上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
約一年ぶりのブログ記事の更新です^^;
皆さん、お元気でしたか??

今年は、春の長野マラソンを故障のためDNSしてしまったこともあって、遂に念願の富士ヒル
に挑戦することになりました♪

詳しいことは、右横のJOGNOTEの記事を読んでいただければ。。。スミマセン^^;

ネオプリくんでビワイチをやり遂げてから早一年。。。
フルマラソンサブスリーも2月の別大マラソンで2時間53分53秒の自己ベストを更新し、通算
15回目のサブスリー達成となりました。

ちょっと走り過ぎてしまったようで、、、一ヶ月後の静岡マラソンで故障してしまい、リハビリで
バイク練習をしてる時に富士ヒルに挑戦しようと決めました!
あの芸能人自転車名人二代目、鶴見辰吾さんが横浜マラソンで快走したのも刺激になりました♪

かつてランス・アームストロングがNYCMでサブスリーを達成したことがきっかけでサブスリーに
挑戦をし始めたのと良く似てます^^ 鶴見さんがあのタイムで走れるなら富士ヒルでそこそこの
タイムで走れるんじゃないか?って簡単に思ってましたが、、、そんなに簡単じゃないですよね。。。

改めてバイク練習の奥深さと苦しさをこの数ケ月間、身に染みて実感しました。
でも、それなりにバイク練習もしたので最低でもブロンズだけは、ゲットしたいと思ってます!

先月末には、すでに試走も行ってますし^^v
ネオプリくんもヒルクラ仕様にパワーアップして準備万端!残すは、自分の軽量化のみ!^^
これが一番大変ですけど。。。初の富士ヒル、ブロンズ目指して頑張ります♪
2015.06.07 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
随分前から一度は、チャレンジしたいと思ってた自転車での琵琶湖一周(通称:ビワイチ)
フルでサブ3を達成するまで自転車封印と決めてからすでに7年半も経ってました^^;

サブスリーしたらきっと満足して二度とフルを走らないだろうと思ってたけど、、、
結局サブスリーしても、また次の目標が出来てしまってフルを止められなくなってた^^;
昨年の夏、富士登山競走でグランドスラムを達成して、精神的にも一区切り出来たかな?
って感じもありシーズンが終わったら、久しぶりに自転車を楽しむぜぇ!って決めてました。

『ビワイチ』は、琵琶湖を一周することです。自転車で挑戦する人が多いですが、、、
歩きや走って周る人もいるみたいですから驚きです^^;
一般的には、琵琶湖大橋より湖北を一周するコース、約150kmをビワイチと呼んでるみたい。
大津市、草津市の湖南も含めて回ると約195km。一日で走るには、かなりキツイ距離です。
トイレ休憩、食事、信号待ちなど含めると11時間~12時間くらいかかると思ってました。

biwaichi1.jpg

AM6:30~長浜ドーム前をチャリ仲間の村やんと福Gと一緒にスタート!
快調に北上するはずが、、、ちょっと前輪が変!?2km程走ってたけどまた車へ戻ってタイヤの空気抜いたり入れたりして再調整。いきなりのトラブルに焦りまくり。

AM6:45~再スタート!出発予定時間の6時から大幅に45分遅れですから早目のペース。
ビワイチは、琵琶湖を反時計回りに周回するのが掟のようで先ずは、湖北へ。
すぐに長浜城まで来ましたが、ピットインすることなくスルー。そのまま北上します。
道の駅『湖北みずとりステーション』で最初のトイレ休憩。給水ボトルにポカリを補給。
スタートしてまだ18km地点。先は、まだまだ長いです。

山本山から木ノ本へ向かいます。途中のトンネルの歩道が狭くて真っ暗で怖かった!
でもトンネルを抜けると琵琶湖を見下ろす絶景ポイントでした!
湖北は、景色も素晴らしくてのんびり巡航。次の道の駅までゆっくりペースで走りました。

スタートから30km地点、道の駅『塩津海道あぢかまの里』にちょっとだけ立ち寄りました。。。すでにケツが痛くてヤバイ感じ^^; レーパンはいてるけど、ビブショーツじゃないからやたらとパンツが下がってパッドがズレる。。。レーパン直したらすぐに出発!

