上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日の甲子園決勝、広陵(広島)対佐賀北(佐賀)戦。
昨年の早実対駒大苫小牧戦に匹敵する好ゲームだった。

まさに筋書きのないドラマ。こんな試合があるから高校野球は、面白い。
誰もが広陵の優勝だろうと思っていたはずである。7回まで1安打に抑えられた
佐賀北がまさかの満塁ホームランで逆転!!(鳥肌が立ちました~!)

NHKラジオのアナウンサーの実況も凄かった。絶叫して声、裏返ってました!
しかし、それほど興奮させる、副島選手のまさかの一発でした。

開幕戦、延長再試合、サヨナラゲーム、逆転満塁ホームランと佐賀北に始まり
佐賀北で終わった今大会。
最後まで自分たちを信じてプレーする彼らに感動と勇気をもらいました。

「甲子園では私立も公立も関係ない。同じ高校生同士、人間同士。
夢中で白球を追うだけ」

佐賀北高、馬場選手のこの一言に感動するとともに、佐賀北ナインの精神力の
強さをあらためて感じました。

最後まであきらめないそのひたむきな姿が、多くの人々を魅了したのである。
そして公立進学校の優勝は、すべての高校球児にとって励みになるであろう。

がばい、、凄いぞ!佐賀北高。優勝おめでとう!!
スポンサーサイト
2007.08.23 Thu l 野球 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

帝京高校戦も凄かったです。
TVの前に釘づけ状態、両チーム共凄い守りで
もしかまた再試合じゃ?なんて、思ってしまいました。

最近の高校野球をとりまく環境は
特待生問題など、大会前にはいい話題がなかっただけに
佐賀北高校の優勝は「これぞ高校野球」って原点を見つめ
直す、また気付かされたものだったのではないでしょうか。

とにかく優勝おめでとう佐賀北高校!!

PS
シューズを洗って中に新聞紙を入れて乾燥効率を高める
方法は目から鱗でした。さっそく実践しています。
mamoさんありがとうございました。
2007.08.23 Thu l chyorin. URL l 編集
chyorinさん>
こんちは~。今年の大会も、九州勢が強かったですね!
最近は、長崎清峰とか私学の強豪校を倒したりと健闘してます。

chyorinさんの仰るとおり、今年の佐賀北高の優勝は、「文武両道」と本来の
高校野球、部活動の原点を多くの人たちに振り返させるよい機会でしょうね。

シューズに新聞紙を入れることは、高校生の時先輩に教えられました。
1500m障害(当時)は水濠を走るのでスパイクが水浸しになるのです。
予選を走ったあと決勝までの間に、スパイクの中に新聞紙を詰めて短時間で
なんとか乾かせました。この当時の経験が、結構役立ってますね!(笑)
2007.08.23 Thu l mamo. URL l 編集
私は隣県佐賀北ではなく光陵を応援していました。これは、九州にいて中日を好きなことと一緒ですが、チーム構成が私好みだから。
エースがいて、センターラインがしっかりしている。素晴らしいチームに育ってます。寄せ集めといわれればそれまでですが、馬場選手の言葉は私立の選手も一緒。どこから来ようが、あの素晴らしい甲子園で野球がしたくてたまらない選手ばかり。
勝負は終わるまでわからない。あきらめたり、弱気になったほうが負ける。そんな教訓をまた教わった夏でした。素晴らしい夏を高校球児にこうべをたれます。。。ありがとう!!
2007.08.24 Fri l 田舎侍. URL l 編集
田舎侍さん>
広陵は良いチームでした。実力的には、佐賀北よりも遥かに優れてました。
ただ優勝するには、かなり運(審判?)も必要なのでしょうね。
観衆も審判も見方にする(笑)佐賀北ナインの一生懸命さは、凄かった!
やっぱ、勝ったチームが強いのですね。
マラソンもいいけど高校野球もいいです。
2007.08.25 Sat l mamo. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/210-d1f4b583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。