
起床は、午前5時だ。(あぁ、眠い、、、zzz)

来週は、豊田リレーマラソンなのでどうしても距離走をしておかねばならない。
夏バテのピークもあり、かなり身体が重く気が乗らないが…2ヶ月後のため
半年振りの蒲郡竹島まで往復40km走の敢行である。

長野マラソン前に4度こなしたこのロング走。これで自分の今の走力がわかる。
しかし、冬と夏の違いは大きい。給水の不安もあったが、午前中の予報は、曇り。
なんとかなるだろう…と思って走るも、竹島からの復路は、雲が晴れ太陽が、
しっかり出てとてもツライ単独走でした。

午前6時前の国道1号線を一人、東へひた走り、本宿から薄暗い鉢地坂トンネルを
抜け蒲郡竹島まで山越えする孤独な40km走。この孤独な練習は、脚力強化も
あるが何といっても精神力が強化される。
(LSDは、大勢で走る方が楽で好きなんですけどね、、)

この孤独な距離走が、マラソン練習に一番大切だと思っている。
レースは、自分一人で最後まで走らなければならないのだから…

いびがわマラソンまで あと62日
2007.09.10 Mon l マラソン l コメント (6) トラックバック (0) l top
昨年11月7日、無謀にもフルマラソンサブスリー挑戦をブログで宣言して早305日。
4月の長野マラソンでは、サブスリー達成の思いも届かず3時間14分台に終わる。
気がつけば長野からすでに5ヶ月、サブスリー宣言から10ヶ月が経過していた。

この間の走行距離は、3,395km。岡崎~東京まで5往復と半分の距離である。
箱根駅伝なら約16回分(160区間相当)となる。
そうやって聞くと結構、すごい距離だな~…などと我ながら思うのだが、マラソン
ランナーにとって月間走行距離340kmなど、決して多くはないのです。

世界のトップランナーになると月間1,000km以上は、当然のように走るのだから、
それに比べれば約3分の1程度の走行距離。
1000km以上など自分には到底不可能な未知の走行距離である。

サブスリーの市民ランナーの多くは、月間400km以上走っているようであるが…
自分は、330km程度でも練習内容次第でサブスリー達成は、可能だと信じている。
…というか、休みが少なく練習時間があまり取れない環境でも、いかに効率良く
練習すればサブスリーができるか模索している最中なのである。
(実は、かなり楽しんでやってます♪ちょっと変ですけど、、)

サブスリーを達成したら公開したいと思いますが、それまで企業秘密ってことで…(笑)
(↑知りたいという方もいないと思いますが…本音は、まだ少し自信がない、、)

いびがわマラソンまであと64日。これからの2ヶ月間がとても大切です。
長野マラソンは、練習、調整とも驚くほど上手く行き過ぎました。
いびがわは、そんなに上手く調整できるとは思えませんが、レース当日までに
しっかり予定通りに練習ができればそれで十分満足です。満足できる練習が
出来ていれば結果は、自ずと付いて来ると思ってます。

いびがわマラソンのスタートラインに自信を持って立てるように、頑張るぞ~!!
2007.09.08 Sat l マラソン l コメント (3) トラックバック (0) l top
…ってことは、な、な、なんと今日は、自分の誕生日でした♪
(遂に40代の中間点。マラソンなら27~28km地点あたりでしょうか?)
本日Happy Birthday!の一番の有名人は、、何故だか“ドラえもん”!?

“ドラえもん”…ってアニメキャラで架空の生き物なんですけど、、
そんでもって人じゃないし、、(汗)

おぉーっとYahooのトップに今日は、ドラえもんの誕生日!って出るじゃん!!
…やっぱドラえもんが一番の有名人かもしんない。

お陰で、ドラえもん=mamoさんの誕生日と記憶してくれている人たちからは、
とりあえずお祝いのメールが届いたりして、、あははっ(笑)

実は、ドラえもんと一緒の誕生日というのは、かなり嬉しいのである。
ラジオを聴いていれば、「今日は、ドラえもんの誕生日です!」って必ずどこかの
放送局のパーソナリティーがネタにしますから、忘れてても思い出しちゃうのだ。

しかし、もうこれ以上歳は取りたくないですっ~。加齢と共にサブスリー達成が
毎年困難になって行くのですから、、、(泣)

気がつけば、いびがわマラソンまで2ヶ月少々。45歳での最初の挑戦です!!

8月走行距離:420km
(↑目標には、少々足りなかったけど充実した練習ができました~♪)
今月は、気合を入れてさらにワンランクアップの練習です!

いびがわマラソンまで あと69日

2007.09.03 Mon l どうでもいい事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
雨中の早朝練習を終え、即行で世界陸上女子マラソンをTV観戦。(ビデオ録画)

残り2km、40kmからの土佐選手の走りは、すさまじかった!!
38km地点ヌデレバがペースアップ。なんとか先頭集団の後方に着くが、、
39km地点で徐々に遅れだすが、、
給水を取った後気合を入れて再び先頭集団を猛追!!

土佐選手の死力を尽くして走る後ろ姿を見たら、目頭が熱くなってくる!

「頑張れ~土佐!!あきらめるな~!!」テレビの前で叫ぶ!

40km地点、まだ10m遅れで4位。あきらめずにひたすら腕を振って走る土佐選手。
そして遂に、遅れだした中国選手をかわし3位に上がる!

うぉ~~やった3位だ!!もう鳥肌がたち、涙があふれる、、(涙)
頑張れ土佐~!もうあと少しでゴールだ!!

今大会、不振が続いた日本選手陣、最後の最後でメダルが獲れるぞ!!
後ろを振り向くことなく前だけ見て必死に走る姿に感動です。

2位の中国周選手を捕らえるのは、無理か、、、そしてスタジアムへ入る。

土佐選手を迎える割れんばかりの観衆の声援が、また心を打ちました~。
凄いよ~土佐選手。ホントに最後まであきらめずに全力で走る姿に、多くの
人が感動したはずです!!

最後まで死力を尽くした土佐選手、見事3位でゴール。銅メダル獲得!!
土佐選手おめでとう!!そしてありがとう!!

最後の3km、約10分間を我慢できるか、できないかでその結果が変わります。
土佐選手の最後の強さは、やはり人間力なのでしょうか。
彼女は、ひとりの人間としてもとても素晴らしい女性だそうです。
人としてランナーとして見習うことが多すぎます。
(↑爪のアカを飲ませてもらいたです!ホントに、、)

自分も少しでも、土佐選手のような走りができるように頑張ろう!!
それには、まず人間力をもっと磨かねば、、、(汗)


これで土佐選手の北京五輪マラソン代表内定決定。残りの2名を争う女子選手の
今後の選考レースは、大変です。今回も選考に一波乱ありそうです。
2007.09.02 Sun l マラソン l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。