途中で猿の群れに遭遇したり、海津大崎の景色を楽しみながら走りましたが、マキノ町を過ぎて湖岸道路に出てからちょっとペース速めて巡航。

気が付けば一気に道の駅『しんあさひ風車村』に到着!ここまでの距離約63km。
ようやく3分の1走り終わった。マラソンならまだ14km地点くらいだ^^;
さざなみサイクリングロードの途中からやっぱりケツがどうしようも無いくらい痛かった(><)
トイレと水分補給し終えネオプリ君をよく見るとサドルの向きが何かおかしくねぇ?
よーく見ると上向いてる。。。これじゃパンツがずれるわけだ^^;

レンチでサドルを直して休憩も程ほどにして出発!とりあえず昼前までに琵琶湖大橋を目指す。ここまで誰もパンクや転倒も無く順調。最後まで無事に走りたい。

左手に対岸が遠くに霞んで見える。。。地形的にも反対側がスタートした長浜辺り。
ちょうどGWに行った時、知多半島から渥美半島を見てるような感じだった。。。
なんか海沿いの道を走ってる感覚に陥る。やっぱり琵琶湖は、めちゃデカイ!!
浜名湖なんて琵琶湖に比べたら可愛いもんだな~^^

びわ湖子どもの国、白髭神社と観光スポットも立ち寄らずスルー。ひたすら琵琶湖大橋を目指します。南比良の羊が可愛かった。人気のスポットなのか結構、家族連れが見に来てた。ようやく琵琶湖大橋も見えてペダルも軽くクルクル回ります。

ただ湖岸沿いは、そこら中で家族連れがBBQ大会。美味しそうな焼肉臭でお腹が急に減って倒れそう。。。早く昼飯食べたい!!そう思ったら苦しいけどペースも上がり昼前、午前11時50分。スタートから約100km。ほぼ予定通りの5時間で無事に琵琶湖大橋に到着!

運悪く昼時でどのお店も激込み。。。家族連れやカップルばかりのマックに入り後半へ向けハンバーガーを食べまくるサイクルジャージを着たオッサン3人がかなり浮いてたのは言うまでもない。。。^^;

後半へ続く。。。
2014.06.02 Mon l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさま、、、随分、ご無沙汰しておりました
半年ぶりのブログアップでやり方をマジで忘れてしまいました

このブログを開設したのが2006年。。。2006年11月にフルマラソン再挑戦を決めてから
ずっと自転車を封印してマラソンに専念してまいりましたが、、、そろそろマラソンに
限界が見え出して来てしまったような気が。。。

サブスリーを目標にして3年半。。。執念深く諦めもせずにようやく2010年4月にサブ3達成!
ホントは、それでランを程ほどにして自転車三昧の日々を送るつもりでした♪

…が、、、生憎のバイクがまだALFREXくんのみ。。。自転車貯金をコツコツしてたものの
まだ購入するまでお金が貯まってませんでした

それなら貯まるまで、、、まだマラソン頑張るしかねぇ~な!って事で2時間50分切るまで
自転車生活を封印して参りましたが、、、やはりこの年齢で2時間50分を切るのは、並大抵の
事じゃないと最近気付きました。。。遅いってばね~

初サブ3した長野マラソン2010のタイムは、2時間54分51秒。。。たった5分を短縮するために
もう4年近くも経ってしまいました。。。あと2週間後、4月20日は、長野マラソン2014です。
今度こそ2時間50分切って、楽しい自転車ライフを送りたいと目論んでます♪

そのモチベーションを上げるために、、、ついに買っちゃいました!!
(…って今頃の報告ですが昨年の冬に6年掛けた自転車貯金で密かに購入しちゃいました♪)

derosa_neopri.jpg
↑デローザ ネオプリマートでございます♪


クロモリフレームのネオプリくん!やっぱ50過ぎのオッサンには、極太フレームのカーボン
バイクは、似合いません。。。やっぱり中年男には、これしかない!ネオプリマートしか!

