上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、現役最年長投手、工藤公康選手の横浜ベイスターズへの移籍が決まった。

工藤投手は、今年プロ26年目。平均選手寿命が9年と言われるプロ野球の世界で
もう25年間もプロ野球のマウンドに立ち続けている。

西武、ダイエー、巨人と在籍した球団ですべて日本一に導いている。
とりわけ日本シリーズは、素晴しい活躍をしている。
まさに優勝請負人と称される活躍をしてきた。
(↑是非、中日ドラゴンズに来て欲しい!イチローと共に、、)

この工藤投手、拙者と同じ高校で一学年下である。彼をいちおう一年の
時から知っている。(彼は覚えてないだろうが、、)

野球部と陸上部のグランドが隣り合わせということもあったのと、野球部に
クラスメイトがいたので練習をちょくちょく見ていたのである。

拙者が高1の夏、当時の野球部中村監督が赴任されてきた。
最初の仕事が工藤投手の勧誘だったということを聞いた事がある。

彼は入学してからずっと春日井の野球部の合宿所から名古屋千種区の高校まで
毎日、往復走って通学した。(片道約10km。投手以外はスクールバスで通学なのだ、、)
これは、中村監督が気を利かせ、上級生のいじめ(昔はどの部活にも当然あった)
から彼を守るために走らせたということのようである。

そして彼は2年の時から、エースとしてマウンドに立っていた。
同じクラスの友人が野球部の捕手で、彼の球を受けていたこともありよく話の
話題にもなった。

彼が高2の夏の県大会、対享栄戦で拙者達の応援もおよばず完敗。
同級生野球部の夏が、、高校野球が終わった。
3年であった拙者にとってこの試合は、特に印象的であった。

しかし、この試合が工藤投手を成長させたのである。(本人談)
http://www.giants.jp/G/person/kudou/chapter07_1.html

そして彼が高3の夏、甲子園出場。準決勝で報徳に敗れるがベスト4。
1回戦、対長崎西戦ではノーヒットノーランも記録した。

ノンプロの熊谷組入社が決まっていたが、西武からドラフト6位で指名され
82年西武ライオンズに入団。その後の活躍は周知の通りである。

正直、彼がここまでのプロで活躍するとは想像もしなかった。(ホントに失礼)
まだプロ入り間もない頃は、高校と同じやんちゃ坊主であったが、結婚を機に
プロ野球人として切磋琢磨し、以前のような振舞いは影を潜めどちらかといえば
徹底した自己管理のできる選手として注目されることが多くなった。

拙者とたった一つ下で今年5月に44歳になる彼が、今もプロ野球という厳しい
世界で活躍する姿に頭が下がる。そしてとても勇気付けられるのである。

彼の努力、精進は我々の想像より遥かに厳しいものである。少しでも見習わなければ、、

今回の移籍は、FAで横浜から門倉投手が巨人に入団し、プロテクトされてない
工藤選手が横浜へ移籍ということになった、、、
巨人は工藤投手を戦力外、いらないという決断であった。

しかし彼は、先日の報道ステーションのインタビューでこう語った。
「自分が球団首脳だったら43歳の投手をプロテクトしないでしょう」、、と
巨人について批判することはなかった。

「普通の人が会社でクビと言われたら行くところもないのに、まだこの年齢の
選手を欲しいと言ってくれる球団があることに感謝したい、、」と語った。
(↑このインタビューを見て工藤選手がまた一段と大きくなったように感じた)

野球人、工藤公康選手の今後の活躍を期待してやまない。

スポンサーサイト
2007.01.13 Sat l 野球 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

工藤投手のおかげで、わが故郷の福岡ソフトバンク(当時ダイエー)ホークスは力がつき、プロらしい球団になりました。父は西武ファンだったので工藤投手は好きでした。(一番は今中投手です!!)
プロであるからには、お金をもらって野球するのであれば、という考えの基、自分の心身の限界に挑む5児の父は強い!逞しい!本当に見習うこと多しです!
2007.01.14 Sun l 田舎侍. URL l 編集
ダイエー時代に城島選手を一流に育て上げたのは、工藤ちゃんと若菜コーチの
存在が大きかったような気がしますが、、、工藤ちゃんは、ホントにプロ意識が高く、
自己管理やトレーニングをしっかりやってます。若い選手のお手本です。
一年でも長く現役選手で投げ続けてほしいですね~。
高校時代はカリメロみたいだったのに、、、
イチローも凄いけど、それ以上に工藤選手も凄いです。
今中選手もいいピッチャーでした、、本人も言ってますが、もうちょっと
自己管理できれば、まだまだ投げれたのに、、引退は残念でした!
2007.01.14 Sun l mamo. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/116-0e1b12a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。