上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近、今さらながらですがハートレイトモニターを使った練習をしてます。
TIMEXとGARMINともに心拍計付なのに今まであまり使っていませんでした
…っていうか、心拍計を使うのが、好きじゃありませんでした。

でもこの先、練習時間に余裕のない自分がタイムを縮めるためには、心拍トレが
効率的であり必要不可欠なのでは。。。と気が変わりました。

…とは言うものの実際に、まだ使い方などがよく分かってません。
それでも心拍数で疲労度や回復度が分かるのでインターバルには、最適のようです。

ちなみに昨夜、インターバル練習で計測してみました。
1000m3'30ペースでAVE161。リカバリーで125に下がるまで約90秒でした。

半年ほど前よりも若干、数値が低くなったような気がします。
今後は、距離、ペース設定、リカバリー時間などいろいろデータを採って練習方法に
役立てたいと思ってます。

ちなみにまだ自分の最大心拍数が分かってません。。。

一般的には、220-年齢=最大心拍数…と言われてるようです。
アスリートは、210-年齢=最大心拍数…らしい。。。どちらが正しいのか?

心拍計メーカーのS社のHPでは、210-0.65×年齢=最大心拍数となってます。
そうなるとmamodasは、、、210-0.65×47=179.5

より効率的な練習は、心拍数:136~158が良いみたいです。
基本的にAT値を高めるトレーニングがやはり有効だと思います。

一年後には、数値で比較できるように毎日、計測してみようと思ってます。
また、新たな練習の楽しみが出来てモチベーションもアップ!

今度の日曜は、東海マスターズ陸上(800m・1500m)なので最大心拍数を計るつもり。
…スポーツ科学トレーニングみたいで、心拍計にはまりそうな予感です♪

スポンサーサイト
2010.06.03 Thu l マラソン~練習日誌 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

HR
仕事柄HRの考えには熟知しています。
220-年齢=最大心拍数 です。
ただ、個人差もあるので、目安と考えるといいです。
しかも、アスリート(熟練者)になると、最大心拍数は多くなると思われます。

ATorLT(乳酸閾値)でランニングすることが効率が良いです。気持ち的に“ややきつい”と感じるようなペースがそれです。

久々のコメントなのに、長々とすみません。。。
2010.06.05 Sat l 田舎侍. URL l 編集
Re: HR
>田舎侍さん
ご無沙汰してます。アドバイスありがとうございます!
やはりATペースのトレーニングが有効みたいですね。
理想のATペースがイマイチよくわからないんですけど、、、(汗)
HRMの数値から見ると3'45/kmペース位になるのでしょうか?
また色々教えてください。よろしくお願いします。
2010.06.05 Sat l mamo. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/467-97fbadcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。