もう今シーズンは、いっぱいフルマラソンを走ったのでもう疲れました。。。
疲れを癒すためにも、このネオプリくんと一緒に長野の後は、『びわイチ』へ行く予定♪
この7年半の成果を長野で出し切りたいと思います

長野マラソン2014まであと17日
(↑めちゃ久しぶり)
2014.04.03 Thu l 自転車 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨年初めて出場した自転車レース、ツールド新城。
今年は、来月7日・8日と開催される。

昨年は、感動涙泣きぬれ隊のメンバーの一人として、3時間チーム(4名)に出場。
今年は、なんと感動涙泣きぬれ隊のメンバー全員、3時間ソロ(ロード)にエントリー。
先日は、Mt.富士ヒルクライムにも出場し、自転車にどっぷりはまっている。

本来、4月の長野マラソンでサブスリーを達成し、その後自転車レースに参戦
する計画でいた自分であるが、、、ご存知の通り、サブスリー達成ができずに
計画は白紙になってしまったのです、、(汗)

昨年のツールド新城のレース後、来年は、絶対にソロで3時間に出場しようと
秘かに野望を抱いていたので、今年の出場を昨日まで迷ってました。

昨年、ラスト1周で落車。雨の中コーナーを曲がる時に路面のラインに乗って
スリップ転倒。左肋軟骨挫傷でその後、走ることも自転車に乗ることも筋トレ
することもままならず、夏から秋に向けての練習を棒に振ってしまったのだ。

今年も出場して、また転倒したら?と思うと冬のレースに影響が、、
しかし、仲間のみんなが楽しそうにヒルクライムやエンデューロに出場する
のを見ていると、、身体がウズウズして来ます!もー我慢できません!

やっぱエントリーだ!!早速インターネットでエントリーだ、、あらっ!?

公式ページを見ると「3時間ソロ、定員に達したため締め切りしました」
がくっ、、、遅かったかぁ。。。

サブスリー達成までは、自転車レースに出るな!と言われてるようでこれも
神様が与えてくれた試練なのでしょうか?(汗)

来年のツールド新城には、是非出場できるようにこれからも頑張ります!!
(待っててね~~!感動涙泣きぬれ隊のみなさま~)

2007.06.13 Wed l 自転車 l コメント (2) トラックバック (0) l top
日曜は、約1年振りにママチャリレースに出場しました~!!

charitaiyrp

cangal
↑今回はキャンギャルがいっぱい!!オヤジたちに大人気!

第6回チャリ耐in幸田サーキット2007~春~ ってもう6回目なんですね。
記念すべき第1回大会に出場するも第2回と昨秋の第5回は、都合で不参加。
今回が4度目の出場である。毎回チーム名とメンバーが違ってます実は、、

ちなみに第1回は「おっちゃんアスリート」第3回は「チームあきんど自転車野郎」
第4回は「感動涙泣きぬれ隊」第6回は「YEG-RT」となってます。
どのチームも商工会議所青年部か感動涙泣きぬれ隊との編成ですが、、

今回のYEG-RT(YEGレーシングチーム)は、○崎商工会議所青年部に所属する
元世界GPライダーの山本隆義氏が再び「真夏の鈴鹿8耐」の挑戦を応援するため
結成されたチームでなのです。

bike
↑元GPライダー“山本だす”こと山本隆義選手

今回のチャリ耐は、山本隆義選手の挑戦を多くの人たちに知ってもらう絶好の機会。
YEG-RTのサポーターとしてもチャリ耐レース参戦でPRするというのが目的。

順位よりもいかに多くの人にPRするかがポイントなのです!
、、っていうか今回、感涙隊のたいちょ~以外に期待できるチャリダーが、
残念ながら、、、ほとんどいません、、、(泣)
テンション下げ下げで、サイクリングモードと決め込んでの出場です。

チャリ耐よりもマラソン練習優先ということで、幸田サーキットまで約15kmを
またしても走って現地入り。(←YEGメンバーには、驚かれました~)

AM8:00少し前に到着。イベントとママチャリの準備であっという間にレースです。
実は、走って帰ろうと思っているのでママチャリは、別に走らなくてもいいや!
などと真剣に思っていたりして、、、(←たいちょ~ゴメンね!)

