上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
皆様、大変ご無沙汰しておりまして申し訳ありません。
久々のブログ更新となりました、、、(汗)

気がつけば、北京五輪も開幕し陸上競技も後半戦に突入してきました。
仕事と練習が忙しく(←ホントかな?)オリンピックの前半戦の記事を
アップする機会をすっかり失ってしまいました~(笑)

日本陸上勢は、未だにメダルゼロ。野口選手の欠場からどうにも流れが
悪い方へと行ってるような、、、でも冷静に見れば、実力通りなのかな?

ただ短距離のジャマイカ勢の活躍は、凄いです!!
アメリカ勢をすっかり蹴散らす勢いは、驚くばかりです。

100m決勝のボルトは、(欽ちゃん走りで)流して世界新記録!!
昨夜、200mも驚異的な世界新記録でカール・ルイス以来、短距離2冠
を見事に獲得…まさに別次元の速さです!

10000mのベケレのラストスパートも凄すぎ!…ラスト53秒って、、、
前世界記録保持者のゲブレシラシエもトラックでのスピードは、太刀打ち
できないとは、、、ベケレの5000mとの2冠獲得も可能性大です。

男子マラソンの世界記録保持者ゲブレシラシエのマラソン欠場は、寂しい
ですが、日本勢のメダル獲得の可能性が大きくなるからいいけど、やっぱ
オリンピックでその強さを見たかった。

このままでは、日本陸上陣からメダルゼロという最悪の可能性も…
今後の日本マラソン界のためにも最終日、男子マラソンは、是非とも
メダル獲得を目指して頑張って欲しいです。

ところで4年に一度のオリンピックで感動することも多いのですが、自分的に
昔に比べるとかなりドキドキ感が薄い、、少し醒めた感じのような。。。

今思えば、一番興奮して見たのは、’76モントリオール五輪。中2で陸上に
熱中し出した頃で真剣にテレビ観戦したので鮮明に覚えている。

中でも強烈だったのが、ミュンヘン五輪に続いて5000m・10000mを2連覇を
達成したラッセ・ビレン(フィンランド)の走り。強かった~!!

そしてウィニングランでオニツカタイガーのスパイクを誇らしげに掲げたのだ!
北京でボルトがプーマのスパイクを掲げたが、ビレンと一緒じゃんか!
…と思ったのは、自分だけじゃないはず。

Viren

ちなみにその当時は、オニツカタイガーのシューズを履いているのは、日本勢と
僅かの外国選手。女子400mイレナ・シェビンスカ、マラソンのフランク・ショーター。

シェビンスカは、金メダル。ミュンヘンとの2連覇を狙ったショーターは、銀メダル。
アディダス全勢の時代、オニツカタイガーが世界ブランドになった証だった。

長距離2冠を獲得したビレンは、なんとその勢いで、マラソンにも出場!
なんと初マラソン(多分そう記憶しているが)にもかかわらず5位入賞。

それ以来、ラッセ・ビレンの走りと強さに心酔したのでした(笑)
当時、新旧交代過渡期の日本勢の惨敗は、とても寂しかった…

4年後のモスクワ五輪…最強のマラソン陣(瀬古、宗兄弟)でマラソン復活を
目指すがボイコットで不参加…残念無念!!
絶対に瀬古が勝てたはず、、、あわよくば日本勢のメダル独占も可能だった。

今思えば、現役選手時代の自分は、モントリオール後、オリンピックを一度も
真剣に見ることは無かったような。。。(ロスは、現役をやめてすぐだった…)


遅ればせながらお陰さまで8/17でブログ開設2周年でした、、、(汗)
最近、サボり気味だったのでこれからもう少し更新しますので今後ともよろしくです
スポンサーサイト
2008.08.21 Thu l 陸上競技 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/310-4765586c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。