上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前ビジネス研修で中村文昭氏(有限会社クロフネカンパニー社長)の講演を聞いた。
今までにも講演は数え切れないほど聞いたが、中村氏の講演は、凄く強い衝撃を受けた。

一燈照遇(いっとうしょうぐう)~出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!~ 

そのタイトルの講演は、中村氏の現在に至るまで、出会った人たちとの人生の大切さや、目的などについての考え方などを語られたがすべてにおいて勉強になった。
一つひとつの出会いを大切にすることで人のつながりが増える。
商売の全ては出会いから拡がって行くということ。

その中で心に残ったのが「頼まれごとは 試されごと」という言葉である。
人からものを頼まれるという事は、自分自身を試されているのです。

人から頼まれたら、その人の期待以上にしてやりとげればその人は満足してもらえますが、
期待以下だったら満足してもらえません。(頼まなければよかったと思われることも)
すべては心構え、気持ち次第で変えられるということ。
何のためにそれをやるのか。ただ言われたからやるのではない。
その人が喜んでもらうためにやるのです。
できませんと言ったら、その人との繋がりもそこで終わりなのです。

この講演以来、「頼まれごとは 試されごと」が頭の片隅にあり
何でも引き受けてしまうようになってしまった。

実は、この言葉のおかげ?で、今週末のにっぽんど真ん中まつりに出場することになってしまったのだ。

しかし、来年は頼まれても丁重にお断りさせて頂くつもりだ。
スポンサーサイト

2006.08.24 Thu l 心に残る言葉 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://idatenrunner.blog52.fc2.com/tb.php/9-2cb93178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。