今回、自分はチャリ耐のチームリーダーなのでとても都合がいい。
前回よりレースの時間が4時間に延長されたので、多くのメンバーをいかに的確に、
そしてなんとか上位でゴールできるか?真剣に作戦を考える。

とりあえず、たいちょ~に頑張って1時間くらいは走ってもらい自分は、レースの
流れを見てピンチヒッターのような感じで出場することに決める。多くのYEG-RT
のメンバーに走ってもらうために出場機会を泣く泣く減らしました、、(笑)

レースはオープン参加のため順位は、付かないができるだけ上位に入りたいが、、
たぶん予想では、頑張っても20位以下かな?と思っているとなんとスタートは、
最後尾からの予定が、なんと通常チームと同じ扱いになっていました。
タイムアタックの結果、6番手のスターティンググリッドを獲得!

普段、ほとんどスポーツなどしないメンバーばかりで、やる気もなかったのだが、
順位が5位まで上がるとさすがにみんな本気モードに変わってくる。

mamachari1
↑たいちょ~からチャリダー交代

mamachari3
↑レース序盤から本気モードに、、真剣そのもの?

それぞれ責任周回を全力で駆け抜け4時間、104周を走り切りチェッカー!
18名というメンバーの多さとたいちょ~の頑張りで結果は、予想外の7位!

みなさんホントにお疲れ様でした~!(筋肉痛が心配ですね~)

自分はといえば、たったの9周しか走らなかったので不完全燃焼。
しかし、なぜか異状に疲れた!!やっぱ気疲れかな?

mamachari2
↑よく見ると真剣に走っていないっす、、(笑)

チャリ耐レース終了後は、ライダー山本のデモ走行。
rider1


ウイリー
↑みんなの熱い視線を浴び、途中ウィリーまでしてくれるライダー山本

鈴鹿8耐での激走が楽しみです!!

みなさ~ん!鈴鹿8耐 YEG-RT 山本隆義選手を是非応援してください!!

※ちなみにメンバーが着ているのは、サポーター応援Tシャツ。(通称:だすT)
1枚3000円で好評販売中です!詳しくはこちら→http://yeg-rt.jp/
2007.05.29 Tue l 自転車 l コメント (2) トラックバック (0) l top
中日豊橋ハーフマラソンを走り終えた後は、、、
友人Hとの約束で、西尾の○一へ行くことになっていた。
(↑本音は、ちょい疲れてるから面倒くせぇ~!)

先月4時間近くに亘る葛藤の末に、友人Hが購入を決めたあのCOLNAGOの納車である。

しかし、拙者は、満足の行くレースができなかったので、テンション下げ下げ、、
しかし、友人Hは、この日を待ちわびていた様子で、テンションアゲアゲである。

迎えに来た彼の車に乗ると、いきなりファンライドや、自転車カタログが、、
そして、「水曜休み?走り行きましょうよ!!」と誘う友人H。
「だめだめ、仕事だよ!ほんでもって長野まではダメだなあ。」と拙者。

大体、35万もするCOLNAGO CLXとミヤタのALFREXでツーリングは、ちーと厳しい!
フェラーリのツーリングにランサーワゴンで行くようなものである、、(汗)

H「7月に新城でツールド新城があるんですよ!出ません?」
M「あー!それ去年出た!落者して怪我して、、、大変だったあ~」
H「へぇ~、、でも、今年も出ましょうよ!」
M「あかん!自転車ねえもん」
H「あるじゃないですか!」
M「ダメ、ALFREXじゃあ無理!去年わかった!新しい自転車買うまでは
 お前とも走れんわ!俺のは恥ずかしすぎるってぇ~」

とまあ、、なんだかんだと他愛もない話をしながらもすっかり自転車乗りに
変身した友人Hに驚くのであった。
そしてあっという間に、○一へ到着!

