上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
とうとう、この日がやって来た。。。第61回岡崎市民駅伝競走大会。
入賞を目指して再び市民駅伝出場を決意し、すでに4年の歳月が過ぎ去った。
(↑清瀬灰二みたいですが、、、ホントの話なんです)

話は、2005年夏。久しぶりに開かれた母校の中学陸上部OB会の時の話まで遡る。

4年後に定年退職を迎える恩師、K村先生のために何かやろう。。。

「市民駅伝にでも出ちゃうか!?」

「おぉ!いいねぇ~監督は、先生にするか!」

「優勝目指すか~!」

「それは、無理無理!」

「なら目指すは、6位入賞だな!!」

酒の席でのジョークとして大いにその場は、盛り上がった。
正直、自分自信もこの話を真に受けて本気でやろうとは、思いもしなかった。。。

そう、あの冬の日までは…


'95年の第46回市民駅伝を最後に、走る機会も減り、大会などへ参加することも、もう
ほとんど無く当然、チームを組んで市民駅伝に出場しようなどと考えもしていなかった。
自分にとって市民駅伝は、もう随分と遠い存在になっていた。

人間ドックで運動不足を指導され健康維持のための週末ジョガーとして走っていたが
その当時、記録を狙って走ろうとか、フルマラソンを走るなど到底考えもしなかった。

'06年冬。知人の息子が出場すると聞き応援するため久しぶりに市民駅伝を見に行った。
華の一区、沿道の声援を受け、肩から襷をかけ疾走するランナーを見て胸が高鳴った。。。

続々と目前を走るランナーの中に、一人の選手を見つけた。。!!
Y岡さん(中総RC)だった。高卒で入社したM自動車の職場の先輩だ。

ハアハアと伝馬通りを苦しげな表情をしながらも懸命に走る姿を見た時、自分の中で
パチッとスイッチが入った気がした。。。また走りたい!!駅伝に出たい!

「ヨシ!市民駅伝に絶対に出る!!」そう心に決めた。

思えばあの日、市民駅伝を見に行かなかったら、今こうしてフルマラソンを走ることも
市民駅伝に出ることも無かったかもしれない。

そして、本気で市民駅伝入賞を目指し、始動したのだった。


市民駅伝出場を目指して再始動を決意したものの、前途多難な日々が続いた。
週末ジョガーと言いつつも体重は、ベストより10kg近くウエイトオーバー。

4'00/kmで走ることなど到底不可能な状態であった。メンバー集めよりもまずは、
自らの減量からスタートしなければならなかった。。。

衰えきった体力、脚力を回復させるのは、なかなか容易ではなく、その後も無理
な練習と体重オーバーにより足底筋や脹脛など故障が続き、苦悩の日々だった。

そんな中、'06年秋。(←このブログが始まった頃)相変わらず思うように走れない時、
突如としてフルマラソン再挑戦のスイッチがパチッと入ってしまったのでした。
(その後の経過は、このブログにある通りで…なかなかスイッチが切れません)

そして、その年の暮れ、故障も治りなんとか駅伝に参加できるくらいまで走れるように
なったこともあり、現状どれくらいのレベルか確認するため、そしてこの先を考えて
'07市民駅伝に12年ぶりに出場することになったのだった。(詳細は、ブログにて…)

※当初、3年計画だったが恩師の定年退職を間違えていたため4年計画に変更していた。

その後、2度の市民駅伝を経験し区間配置を考えたり新戦力の補強を繰り返し、4年間の
集大成となる今年の市民駅伝入賞を目指しを万全の戦力で向かえた。。。ハズだった。

4年前、市民駅伝入賞を目指した'06年大会の6位入賞タイムは、1時間43分51秒。
一般男子の参加チームは、64チーム。(今大会は、107チーム)

しかし、この4年間で市民駅伝の一般男子のレベルアップは、予想以上だった。
昨今の箱根駅伝やマラソン人気も加わり、参加チームが一気に増大したのだ。

一昨年の'08年大会の6位は、1時間38分28秒。昨年は、1時間37分12秒。
約6分も記録が短縮され入賞タイムは、1時間37分台を出さなければ厳しい。
3'15/km平均で走らなければ入賞は、不可能となってしまったのだ。

今大会は、コース事情の関係で距離が30.0kmから29.5kmに短くなったので入賞ラインは、
1時間35分後半から36分前半のタイムでなければまず難しい。。。

前日、新聞折込で配布されたメンバー表を見て、さらに入賞の厳しさを痛感する。
T川工業OBで作られたチーム、強力布陣でエントリーした新チームが名を連ねる。

どう考えても我々の走力では、10位以内が限界かもしれない。。。
それも1時間40分台でなければ厳しい。誰ひとりブレーキできない状況だ。

【チーム区間予想タイム】
1区:19’30
2区:11’30(31:00)
3区:21’00(52:00)
4区:13’00(1:05:00)
5区:13’40(1:18:40)
6区:22’40(1:41:20)

前夜、最終的に出した予想は、1時間41分20秒。上手く走れば9位確保。
それでも駅伝は、スタートしなければ分からない。ブレーキがあれば一気に変わる。
昨年それを我々自身が痛感している。。。。最後まであきらめずに走るのみだ。

…続く。
スポンサーサイト
2010.01.19 Tue l 駅伝 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/429-6ef9f3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。