上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【20km~25km】
五輪大橋の料金ゲートを通過するとコースは、中間点。通過タイム1:25:05。
後半ハーフをネガティブスプリットで走れば2時間50分切りも十分可能。。。
しかし、現実的には、100%不可能な気配になりつつあった^^;

過去のレースの経験から今の余裕度をみて後半1時間30分以内では、走れそうな感じ。
50分切りは、厳しいけど、、、長野のコースベスト更新は、余裕で出来そうだ。

中間点を過ぎると緩やかに下りが続く。一見、走りやすく感じるが自分は、この区間が一番の
苦手なポイント。毎回、走りがパタパタしてリズムが崩れる。カーボショッツを投入して後半に
備えようとした時、またmamoった!!。。。すぐ横を走る外国人の女性ランナーが手袋を落と
したことをジェスチャーで教えてくれた。拾いに戻るか?そのままペースを崩さず走り続けるか?
。。。瞬時に色々な事を考える。あっと言う間に距離は、20~30mとなっていた。

あのグローブ、SWACオリジナルだ。。。もう買えないし、、、高かったから勿体無い!
貧乏人の性が拾う事を選択。スピードを緩めてすぐにコースを戻る。
その様子を見ていた後方の集団の一人が、なんと自分のグローブを拾ってくれて手渡してくれた。
わざわざ自分のために。。。本当に嬉しかった!お礼を言ってそれから一緒に並走。
拾ってくれた彼は、すでにかなりキツそうな感じだったので意識して前を走り引っ張る。

左手に一旦、ホワイトリングを見て大塚南の折り返しに向かう。反対車線に続々と折り返した
ランナーが戻ってくる。エムウエーブでは、擦れ違えなかったアヒレスさんの姿を確認。
相変わらず快調な走りのようだ。せっとん君の集団とは、グローブを落としたこともありいつの間にか
100m以上の差が出来ていた^^;

折り返してしばらく走ると反対車線にピカチュウのでこちゃん、味噌ちゃんがサブスリー集団に紛れて走ってるのを確認。去年、自分があの走りにくい大集団の中で走っていたことを思い出す。ペースメーカーがいるから楽そうに思えるが、かなり走り辛いはず。。。味噌ちゃんがでこちゃんより心なしか遅れてるのが気になる。それでもあの二人は、後半強いから最後まで頑張らないと。。。ピカチュウコンビに負けたら何を言われるか分らん^^; 
ホワイトリング前 25km通過 1:41:52(21:17)

【25km~30km】
ホワイトリング前で給水した頃、急に右のハムが攣りそうな気配^^; 予兆も無く突然にピクン!!となった。慌てて芍薬甘草湯を服用。スタート前に飲まなかったのが拙かったか?残り17km。ここでペースダウンするのは、かなり厳しい。千曲川堤防に上がり更埴橋を渡る頃、再度右足が痙攣!!マジでヤバイ!!痙攣しないギリギリペースに落としながら松代大橋までの堤防道路を省エネ走法。腰から下を出来る限り意識せず、足を交互に押し出す感じ(表現が難しいや。^^;)キロ4’20くらいで我慢。毎回、ここの区間は、ひたすら我慢の走りを強いられる。。。
30km通過。2:03:17(21'25) ペースは、サブスリーペースを越え始めた。長野のコースベストの30km通過が2:02:30だったので、ついに赤信号点滅!!

【30km~35km】
残り12km、コースは後半の難関、ふたこぶラクダに入る。この緩やかに続く上り坂は、痙攣しそうな足にかなり堪える。それでも去年よりは、まだ余力があるのが分るのでここからは、腕を振って身体を前へ前へと進める。それでも岩野橋までがとてつもなく長く感じる。33km過ぎでルートインの女性ランナーに追い抜かれたので粘って付くも100mも付けず。。。もはや限界か!?岩野橋を渡るまでの向かい風も強く、苦しい走りが延々と続く。
35km通過。2:24:58(21'41) 

【35km~40km】
残り7.195kmを30分切ればコースベストが出る!?。。。まだ諦めちゃダメだ!コースは、追い風になったので少しは、楽になるかと思いきや。。。まったく楽にならず^^;
ペースをキープするので精一杯。。。が前方にせっとん君の姿を発見!!
急に元気が出て来た。

一番苦しい時、知り合いのランナーの存在は、大きい。徐々に差が詰まり36kmで追い付く。声を掛ける余裕もないけど、並走してゴールを目指す。ここまで来たら、若いせっとん君よりも1秒でも速くゴールへ辿り着きたい。

消防学校を左手に見ると残り5km。去年までは堤防道路を下りた所だが、今年はコース変更でそのまま堤防道路をまだ2km以上も走らねばならない。ペースを上げてせっとん君を振り切りたい所だが、最後まで持つ自信が無い。。。そのまま最後まで行けるか!?どうする?

nagano2014005.jpg

残り20分足らずの我慢で走り終えられるのに心と身体は、今すぐにでもペースを緩め止まりたい気持ですでに支配されていた。

松代大橋手前を左折、せっとん君と並んでいよいよ最後のオリンピック道路へと入る。
40km通過。2:46:38(21'40) あと2km、、、9分で戻っても55分台。。。万事休す。

【40km~Finish】
40km過ぎてせっとん君がペースアップするも気持が切れて追い付けない。正直、最低でもサブスリー達成だからもうイイじゃん!よく頑張った!!…って気分で最後の2km、沿道の声援に感謝しながら長野オリンピックスタジアムを目指す。

秋のいびがわから5本目のフル。これで防府、別大、静岡に続いてのサブスリー達成だ。本当に長かったシーズンがようやくこれで終わる。。。安堵感いっぱいで長野オリンピックスタジアムへと入った。

残り195m。7年前と同じくらい清々しい気持で長野のゴールを走り抜けた。
数十秒前にゴールした、せっとん君とガッチリ握手。お互いの健闘を讃え合った。

SWACのS原さんも声を掛けてくれてしっかり握手♪産後のベストタイムで走られ着実に復帰していて嬉しい限り。とにかく一番良かったのは、ピカチュウコンビに追い抜かれなかったことかも。^^

今回の長野遠征にご一緒していただいた皆さん、二日間ありがとうございました!

20140420長野マラソン040

※写真No.1044がグローブを拾ってくれた優しいランナー^^本当にありがとう!
スポンサーサイト
2014.06.02 Mon l マラソン~レース完走記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/511-0fe08eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。