上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日は午後から東京国際女子マラソンがあるので早朝練習。
先週日曜に引き続き、幸田サーキットまでの広域農道30km走。
前回は途中、1時間弱の休憩を挟んだが、今回はノンストップで走る。

今朝は今にも雨が降り出してきそうな空模様。
走り始めて5kmくらいで小雨が、、まだ25kmもあるのに、、

農道の合流したところで、ひとりの小柄なランナーと出会う。
その男性ランナー、結構速いペースで走っていた。
軽く会釈をしたら突然そのランナーが拙者に近寄ってきた、、

「西尾のデンソーってどっちですか?ちょっと道、迷ったみたいで、、」
 「デンソーなら次の信号、右に曲がればいいですよ!」
教えながらその信号までの200mくらいを並走する。

M「フルマラソンやられてるんですか?」
R「今度大会なので最終調整ですね。」
M「袋井ですか?」
R「そう袋井マラソン」
M「そうですかー。頑張ってください!」
(拙者も袋井出るが、10kmなので、、恥ずかしくて言えなかったのだ)

短い会話をし、信号で別れる、、きっとあの人サブスリーランナーだろうな。
拙者も頑張らねば!とまた気合をいれるのであった。
昼からは雨が強くなる予報なので、とにかく早く走り終えねば、

農道の坂道も先回に比べ、さほど長く感じなく走れ無事到着。
幸田サーキットまで往路、1時間14分ちょうど。先週より1分速い。
ノンストップで折り返し、今登ってきた道を下る。

復路もペースとフォームを意識して走る。
途中、コンビニでアミノバイタルゼリーを買い栄養補給。

足の痙攣の心配もなく復路残り5kmからはペースを少々上げる。
復路は1時間11分。往復2時間25分。
ノンストップで走ったが前回より5分速かった。

今日の練習、少々自信になったのでありました。


午後からは、TVでマラソン観戦。

東京国際女子マラソン、高橋尚子選手惨敗でした、、、残念!

マラソンも絶対はないということを、改めて感じたレースでした。
ほんとマラソンで勝つということは難しいのですね。

今朝の新聞にもありましたがQちゃんは、足を痛めていてコンディション
悪かったようです。

レースも始めから土佐選手について前に出なかったですから、、、
高橋選手らしからぬレース展開で残り10kmはジョギングのようでした。
(32km手前からペースダウンした姿に完走できないと思ったが、完走
したところがQちゃんの偉いところ。他の選手なら止めるでしょう)

きっと不安が多く、受身のレースになってたような気が、、、
それに比べ、土佐選手は、最初から勝ちに行ってました。
他の選手をほとんど見ずに、終始自分のペースで自信ある走りでした。
(↑拙者が土佐選手は結婚してよかったなあ、競技にプラスになってるな。
などとえらそうに言って見ていると、奥方がそんなことどうしてあなた
がわかるの?などとのたまう、、拙者にはなんとなくわかるのである)

マラソンは相手よりも、まず自分自身との戦いであること、そして32km、
残り10kmからが勝負であることを感じたレースでございました。

拙者、再びQちゃんの復活を心より祈るのでございます!!

長野マラソンまであと 146日
スポンサーサイト
2006.11.20 Mon l マラソン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/82-0d20b2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。