上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
年末の忙しさに追われる日々、、ようやく久々の更新ですが…今週から右膝がおかしい、、
ついにやったかな、、久々の故障!?

来月は、市民駅伝も控えてるし、長野に向けて走り込みを始めなければならないのに…
無理したら悪くなる一方かも、、、しばらく身体を休ませろという神様のメッセージかな…

走りたい気持ちを抑えて、年内は、しばらく休養です。(ちょっと無理し過ぎたかなぁ?)

ところで明日は、京都、都大路で全国高校駅伝です。
愛知代表は、男子・豊川工業高(10年連続10回目)、女子・豊川高(初出場)。

男女共、豊川勢で上位入賞する可能性大である。女子の豊川は、1・2年生のみだが、優勝
する可能性もある。仙台育英、絹川選手の欠場は、残念だが優勝争いは、面白くなりました。

明日は、愛知勢の活躍を期待して、ゆっくりテレビ観戦です。
毎年思うが、やはり高校駅伝は、自分にとっての原点を思い出させてくれる大会なのです。

全国高校駅伝、高校生諸君の健闘を祈ります!
スポンサーサイト
2007.12.22 Sat l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は、いびがわマラソンの追試、、、袋井クラウンメロンマラソン。今年最後のレースです。
袋井メロンマラソンのフル出場は、なんと12年振り。この時のフルを最後に、今春の長野まで
フルマラソンを走ることは、ありませんでした。

当時33歳、娘が産まれる約一ヶ月前。大会の会場は、エコパではなく袋井商高が会場と
一際、ローカル色いっぱいの大会でした。
子供が産まれる直前で気力も充実、十分練習して望んだのでしたが…結果は、惨敗!

サブスリーペースで突っ込みハーフを1時間30分で通過したものの26km過ぎで悪夢の痙攣。
その後、走ったり歩いたりで3時間50分台でゴールという苦しいレースでした。

それなりに練習したものの(←今思えば全然足りなかったです。)散々な結果に、自信喪失。
「もう二度とフルは…もういいや、、」と決めたのでした。
その後は、娘が産まれ子育てと仕事にと追われる日々が続き、走る時間も気力も一気に
なくなっていったのでした。(この後、40歳過ぎまでレースには、一切出場しませんでした。)

あれから12年…再び袋井クラウンメロンマラソンのフルに参戦です。
…といっても先月のいびがわの追試。練習の一環の出場ですが、最低でも自己記録更新。
できれば、3時間5分~10分のタイムが今回の目標です。(できればメロンもゲットしたい!)
概ねペースは、22分/5km。最後までイーブンペースで走る予定です。

スタートは、AM9:30。天候は、晴れだが風が強く、とても寒かった~。
コースは、12年前とは全く違う。初出場とほとんど同じでまったく分からない。
とにかく何度も曲がって走るコースで、前半は下り基調、後半上りが多く、最後に強烈な
上り坂があるらしい。

スタート直前、昨年出走した中総RCの○岡さんから「30kmからがスタートで36kmが折り返し
という感じで走るといいよ!」とアドバイスを受ける。
30km以降に備え、とにかく前半は、抑えて走ればということでしたが、、、

結果、この貴重なアドバイスは、役立つことも無く、30km以降の上り坂で一気に失速。
下り坂でまたしても悪夢の痙攣…再び辛い後半残り7kmでした。


昨日は、ハートレートモニターを付けての初めてのレース。最近、練習した時の心拍数は、
150~155の数値だった。これくらいの心拍でのペースでいいのかな?
(↑適当な数値は、一体どれくらいなのでしょう?)
とにかく気にせず走ることにしたのだが、スタート後の心拍が160位といつもより高い。

ペースは、まったく速く感じないのに…。10km以降は、155~152の辺り、痙攣後は、
140台と下がる。このデータをどのように理解して良いのか、実は、よく分かってない、、(汗)

自分なりに考えてみると多分前半のペースは、時計のタイムを見て楽に感じていたのだが、
実は身体的には、心拍も上がり気味で乳酸等の疲労が早くから出ていたということでしょう。
今思うと15km過ぎからは、腰に張りを感じ脚も重く感じ始めていました。

いびがわマラソン後、しっかり休んだので疲労は、抜けて身体は軽く感じていたのだが、
やはり追い込んだ練習は、まったくしていなかった結果かもしれません。スタート後、
久しぶりのレースペースと最初の1kmが速かったせいかもしれません。

やっぱ「練習は、嘘つかない」ということで…ハートレートモニターは、今後役立ちそうです。


レースは、痙攣後もペースダウンするが歩くことなく何とかいびがわ同様のラップタイム
3:05:02であと2km地点を通過。ラスト2kmを10分で行けば、なんとか15分が切れそうだ!

最後のパワージェルが、ようやく効いて来た。エコパが見えてきて急に元気になる。
残り1kmから抜かれたランナーを抜き返す。スタジアムに入ると時計は、まだ12分台。
頑張れば、13分台だ!!トラックに入りラストスパート。

すぐ前を走るランナーに並んだ一瞬、ふと「飛び賞のメロン」を思い出した。
32km地点で104位だったはず、、あれから14、5人抜いたから、、ちょうど90位くらいかな?