↓そして、遂にCOLNAGOとご対面である。
colnagoclx

うぉぉ~!ヤバイほどカッコいい~じゃん!!

一気にテンションが上がる中年二人組である!!
やはりカタログとは違い実車はすんばらしい!!

早速、ポジション合わせ、ビンディングペダルの装着を練習したりする友人H。
拙者は、少々お疲れモードなので、椅子に腰掛け様子を眺めながらお店の、
例の若い店員のお兄ちゃんに、それとなく拙者の欲するバイクの相談。

まあこの話は、、またいずれ書きましょう、、、

そして友人Hが、お金を支払っているとき、常連客らしき男性が店内に、、
あれぇ?どっかで見た顔、、あぁーS原さん!!
なんとこの男性は、拙者と友人Hが、以前勤めていた会社の先輩であった。

久しぶりの再会である。聞けば6年程前から、自転車に乗り始めたらしい。
そして、なななんとcannondaleオーナーなのであった。

うぉー、、急に盛上がる店内。店長はじめ、若い店員君も知り合いだったの!?
と驚くと共に、一気に我々とも、フレンドリーな関係に急展開!

即行でツーリングにも誘われてしまったのである。
先輩Sさんは、レースにも出ているということで、友人Hにとっても拙者にも
これからの自転車ライフが楽しくなると偶然の再会を喜んだのであった。

しかし、肝心の拙者の新しい相棒購入は、、まだまだ先のことである、、(泣)


2007.03.20 Tue l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
それは、先日の日曜『世界ウルルン滞在記』エンディングの時だった。

この番組は、奥方や娘が好んで見ている番組である。
拙者は、@ヒューマン派なのであるが、、この日は、ついウルルンを見てしまった。

ゆうこりんがイタリアへパスタ修行に出かけたという内容だが、、、まあ、それは省略。

そしてこの日、視聴者への番組プレゼントは、イタリア土産ということでパスタ、、
ふーん、、そうだろう、、イタリアといったらパスタだよな、

そして、最後に出てきた特別プレゼントは、なななんと、、

COLNAGOのバイク!、、確かにイタリア製だが、、土産にしては凄すぎる!!

そしてそれは、先日友人Hが注文したのとまったく同じ黒と赤のCLXだったのだ!!

「うぉぉー!!すげぇー!!コルナゴだ!Hが買ったヤツだ。高いんだぞー!」(mamo)
うぁーしまった!!やばっ!!(つい予想外の出来事に、口走ってしまった!)

「へぇー、、これ買ったの?高いって50万くらい?」(奥方)

「えぇー!そんなにするわけないじゃん!!20万もしないんじゃないの?」(mamo)

「だいたい20万円以上のものプレゼントするわけないじゃん!」(mamo)
(↑必死のフォローである、、)

「でも、今のこういう自転車は、30万以上はするんでしょう?」(←その通り!)
「お客さんのご主人が、トライアスロンやってて、今はそれくらいするんだってぇー」(奥方)

どこのどいつか知らんが、、、余計な知識をうえつけたアホが、、、(泣)
(まさか奥方の身近にそんなロードバイクの知識がある者がいるとは、、)

「自転車なんかピンからキリまであるしねえ、、俺のは5万円くらいだぞ!」(mamo)

「俺のは、ロードレーサーじゃないから、、なんちゃってロードレーサーなの、、」(mamo)

そして娘は、「じゃあ~、お父さん、、早くハガキ書いて応募しなきゃ!!」(汗)

おっ、おっーそうするかなぁ、、、(俺の欲しいのはこれじゃないけどね、)

しかし、奥方様がロードバイクの価格をすでに知っているというのは、、
まさに想定外!!メーカーから金額がバレル可能性も大である!(汗)

拙者、今後の自転車購入作戦に、一抹の不安を抱えることとなったのである。

さてさて、どうしましょう!?

まだまだ続く、銀輪への旅である。
2007.02.22 Thu l 自転車 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。