大体、こういう時は、抜かれた方に賞品が行くんだな…と考えるが、タイムが優先なので
迷わず残り300m、脚を攣らせながら走り抜き去りなんとかゴールイン!

3:14:08(総合89位) 残念ながら14分は、切れませんでした、、まだまだ力不足!
そしてなんと飛び賞90位のメロンも最後に逃しました~残念!!

なんとか最低限の目標達成ですが、メロンが…(泣)。やっぱ抜かなきゃよかった~、、(泣)
ラスト2kmだけ頑張れたから追試は、とりあえず落第ギリギリの合格点でしょうか、、、(笑)

来春の長野マラソンは、100点満点の走りができるように練習あるのみです!!

■正式記録
3時間14分8秒(総合89位・部門31位)←飛び賞のメロンは、総合順位30位毎。

LAPTIME
5km 21:18
10km 43:12(21:54)
15km 1:05:36(22:24)
20km 1:27:51(22:15)
25km 1:50:34(22:52)←給水失敗
30km 2:12:41(21:58)
35km 2:37:39(24:58)←長い上り坂後の下りでまたしても痙攣!
last2km 3:05:02(27:23)
Finish 3:14:08(9:06)
2007.12.10 Mon l マラソン~レース完走記 l コメント (6) トラックバック (0) l top
明日は、袋井クラウンメロンマラソン。いびがわの追試です。

秋の本命レース、いびがわで失敗したら出場しようと思ってエントリーしていました。
夏からしっかり練習したつもりなのに…いびがわでは、不完全燃焼

練習のつもりで走る予定が、いびがわ後にしっかりリフレッシュしたのが幸いして
いびがわ前よりも調子が

夏から慢性的なアキレス腱痛だったけど、こちらもようやく治ってくれました。

いびがわマラソンから約一ヶ月、いろいろと考えましたが、必要以上にサブスリーを
意識しすぎてたかもしれません。もっと気楽に走ればいいのかなと…

福岡国際で勝った佐藤選手が、「今までマラソンを難しく考え過ぎていた」
というような事を言ってました。自分とは、レベルがまったく違う世界の
ランナーだけど、ふと自分も「サブスリー」を難しく考え過ぎてるのかもと…

自分は、市民ランナーなのだから、とにかくもっとマラソンを楽しめばいいんだ!

いずれその結果は、自ずと表れるものだと思うのです。
やはりマラソンとは、人生そのもの。もっと楽しまなければ、、(笑)

明日は、飛び賞のメロンを狙って楽しんで走ります!!


2007.12.08 Sat l マラソン l コメント (2) トラックバック (0) l top
遂に手に入れました~!最終秘密兵器!!
↓何かというととこれ!!

timex
↑TIMEX のハートレートモニター(旧モデルだけど大満足!)

先月行ったベガスのカジノで幸運にもスロットルで大当たり~!

翌日、ベガスのアウトレットに直行。以前から欲しかったハートレートモニターの
腕時計を遂に買っちゃいました!TIMEXの旧モデルですけど、、(笑)

セールで定価の半額以下と超お買い得何とたったの42ドル(約4600円)。

先日、初めて試しに使ってみました。最初は、胸に装着するベルトに違和感が
あったけど走っているうちに気にならなくなりました。

でもベルトをつける時、少し変な気持ち…女の人のブ○みたいなんで、、(汗)

これで今度の日曜の袋井クラウンメロンマラソンは、自己記録更新間違いなし!?
2007.12.06 Thu l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
明日は、福岡国際マラソンです!…と言っても出場するわけじゃないですが、、(笑)
福岡と聞くだけで何故か、昔から身が引き締まります。

中学、高校時代は、ドキドキしながらテレビの前で正座してスタートを待ち続け
テレビ画面の一流選手の強さと速さに憧れたものでした。
少年時代から自分にとって福岡は、マラソンの聖地、特別な存在なのです。

招待選手に新旧日本記録保持者の高岡寿成、藤田敦史の両選手がエントリー。
他にもアテネ五輪5位の油谷 繁選手、佐藤敦之選手の中国電力コンビに、
30km日本記録保持者の松宮祐行選手と北京を狙う有力選手が勢揃い。
レースを見る側にとっては、楽しみな今年のレースです。

海外招待選手4名(ポール・デルガド欠場)国内招待選手6名、海外一般参加4名、
国内一般参加(Aグループ:79名・Bグループ:447名)計540名が福岡を走ります。

国内一般参加Bグループの出場資格は、2時間45分以内。(←大変なタイムです)
今年も数多くの市民ランナーのエリート選手が出場します。(羨ましい!)
人一倍、努力したランナーのみ福岡出場を成し遂げられるのです。

自分には、まだ30分短縮しないと出場資格がありません、、(汗)
まだまだ修行がかなり足りないようで、、、(泣)
いつかは、聖地を走れるようにひたすら努力あるのみです。

選手の皆さんの健闘を祈ります!(特にNo.235・No.225の両選手頑張って♪)
2007.12.01 Sat l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。